狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

我是日本人

2001/11/18(日) 20:04:23




「我是日本人」言えなかった
大学生 高橋 佳子(東広島市 20歳)


 テロに対する軍事行動と相前後してアメリカ人が襲われる事件が起き、米国の人々が旅先で国籍を悟られないように振る舞うようになったという先月31日の記事を読み、この夏、語学研修で中国に行った時のことを思い出した。

 滞在中、北京の映画館で「パールハーバー」を見た。
 日本人は、一般市民も爆撃する極悪非道な人間のように描かれていた。

 中国人に囲まれてこのシーンを見るのは苦しかった。
 日本人であることを隠さなければという気持ちになった。

 小泉首相が靖国神社を参拝してから、外出時に「我是日本人」と言うのは控えるようになった。
 中国語を習い始めて最初に覚えた「我は日本人です」という言葉が簡単に使えない。

 「我是韓国人」と言ってしまうことも少なくなかった。
 そんな自分がすごく嫌だった。韓国人に失礼である。

 ほとんどの中国人は、日本政府を批判しても、一般の日本人には友好的だ。
 侵略の傷跡が消えるのはいつのことだろう。

 自分の国籍を外国で言えることの意味を改めて考えた。

(2001年11月18日 大阪本社統合版)


中国政府が反日目的で制作させたとさえ言われている映画を、よりによって中国で観る勇気に拍手を送りたいですね。

その映画は当時の日本が真珠湾攻撃の為に費やしたとされる総額を、はるかに上回る1億3225万ドルという金額を投じて作られた不思議な映画ですよ?

なぜかバーコードまで存在する史実を基にした架空戦記ものですよ?
本当ならば軍事施設しか攻撃していなかった(できなかった)日本軍が民間病院を攻撃しているというのに、アメリカ軍が爆撃する工場にはご丁寧に「(兵器名)工場」との看板が立てられているという、良く出来たアメリカンジョーク映画ですよ?

そういえば、二人の男性の間を行ったり来たりするヒロインも中々コメディでしたね。
そんなものを観て、自責の念にかられなくても良いかと思います。

しかし、中国では日本人と言い難いからといって、なんで 「我是韓国人」が出てくるのでしょう?
一部の韓国人が海外では日本人の振りをして傍若無人な態度を取り、それを全て理解している周りの者が微笑ましく見守るという話はよく聞きますが、自分は韓国人だと主張する日本人は中々いないのではないでしょうか。

万が一、国籍が日本人だとバレたなら、また新たな火種を生みかねませんよ。

それはそうと、危機回避手段として「我是韓国人」なんて名乗るような人間が、中国で反日映画なんて観ないような気もします。
Mっ気たっぷりに周囲からの冷たい視線に興奮される方なのでしょうか?
日本人が非難されるのを見ると胸がすく思いをする方なのでしょうか?

もし、投稿者が主張するとおり、ほとんどの中国人は一般の日本人に対して友好的だと言うのであれば、なぜ少なからずの中国人が反日運動を繰り広げるのか考えてみてはどうでしょうか?

史実に基づいての反日であるのならば、それは仕方のないことですし、時間を掛けて溝を埋めていくしかないでしょう。
しかし、パールハーバーのような反日プロパガンダ映画がまるで史実であるかのように世界に配信され、それをまた中国共産党に利用されて反日中国人が増える事態はとても悲しいことだと思います。

本当の友好関係を築くためにも、日本人は謝罪することではなく、嘘は嘘だと主張すべきです。一方的な謝罪は互いに憎しみの火種を燻らせるだけではないでしょうか。

しかしまぁ、この投稿は韓国人にも日本人に対しても失礼な内容ですし、何を主張したいのかも真意を測りかねますね。
流行語賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/91-c7853761

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。