狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

郵政民営化からの飛躍

2005/11/16(水) 00:52:29




非近代的手法「星のバッジ
無職 鈴木 克朗(石巻市 73歳)


 巨大化した与党によって、あっという間に民営化が確定した日本郵政公社は、職員の接客態度を「星のバッジ」で序列化し、格付けするという。

 このあからさまな管理の報道にあぜんとした。
 ついに、ここまでやるかという感じだ。

 お客が望むのは星の数ではなく、お客の立場に立った公平で自然なサービス心ではないか。

 星の数によって、報酬に格差が生じることは容易に想像できる。
 序列による差別のほか、収入の多寡まで明かすようなもので、プライバシー保護の観点からも人権侵害に当たると考える。

 職場における人間関係が害され、さらに心的圧迫感を与えて、健康への悪影響も想定されよう。
 非情で粗野な行為であり、非近代的な管理手法だと思う。
 星の数による格付けは、旧軍隊の階級を表す肩章をも連想させる。

 自由にものが言えない国家主義、戦争へと続く、日本の「いつか来た道」への回帰の足音は、ここにも聞こえてきそうな気がする。
 戦争を問う戦後六十年だというのに残念だ。

(河北新報 2005年11月16日)


お客の立場に立った公平で自然なサービス心を客が望んでいると言うのであれば、一目でサービスが出来る人が分かる「星のバッジ」授与制度は、それ自体がお客の望むサービスになるのではないでしょうか。

また、星の数によって報酬に格差が生じることを懸念しているようですが、それは星の数なんて関係なく、組織であるのなら役職などによって収入に差が出るのは当然のことですよね。

サービスをしてもしなくても報酬が同じだとしたら、誰が率先してより良いサービスをお客に対して心がけると言うのでしょうか?

序列による差別のほか、星の数によって収入の多寡までを一目瞭然に推測させることはプライバシーの侵害だという主張もよく判りません。

星の数1個当り、10万の支給などと書いてあるのでしたら問題かもしれませんが、詳細が分からないのであれば、そんなものはコックの帽子の高さと同じようなものです。

ホテルマンを見ても判るとおり、接客の優れた者に一目でそれと判る証を与える企業は決して少なくありません。
最近では、ファーストフード店やチェーンの居酒屋店、携帯電話の量販店でも採用されている制度です。

中には、自分の役職名と名前が書かれたプレートを首から提げていなければならない企業もあります。
具体的な役職名まで分かるのであれば、星の数以上にその人の収入の推測が容易にできることでしょう。

しかし、そういった制度によって面倒臭さを感じている人はいても、それによって人間関係が害され、さらに心的圧迫感を与えられ、健康への被害をこうむったと主張されている方はいないかと思います。

たかが星の数でここまで想定できちゃう投稿者は、今までどのような職に就いていたのでしょうか?

競争も報酬の格差も何もない職場・・・・是非とも採用して頂きたいですね。

さて、この投稿の真の面白さはこれだけに留まりません。
この投稿が主張する星の数が気に入らないもう1つの理由が一級品の輝きを放っています。

「星による格付けは、旧日本軍の階級を連想させるから」

・・・ミシュランに謝って下さい。
星だから問題なのであれば、「〒」の数で優秀さを表せば良いのではないでしょうか?

まぁ、郵政民営化から「いつか来た道」への回帰の足音を聞きとるデビルイヤーを持った投稿者を讃え、4つ星の評価を与えたいと思います。

5つ星を目指し精進して下さいね。
特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/81-aa703ebf

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。