狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

朝日読者はかくありき・・・

2005/10/17(月) 00:46:13




新聞社の考え はっきり語れ
医師 皆川 公延 (埼玉県坂戸市 66歳)


 昭和30年代、貧乏な医学生だった私は、友人の下宿を訪問するたびに、会話もそこそこに、そこにあった朝日新聞を読みふけった。
 仕送りを新聞購読に充てる余裕はなかったのだ。

 医師になって3年目、無給医ながらアルバイトで初めて手にした収入でまず、朝日新聞をとった。
 ところが、昼も夜も多忙な毎日で、せっかく取り始めた新聞の見出しすら読む暇がない。

 月末になると、一度も見開かぬ新聞の束をひもでくくって、廃品回収に出した。
 それでも私は購読を止めなかった。

 「朝日」は私のステータスシンボルだったのだ。

 しばらくして、わずかな暇をぬって「朝日」を読み始めた私は、初恋の人に再会したような感動を覚えた。
 そこには「朝日」のものの見方、考え方が存在した。

 そして今、「新聞週間特集」(18日)の井上ひさしさんのご意見「新聞が時流の広報誌になっていると思います。」にうなずく。
 私も新聞が自社の考えをはっきりかたることを望んでいる。

(2005年10月27日 東京本社版 私と新聞)


いや、別に誰が何をステータスシンボルにしてもかまわないのですが、『「朝日」は私のステータスシンボルだったのだ』と言い切れるあなたが素敵です。

紙面を読むと、初恋の人に再会したかのような感動を与える新聞なんて素晴らしいじゃありませんか。

66歳になっても初恋の人とラブラブだなんて羨ましい限りです。
よく判りませんが、きっと朝日は素晴らしい新聞なのでしょうね。

しかし、朝日自身が宣伝していた『朝日の購買層は高給取りが多い』というデータはいったい何だったのでしょうか。

また、朝日購入者は『高学歴』『ホワイトカラー』が多いというデータを提示していたことも気になります。
ひょっとして、ロレックスの時計などと同様に「ブランドものの新聞だから良いものに違いない」「いつかは朝日を購読できるくらいの余裕が欲しい」といった金持ちの象徴として朝日はあるのでしょうか?

朝日を読む層に金持ちが多いのではなく、金持ちしか朝日を購入する余裕がないと言うか・・しかも、なんとなく他人から知識層と思われたいという理由で朝日を買うというか・・・

朝日って他の新聞と比べて明らかに値段が高いですよね。

この投稿を読む限りですと、他の新聞と読み比べた結果素晴らしかったので青春であったというよりは、ステータスだから好きとしか思えません。

だいたい、他の新聞との住み分けのために新聞ごとにカラーやスタンスがあったとしても、報道機関たるもの本来ならば特定の考え方があったらダメでしょう。

『新聞が時流の広報誌になっていると思います』なんて、新聞の本来の使命を考えると論外です。時流を作るという意識が傲慢ですし、暗にマスコミが第4の権力であることを示しているだけです。

新聞は『事実』を『客観的』に報じれば良いのです。
確かに新聞社の考えを伝える記事も必要ですが、それはあくまで社説などサブの部分で語るべきであって、それがメインとなるようでしたら単なる機関紙になってしまいます。

もし、当九社が朝日新聞社の考えをはっきり知りたいのであれば、AERAあたりを購入すれば良いのではないでしょうか。
特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/79-cc8a16ea

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。