狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

夢プラン 特別編

2003/11/30(日) 20:28:20




自衛隊の派遣 武装はせずに
会社員 風間 禎之助 (東京都小平市 61歳)


 私は今夢のようなことを考えている。
 自衛隊が武器一切持たず、イラク復興に参加することである。

 行く前に小泉総理が世界に宣言してほしい。
「自衛隊をイラクに送る。ただし、武器は一切持たない」と。
 テロ組織にもゲリラにも日本人は敵ではないということ、イラク復興だけを願って参加したとアピールするのである。

 水の浄化、道路、通信網の整備、学校建設の準備など協力することはいくらでもあるはず。
 それをするには今、組織された自衛隊が行くのが最善ではないのか。

 そんな日本の自衛隊を襲えば、自分たちが世界的非難にさらされることはわかると思う。
 それに少々の武器では、猛スピードで突っ込んでくる自爆犯の車に対処できるとは思えない。

 武器を持たないことで「派兵」にもならず、そして派遣したことで米国にも評価され、アラブ社会も今までどおり日本を友好国として信頼してくれるものと思う。

 私はこれが現実になることを夢見ている。
 
(2003年11月30日 東京本社版)


要するに死にに行けと?

少々の武器では対処できない可能性があるからこそ、重武装した自衛隊が行かなければならないのですよ。
無防備なはずの民間人を攫っては、各国を脅迫するテロ組織がいる地で、一切の武装を解除した自衛隊が資材だけ持って復興工事なんて危険すぎです。

なぜ民間の支援団体だけではなく、自衛隊がメインとなって活動しなければならないか、もう少し考えてみてはどうでyそうか。
テロ組織からしたら、イラクにカルガモの親子が万能ネギを背負ってやってきたようなものですよ。

しかしながら、一見無謀としか思えない非武装自衛隊ですが、投稿者からすれば自衛隊の身を守る確実な方法だと主張しています。
その論拠とは、非武装である日本の自衛隊を襲えば、自分たちが世界から非難を浴びるので、テロ組織といえども手が出せないだろうといったものです。
しかし、世界中からの非難を怖がる人間が、民間機を乗っ取ってツインタワーに自爆テロをしかけたり、平和活動を行っている赤十字を襲ったりするものでしょうか?

彼らからすれば、非武装の自衛隊なんて単なる金のなる木か、願いの叶う打出の小槌くらいにしか思わないことでしょう。
日本人が陥りやすい錯覚なのですが、魚心あれば水心の精神や正々堂々という日本での常識は、海外でも必ず通じるというものではないのです。

そして、非武装な自衛隊に投稿者は何をさせたいのかと言えば、水の浄化、道路、通信網の整備、学校建設の準備などを行わせたいみたいですね。
この投稿者にとって、自衛隊は一体何をしに遥々イラクまで足を運んだと設定されているのでしょう?
「水の浄化、道路、通信網の整備、学校建設の準備など協力することはいくらでもあるはず」も何も、それを行いに自衛隊はイラクに向かったのですよ。

そんな根本的な所からズレている点もまさしく夢プランですね。
少なくとも現実化した瞬間に、その夢は悪夢に豹変していたことでしょう。

そんな現実を夢だと感じられる人間なんて、声欄のタイトル部に自衛隊員の死を連想させる挿絵を挿入した朝日社員くらいです。

この投稿の内容とは直接に関係はないのですが、これが掲載された日の前日に非武装であった日本大使館の職員がテロで殺されたというのも、何か考えさせるものがありますね。
特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/71-523e45c1

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。