狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

宇宙をも破壊汁2003~スターダストメモリー

2003/02/15(土) 20:21:24




人はどうして宇宙をめざす
主婦 松村 雅美(新潟県柏崎市 43歳)


 「犠牲があってもそれを乗りこえ、地球を出ていくのが、人間を含む地球生命体の使命」。 
 
 スペースシャトルの事故を受け、宇宙飛行士の毛利衛さんが話していました。
 本当にそうだろうか、人の命より大切な宇宙開発などあるのだろうか。
 7人の飛行士の冥福を祈りつつ考えています。

 飛行士の人は「宇宙から見る地球は美しい」と言います。
 それは遠くから見ているからです。
 
 実際は瀕死の状態です。
 大地、海、空は汚染され、砂漠化、温暖化が進む一方です。
 行き場のないゴミが山となっています。
 
 大人は絶えず憎しみ合い、殺し合って血を流していますし、子供たちは空爆、飢え、病気で日々命を落としています。
 地球を汚した人間は、宇宙までも破壊してゆくのでしょうか。
 1500度の熱にも絶え得るシャトルをつくって大気圏を抜けていく意義は何なのでしょうか。

 莫大な資金、多量の排ガス、貴い命の犠牲。
 その前にすべきことが、地球上にはたくさんあるように思えてなりません。
 
(2003年2月15日 東京本社版)


宇宙飛行士は自分の命をかけるだけの価値を宇宙に見出したからこそ、数々の訓練を行ってまで宇宙を目指すのだと思います。

それは単純に浪漫を求めるという気持ちもあるでしょうが、新たな資源を得るためや、地球の環境を改善するヒントを得るため、果ては新天地や人類のルーツを求めて人類は宇宙を目指すのです。

そして、大気圏を抜ける意義もなにも、人工衛星などは気象観察やGPSなど、今の生活にはかかせないものになっています。

もちろん、国家の威信のため宇宙開発を行っている面もあるでしょうが、それでも宇宙開発を行うことで、地球環境の改善に役立つことは確かでしょう。
宇宙で人類が生き残るための研究は、そのまま地上でも役に立ちますし、宇宙から地球を眺めて初めて気付く事実もあります。

よく半端なエコ論者が語るように、何の根拠もなく地球が瀕死の状況などと断言しないで下さい。
過去地球は何度と巨大隕石の落下にも耐え抜いた偉大なる大地です。
瀕死なのはあくまでも人類にとって都合の良い環境であって、地球そのものではないでしょう。

また、仮に人類にとって都合の良い環境が瀕死の状態であるのならば、なぜ今も人類は増え続けているというのでしょう?
少なくとも先進国では、地球への負担を軽くする技術開発を進めていますし、その技術は閉鎖空間である宇宙での生活を想定して作られたものも多々あります。

そして、地球内だけの環境問題だけではなく、いずれ来る人口爆発や何らかの要因で発生した地球環境の激変に備えてのコロニー建設など、宇宙には無限の可能性と未知なるフロンティアがあるからこそ、莫大な資金と時間を費やして宇宙開発しているのです。

決して、地球の重力に魂を縛られたくないだとか、人類の覚醒のために宇宙に上がろうとしているわけではありませんし、宇宙を破壊しに行くわけではありません。

人類が大いなる宇宙を破壊できると考えることこそが傲慢でもあります。
どこにどういうエネルギーをかければ、膨張し続ける宇宙を汚染できるというのでしょう?
イデの力でも発動しない限り、宇宙を破壊することなんて人類には不可能です。
特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/69-776047bd

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。