狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

憲法パワーで不戦記録守れ

2002/01/11(金) 00:06:34




平和主義貫き不戦記録守れ
塾経営 加藤 淳(愛知県日進市 61歳)

 オーバビー・オハイオ大名誉教授が「第2次世界大戦後46年もの間、1人も殺さなかった国は日本をおいてほかにない」と述べてからすでに10年が過ぎた。

 世界地図を広げて検証すると、なるほどあらゆる国が戦争をしてきたようだ。
 日本の不戦記録はまさに世界記録であり、今もその大記録を更新中だと言えるだろう。

 憲法を擁護するものを、他国に依存した一国平和主義で危機意識の乏しい平和ボケであると決め付けるなど改憲を思考する者の声はますます大きくなってきている。

「自衛隊を軍隊にすることによって、自ら自国を守り、世界平和に貢献できる」とすれば世界中のほとんどの国が軍隊を所持している現在、この地上から戦争なる愚行は消滅しているはずではないか。
 
 こんな考え方こそまさに平和ボケ的空論だ。

 平和憲法があるが故に、日本だけが唯一、戦争という名の殺人行為を犯してこなかったことは明白ではないか。

 21世紀も現憲法擁護を貫き、この不戦記録を継続させようではないか。

(2002年1月11日 名古屋版)


今のところ改憲論者の中で、軍事力を日本が持つ事によって世界平和に貢献できるなんて主張されている者を見たことがありません。

もし、本当に世界平和がどうのという内容のことを改憲論者が述べていたのであれば、全く無抵抗な先進国が存在するよりは、侵略やテロリストに対して抵抗できる国であった方が結果的に世界の秩序は守られるだろうといったものでしょう。
ほとんどの改憲論者は世界平和の前に、単に日本の平和を望んでいるだけです。

現行憲法では、ミサイルの直撃を一発ばかり国土で受けるか、相手方の軍隊が本土上陸でもしない限り、日本は防衛することすら出来ないため、自国の安全のためにも最低限の軍隊は持てるよう改憲しようと主張しているのです。

また、現行憲法において自国を防衛するために自衛隊が出動したとしても、全ての行動が超法的な行動となってしまい、自衛隊が暴走してしまう可能性があるために改憲を叫ぶ改憲論者もいます。
憲法上において軍隊は存在していないため、自衛隊が行う軍事行動の全てが超法的なものとなってしまうのです。

確かに投稿者が言うとおり、平和憲法があるが故に、日本だけが唯一、戦争という名の殺人行為を犯してこなかったことは明白ではあるでしょう。

だからと言って、戦争が日本を放棄したわけではないのです。
殺人行為を犯すことが出来ないということは、一方的な虐殺を受ける可能性も現れてきます。
「~しない」と「~出来ない」は結果が同じでも意味は全く違います。

真にこの世から戦争をなくしたいのであれば、世界中に日本の九条を広める運動をしなくてはなりません。
世界から軍隊がなくなれば、国同士の戦争はなくなることでしょう。
しかし、これだけではテロ天国が到来するだけで、まだまだ平和ではありません。

テロリストたちにも憲法九条の精神を学ばす必要があります。
しかし、テロリストたちが武器を放棄しても、新たなテロリストの登場で世界は征服されるかもしれないのです。

全ての国が戦力を失っては、悪意と知識がある者によってあっさりと国は奪われます。

忘れられているかも知れませんが、もし地下鉄サリン事件の際、オウム真理教が戦術的にサリンや大多数の信者と集めていた重火器を使っていれば、日本は転覆されていたかもしれませんでした。
全世界の全人類に憲法九条の精神を叩き込まなければ、完全平和主義など新たな恐怖を生むだけです。
特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/65-77c3074a

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。