狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

セイノーみんなでゴール

2001/10/05(金) 22:35:26




論より行動の高校生がいた
無職 林 一美(岐阜県中津川市 69歳)


 運動会・体育かいシーズンになると、決まって思い出す光景がある。

 M高校体育祭のフィナーレを飾る800㍍リレー。東西南北4チームの精鋭の出番だった が、第1走者の一人が半分走った所でバトンを落とした。
 第2走者にバトンが渡った時、す でに半周遅れときては、観衆の目にさらされる若者にしてみればやっていられない場面だ。
 
 と、真っ赤なアンカー印の鉢巻姿でトップを走っていた選手が、ゴールのテープの手前で ピタッと止まった。
 
 2番、3番の選手もこれにならう。
 
 間を置いて、ビリの選手が並んだと思っ た瞬間、「セイノー」のかけ声とともに、アンカー4人が横一線に並んでテープを切った。

 すかさず、アナウンス役の女生徒が「ただいまの競技、4チーム同タイムの1着でした」。
 応援団がどっと沸いた。

 小学校の運動会で、優劣を競い合う競技を差別と見るか見ないか、論議がかしましい今、 高校生は大事を前に論じる事無く行動した。

 30年前の事である。

(2001年10月5日 名古屋版)


これ、ひょっとして生徒たちの学校に対する反抗なんじゃないんですか?

もしくは運動会を盛り上げるため、生徒間で決めた演出というか・・・
何の申し合わせもなく、その状況に生徒が各々判断した上で「セイノー!」で一緒にゴールテープを切るなんて、普通は考えられません。

アイコンタクトすらせず、同じチームメイトでもないのに、2番手と3番手の生徒が一番を走っている生徒の意思を汲み取れたのなら、なんて生徒が一丸となった学校でしょう。
ここまでの次元に生徒がいるとなると、確かに運動会なんて茶番でしかないですね。

優劣を競い合う競技を差別と見るか見ないかといった問題に対して、<高校生は大事を前に論じる事無く行動した>と投稿者は感動していますが、最終リレーでみんなが同時にゴールしたって、それまでの競技でもみんなが同時にゴールしていないなら、結局勝敗はついているんですよね。

しかし、これで一番を走っていたチームが総得点で負けたのであれば、まじめに体育祭で頑張っていた子たちが可愛そうでしょう。

スタートと同時に逆走するといった明らかな悪ノリであるのなら、まじめな生徒たちも文句を言えるでしょうが、この場合は腹が立っても大っぴらに怒ることもできません。

もちろん、そのミスをした子が物凄く人望のある子で、その子が周りから攻められないために一番の子が止まったというのであれば、それはそれで美談かもしれませんが、それでも真面目にやってきた子たちからすれば、やってられない事態ではあったでしょう。

いつも1人よがりな正義で迷惑するのは真面目に物事を取り組んでいる人たちです。

運動会を含め、優劣を競う競技が差別などと言っている方たちの気が知れません。
もし、運動会が差別だと言うのなら、入試や試験も頭脳の優劣を競う競技と言えますし、オリンピックなど差別の塊です。

ここで断言しますが、運動ができる能力も勉強が出来る能力も一種の才能です。
それを発揮できる場を学校が提供することは、個人の素質を見極めるためにも、とても有意義なものだと考えています。

大事なのは機会の平等であって結果の平等ではないのです。


特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/61-abcefe65

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。