狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

猫から虎へ 意外な正体

2003/11/26(水) 21:27:35




猫を虎に変え 次はイラクへ
団体職員 正木 隆之(京都市 49歳)


 私の団地に虎を飼っている男がいる。
 みんな心配しているのだが、男は住民の声など聞く気もないらしい。
 飼い始めた当初、住民が団地の規則を見せて、「危険な動物は飼えませんよ」と注意したが、男は「これは猫ですよ」と首を振った。
 
 ところが、日を追うごとに猫は大きくなり、あれは虎に違いないといううわさが広がった。
 すると、男は「団地の規則を深く読んでみてください。
 これが何であれ、部屋の中で飼う分までは禁じていませんよ」と言うのだった。

 それが誰の目にも虎であることが明らかになった時、男は開き直った。
「これは紛れもなく虎です。理想論はともなく、現にいるのだから、飼い方のガイドラインを定めなければかえって危険でしょう」と。
 住民はますます不安になって、団地の規則を示したが、飼い主は、「なに、そんなもの規則を変えれば済むことですよ」。

 そして、「それはそうと、私の信奉する友人が頼むので、今度、虎を貸し出すことにしました。イラクですけどね、心配は無用ですよ。安全な地域ですから」と高らかに笑うのだった。
 
 猫から虎に変身したのはもちろん、日本の自衛隊である。

(2003年11月26日 大阪本社)


最後のオチにはビックリでした。
途中までは、北の国の話かとすら思っていたぐらいに、最後の急旋回には驚きでしたよ。

この団地が虎を飼っているというのなら、ご近所には餌場を求めて山を下りてきた腹ペコ熊さんがウロウロしてますし、隣の2世帯住宅には共食いを始めているハイエナが庭先で暴れ周り、ちょっと遠くのアパートには子殺し真っ最中のライオンを放し飼いにしていたりします。

そんな危険区域にこの団地があるのですが、なぜかこの団地の住民は何も言いません。
虎くらい用心のために飼わせろとも思うのですが、なぜか目が届かない場所で確実に自分たちへの悪意がある猛獣よりも、この団地の住人は自分たちの目が届く範囲で飼われているトラのほうに恐怖するようです。

しかし、この団地で虎を飼う男とは、団地の管理人なのか住民の一人に過ぎないのか、今一判断ができません。
最初のほうが明らかに、住民にすぎないのですが、いつの間にか管理人並の権力を握っていることに気付かされます。
最後には虎を貸し出すのですが、「心配は無用ですよ。安全な地域ですから」と住民の言う心配と、その男の言う安全がズレきっていることにも気付かされます。

上の流れでは、まるで住民が管理人の行動を案じつつも、トラの心配をしているみたいではないですか。
例えるのなら、最後まで例えて欲しいものです。

しかしまぁ、一文目から何とも朝日的な投稿ではあります。
普通に「トラを飼っている者がいる」としておけば良いところを、わざわざ『男』と断定しているところに、朝日的な男女差別感が現れていますね。

それとも、英語のように男を人間という意味で用いたのでしょうか?
イメージの中でとはいえ、トラを飼ったりする野蛮な者は全て男であるという、誤った性差別をいい加減なんとかして欲しいですよね。

ここまで読んでいて気がついたのですが、この団地とは日本の暗喩で住民は日本国民を指しているのか、それとも、団地全体をアジアの国々の暗喩として用いて男の部屋を日本としているのか判らなくなってきました。

規則(=9条)という言葉が出てくるので、ずっと団地そのものが日本であると推測してここまで話してきたのですが、そうすると住民がトラを怖がる理由が判らなくなるんですよ。

さりげに難解な文章です。
殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/55-a535b523

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。