狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

戦慄を覚えた投稿

2006/01/06(金) 23:54:00




戦慄を覚えた自衛隊の美化
高校教員 寺田 誠知(岐阜県各務原市 57歳)


 18日の本欄「お世話になる頼れる自衛隊」を読んで戦慄を覚えました。
 一部の地域の「除雪」によって、恐ろしい戦争の道具である自衛隊がかくも簡単に美化されてよいものでしょうか。
 またアメリカの侵略に加担した自衛隊のイラク派遣も、かくに簡単に肯定されていいものでしょうか。

 軍隊を美化し、軍隊に頼った国民がどんなに悲惨な運命をたどらなければならないか、私たちは先の戦争で思い知ったはずです。
 私たち主権者である国民には永久不可侵の権利として自衛権があります。

 また外国からの侵略だろうと自然の災害だろうと、不断の努力で自らを守る責任があります。
 そうした権利や責任を安易に軍隊や政府に丸投げしていいものでしょうか。

 自らの安全は、最終的には自らの血と涙と汗を流して守るしかないのです。
 暴力団にミカジメ料を払って守ってもらおうと思う者はやがてその餌食にされます。

 同様に、軍隊に頼った国民は軍国主義の餌食にされます。
 憲法の精神に立ち返り考えてみましょう。

(2006年1月26日 名古屋版)


え~と、これは他国からの侵略には民間人によるゲリラで応え、台風にも雪害にも村人の力だけで対処しろということですか?
今も雪害で苦しんでいる人たちに対して、自らを守る責任を政府に丸投げって・・・・

この寒い冬をホットにしてくれる無政府主義者からの熱い投稿がやって参りました。

さすがは無政府主義者だけあって、自衛隊を道具扱いです。
自衛隊隊員は戦闘ロボットか何かだとでも思っているみたいですね。

除雪を行う自衛隊を報道して何ゆえ美化していると感じるのか不思議でなりません。
自衛隊という名前をよく見てください。

自衛隊は本来より国民の安全を守るための組織ですよ。
だから、震災があれば復興支援に向かいますし、雪害が発生すれば除雪作業を行うのです。

しかし、ここまでならば無政府主義者の自衛隊嫌いな投稿として話は終わるのですが、問題はここからです。
分からないのは『自らの安全は、最終的には自らの血と涙と汗を流して守るしかないのです』と唱えておきながら、国民の血と汗と涙の結晶たる税金で活動する自衛隊を否定している点なですよね。

つまり、個々人が勝手に自分の安全を守れ!警察も軍隊を当てにするな!ってことですよね。
無政府主義の度が過ぎて、日本をモヒカンヘッドの暴走族が暴れまわる力こそ全ての世紀末都市にでもしたいのでしょうか。

それとも、『外国からの侵略や自然災害に対して、不断の努力で自らを守る責任』を追求した結果、国民皆兵制のスイスみたいにしろという硬派な意見ですか?
日本の安全を他人に任せるのではなく、有事の際には国民の全てが日本海沿岸に集結し、一家に一丁のアサルトライフルを常備しているような永世中立国にしたいのでしょうか。

いや、この場合は自衛隊への税金を暴力団へのミカジメ料だと考えていることから、どちらも違いますね。
自分たちはあくまで市民であり、警察ではないのです。

なら、誰が自分たちを守るのかを考えると、本文を読む限りはそこまでは全く考えていないようですね。

ひとまず、軍隊を蔑ろにした国は世界地図から姿を消してきたという歴史を見るべきです。


しかし、今年の朝日は飛ばしますねぇ。
他社を追随を許さない勢いがありあす。

「なぁに、かえって免疫がつく」で電波王として危険を感じたのでしょうかね。
暗黒殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/45-189ab7a4

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。