狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

軍国主義的なDNA

2005/11/23(水) 23:48:12




東京裁判 結果的に「功」大きい
無職 佐藤 義雄 (八幡浜 66歳)


「戦勝国が正義とは限らない」との十五日付本欄に反論する。
 東京裁判によるA級戦犯の処刑がなかったら、わが国はとうの昔に軍国主義が復活していたと思われる。

 残念だが日本人には、軍国主義的なDNA(遺伝子)が脈々と受け継がれているとみられるからである。
 それは現在の政治路線がどういう方向に進みつつあるかを見れば一目瞭然(りょうぜん)であろう。

 戦勝国が平和に対する罪という事後法をつくり、それを過去にさかのぼって適用し戦犯を処刑したのは「法を冒涜(ぼうとく)する野蛮な行為」と指摘しているが、それでは他にどうやって軍国主義を撲滅できたか。

 結果として、今の日本の自由と平和と繁栄は軍国主義との決別なくしては得られなかったことを思えば、戦勝国アメリカに「よくぞ」という受け止め方のほうが強い。

 そのアメリカだが、旧軍部の宣伝した「鬼畜米英」に当てはまる面が多々あるのも事実。
 だが、東京裁判だけに関して言えば、功罪の功の方を認めざるを得ない。

 歴史は結果論で評価しなければならない面もあると私は思う。

(愛媛新聞 2005年11月23日 投稿欄「門」 )


近頃、特別賞や殿堂入りの乱発が目立っているので、少しばかり採点基準を厳しめに設定していたのですが、これは少しあんまりということもあって、暗黒殿堂入りとしました。

『残念だが日本人には、軍国主義的なDNA(遺伝子)が脈々と受け継がれている』
これって、物凄い民族差別発言なんじゃないですか?

この軍国主義的なDNAとやらは、明治に入ってから突如目覚めて、東京裁判で沈静化する特殊な遺伝子のようです。
農耕民族である日本人の中に、軍国主義的な遺伝子が含まれていたことにもびっくりですよね。

サイヤ人と同じように、ベジタリアンな雰囲気なのに実は戦闘民族というオチですか?
近年の髪の毛を染めたりする文化は、スーパーサイヤ人になる前触れですか?

もし、これを特定アジアの国民に対して使用したなら、大変なことになりそうです。
どんなことを言われても怒らない日本人。
先祖を極悪人と罵られても怒らない日本人。

大した軍国主義的なDNAです。

確かに、アメリカに裁かれたからこそ今の日本があるという面は否定できません。
結果的に、日本の敗戦は良かったのかもしれません。

だからといって、無実の罪の者を裁いた東京裁判を肯定する理由にはならないかと思います。あれは確実に事後法であり、法そのものを冒涜する野蛮な行為以外の何者でもありません。

単純に日本を無力化させるためだけならば、例の9条だけで十分だったはずです。
その辺りが東京裁判は、戦勝国によって行われたリンチであったとも言われる由縁となっています。
あれは敗戦国から人身御供を差し出す裁判であり、今後統治するためへの節目とする儀式としての裁判でしかありません。

それはそうと軍国主義から脱っすることが出来たので、結果的に東京裁判を支持するのであれば、もちろん米軍によるイラクの占拠は支持しているわけですよね?

また、大東亜戦争によってアジアを欧米から開放した面や、黄色人種であるにも関わらず白人と対等に渡り合っていた日本人の活躍によって、奴隷として扱われていた有色民族を奮い立たせた面も否定しないわけですよね?

方法論として大東亜戦争を否定できたとしても、結果論だけをみれば世界的に功罪の功の方を認めざるを得ないと思います。
少なくともこの法治国家の中にいて、事後法で人が裁かれた裁判の功の部分を認めるのであれば、そのくらいは認めてくれることでしょう。
暗黒殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/44-669d94e5

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。