狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

嫌国流

2006/05/30(火) 00:00:00




「嫌国権」をも保障すべきだ
著述業 伊藤 浩睦(名古屋市中川区 49歳)


 教育基本法の改正で、愛国心についていろいろ言われているが、私はこの国が嫌いである。

 中学生の時に、校則で強制されている丸刈りが嫌だと言ったら、「丸刈りは日本の伝統、いやな者はこの国から出て行けばいい」と言われた。
 伝統を嫌う者は追い出すとは、なんと了見の狭い国なのか、こんな国は嫌いだと思った。

 その後も、何でも人と同じでなければならず、あらゆることを画一的に統制しようとし、弱者の権利の主張を頭ごなしに否定するこの国の体質を、好ましく思えないできた。

 今の日本の状況で、この国が嫌いだといえば「嫌いなら出て行けと必ず言われるに違いない」。
 だが、言語、家族、費用、仕事などを考えれば、大変に難しい。

 愛国心を持つか、嫌いなら出ていくかの二者択一ではなく、この国は嫌いだけれど、出ていく方途もないから住んでます。
 といった立場の人間もいる。

 この国を出て行くのを前提とすることなく、嫌いな人は嫌いだと言える権利、つまり「嫌国権」もまた保障されなければいけないはずである。

(2006年5月30日 名古屋版 )


嫌国権?
いつから日本は言論統制を敷いたのでしょうか?

ちょっと朝日新聞を眺めれば、日本非難のオンパレードですし、Kの国の方たちによる反日演説もしょっちゅう行われていますよ。
だいたい嫌国権を規制しようにも、それこそ内心の自由を縛ることとなり法に触れてしまいます。

まぁ、色々な人間がいますから日本人でありながら日本が嫌いになる人もいるでしょうし、嫌いになる理由も人それぞれあることでしょう。
別にそれについて口出しする気はありません。

しかし、その理由は少しばかり奮いすぎではないでしょうか?

先生から「丸刈りは日本の伝統、いやな者はこの国から出て行けばいい」と言われたから・・・
それだけで、30年以上も日本を嫌い続けているのですから凄い話ですよね。

これぞ永遠の思春期。
駄目ピーターパンですよ。

普通ならその先生を嫌うか教師に対して反抗心を持つところですが、そこは流石にピーターパン。
教師の真上を飛び越えて一気に日本まで嫌いになってしまうなど、スケールが大きいのか何なのか判断に迷ってしまいますね。

そして、「嫌なら出て行けば良い」との言葉に対しての反論も、まるで思春期のように自分に劇甘です。
ちったぁ脱北者を見習って欲しいものです。

結局、日本という国で日本の恩恵を一身に受けながら日本を嫌っていることに、この投稿者は気付いているのでしょうか?
まるで親元で親の保護を受けながら、親の悪口を言いつつグレてみせている中学生と精神構造は全く同じです。

そういえば、この投稿の時も思春期のような主張をしていましたね。
そして、何から卒業したのか分からなかったためか会社員を辞めてしまい、著述業という自由を手にいれてしまったようです。

売れると良いですね・・・
おそらくこの本



著者略歴 (BOOK著者紹介情報)では『1956年名古屋市生まれ』とあり、氏名・年齢・住まいが一致。
おそらく本人さんではないでしょうか?



しかし、何度読んでも今までとは異なる力を秘めた投稿です。
別段破壊力があるわけでもなく、論理がぶっとんでいるわけではないのですが、今までの投稿とは何かが違います。

従来の投稿は、論理展開が不思議さや事実誤認に基づいた論理の飛躍っぷりを楽しみ、それを鑑賞するというものでした。
しかし、いくら反日思想が表立っていても彼らの主張は日本を今よりは住みやすくしたいといった思いや、世界平和を願うものが大元としてあったはずです。

そんな投稿の中にあって、根っこから日本が嫌いと主張する投稿が目の前に現れた場合、読者はどのような反応を示したら良いのでしょうか?
もう、私の電波判定スカウターは暴発しちゃいました。

今後のスーパーサイヤ人化に期待して、殿堂入りとします。
殿堂入りTB:0CM:1
コメント

いつも拝見しています。

中学時代のひとつの出来事にこだわってこの国を嫌い続けているあなたのほうがよっぽど了見の狭い人間だろう。
今日の電波マニア #-|2007/09/30(日) 16:13 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/36-bd239442

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。