狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

自民圧勝 その後の朝日

2005/09/21(水) 23:02:00




わかった上で投票したよね
病院職員 佐々木 マツエ (広島市安佐北区 51歳)


 「選挙結果に驚いて今さら不平を言うのはもう遅い」というご投稿に、自虐的な意味も込めて賛成!

 きっとみんな自分の意志で投票したはず。
 その結果、郵便料金が上がっても、税金がっぽり取られても、年金が減っても、徴兵制が敷かれ、かわいい子供が兵隊にとられてもいいんですよね。

 すごい!
 私の見渡す範囲で、これに耐えることのできる人、そんなにいないと思うんですけど?

 こんなはずじゃなかったと後で言われても困るんです。
 しっかり責任とって、自ら痛みを感じて下さい。
 できましたら、現体制に賛成投票した人から順に痛みを与えて欲しいな。

(2005年9月26 大阪版)


すごい!
自民が勝ったら、郵便料金が上がって税金をがっぽり取られて、その上に徴兵制まで復活するなんて話は何処から沸いたのですか?
そりゃあ、そこまでやられて耐えられる人間は少ないでしょうね。

そんな妄想を信じている人、私の見渡す範囲ではいないと思うんですけど?
もうね。「できましたら、現体制に賛成投票した人から順に痛みを与えて欲しいな」の1文だけで耳から体液が滲み出そうです。

これ、民主主義社会を根本から否定しちゃっています。
「好きな人だけ好きにやって下さい」だと、国の代表を決める意味なんてないですよね。

選挙は仲良しグループを決めるものではありません。
選挙で選ばれた議員は良くも悪くも国民の代表であり、国会で可決された案は再び廃案になるまで、全ての国民に強制できなければ意味がありません。

新しく作られた法律に対して、「いや、おれが支持した人の案じゃないから従わないわ」では、余りにもアウトロー精神溢れる無法国家も良いところです。

自民に投票した者の多くは、痛みを承知の上で投票しているのではないでしょうか。
国民の権利を追及し続けた結果、日本が沈んでは意味がありません。
皆が皆、自分だけ人より多く年金を貰えればそれで良いと考えて行動しているわけではないのです。

それとは別に、自民圧勝の背景には、郵政へと論点を絞ったことにより、利権政治家を追い出すことを国民の多くが望んだ結果だとも私は考えています。

まぁ、そんなことを抜きにして、他の政党が余りにもダメダメで2005年の衆院選は自民しか入れるところがなかった・・・というのもあるでしょうねぇ。

今の若い世代は右翼化しているとよく言われますが、小泉内閣の痛みを伴う政治の前から、痛みだらけで美味しいところなんて全くない世代だからこそ、野党の言う政策が奇麗事にしか思えないだけなんですよね。

しかし、この投稿者やマスコミ的には小泉劇場に騙された愚民ども!って所なのでしょうか。
古館氏や久米氏の番組なんて「この愚民どもが!!」オーラが出まくっていて、中々楽しめました。

やはり、最高の娯楽は選挙速報を朝日放送や毎日放送で堪能した後、
翌朝の朝刊を楽しみにして眠ることですね。

1歳児相手に政治で独り言
主婦 鈴木 怜子(愛知県豊川市 27歳)


 ハナちゃん

 ついこの間まで1歳のあなたのお昼寝を妨害していた選挙戦が終わって、結果は「じみんとう」っていう政党が圧勝したの。
 ママはね、これでほんとにいいのかなぁという気持ちでいっぱいなの。

 なぜかというと、パパはサラリーマンだから、税金を今よりもたくさんとられることになりそう。
 今だってぎりぎりでやっているのに、どうなるのかな。

 日本の子どもの数は減っていて、ハナに弟や妹がほしいけど、無理な気がするよ。

 もしハナの下に赤ちゃんができても、ママは男の子だと心配だな。
 だって男の子を産んで賢明に育てても、いつか戦争が始まって兵隊さんにとられてしまう気がするから。

 お嫁さんにとられてしまうならママも我慢できるけど、戦争にとられるのは絶対に我慢できないよ。

 年金も不安の一つ。
 ママたちがおばあちゃんになったらもらえるお金のこと。
 十分にもらえるのかな。

 子どものハナには、迷惑かけたくないんだよ。

(2005年9月21日 名古屋版)


ママへ

ハナちゃんが大きくなるまでにあと何回選挙があるのかな?
その度に妄想の翼を広げて一喜一憂するのかな?

もしかしたら自民党がなくなっているかもしれないし、民主党と社民党が合体しているかもしれないな。
その時は日本がなくなっているかな?

だってね、民主党も社民党も中国の傀儡政策を打ち出しているから信用できないんだ。
それに、自民だけではなく民主も「年金目的消費税」導入を打ち出していたけど、増税しなかったのかな?

対する小泉さんは自分が任期の間は増税しないと言っていたような気もするな。
今だからこそ言えるけど、本当に増税しなかったよね。
経済的にギリギリだからこそ、その辺りのことはしっかりと聞いていて欲しいんだ。

理想論だけなら、誰だって言えるよ。
本当に大事なのは、空論ではなく実際に効果があるかないのかであって、税金が減るけど福祉は充実という魔法の言葉なんてないのだから。

戦争についても同じことが言えるな。
戦争回避のためには、やっぱり相手を威嚇できるだけの国防力が必要なんだ。
近所付き合いさえしっかりしていれば、泥棒に入られないと本気で考えているの?

でもね、そのために徴兵制はありえないな。
だって、国全体の生産力を落としてまで人をかき集めるメリットがないもの。

戦闘機のパイロットを実戦で通用するくらいに育てるのにいくらかかるの思っているの?
パイロットでなくても、一人前の軍人を育て上げるのに、どのくらい投資しないといけないかわかる?
しかも、無理やり連れてきても全くやる気の素人がやってくるだけで、逆に周りの士気も落ちちゃうよ。

まぁ、中国のように人材を使い捨てる気ならそれも良いけどね。

もしね、今後日本が徴兵制をとるような時は、もう既に戦争に突入して本土決戦に持ち込まれた場合のみだよ。
だから、心配することなんてないんだよ。

最後に年金の話だね。
年金は積み立て貯金かなにかだと思っているの?

ママが貰う年金は、誰が払うと思っているの?
まぁ、妄想なら人をダシにしないで、チラシの裏にでも書いていれば良いんだよ。
殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/34-6577601f

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。