狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

あっさりと諦めねばなるまい

2005/03/23(水) 22:13:35




日韓友好は平和の要
無職 深町 清(山口県周南市 83歳)


 島根県議会が「竹島の日」条例を作ったことに、韓国の地方自治体が相次いで立腹している。
 春川市などでは、提携している防府市などとの交流を断絶するという。

 竹島は無人島で、現実的には韓国の支配下にあり、島根県よりはるかに韓国の方か近い。 
 歴史的には日本領であったこともあるだろうが、現在では完全に韓国領と言わざるを得ない。
 島根県の今回の条例について、日本政府が黙認してよいものだろうか。
 せっかくの日韓友好を壊すのは良くないとして、条例を破棄するよう島根県に要請すべきではなかろうか。

 日韓両国は今後も友好国として、また対北朝鮮対策の対応協力国として、最も重要な隣国である。
 山口県とも親善、文化交流を続けている。
 また、関釜連絡船による旅客往来や貿易も盛んである。
 今回のように、相手国民の感情を逆なでするような行為は、してはならないと考える。 

 日本海の漁業権については、別に折衝すべきで、竹島の領有権は韓国領として、あっさりとあきらめねばなるまい。
 韓国との友好が極東平和の要であることを思わねばならぬ。

(中国新聞 2005年3月23日)


2週連続の殿堂入り。
殿堂入りの大量発生は、出来るだけ避けたかったのですが、これは無理です。

竹島は現実的には韓国が支配していて、島根県よりも韓国の方が近いから竹島は韓国領だという論理が通用するなら、
日本はグアムやサイパンなどを不法に占拠し、実質的な支配下におけば、それらは全て日本領として認められるということですか?

まさに、Great!

もしそうなら、武力制圧したものが勝ちの世界になるのですが、これで良いのでしょうか?

そして、漁業権については別に相談すべきで、竹島は韓国領として認めろって・・・・・?
竹島を韓国領として認めてしまった瞬間に、領海と排他的経済水域が発生するので、漁業権の折衝なんて意味がありません。

だいたい認めてしまったら、話し合ってすらくれないでしょう。

極端な話、竹島問題とは領海と排他的経済水域が問題なのであって、竹島それ自体を奪い合っているわけではないんですけどね。
投稿者も知っての通り、無人の島だったわけですから。

イギリスが何の為にフォークランドに艦隊送ったのか分かっているのでしょうか?

しかし、韓国を最も重要な隣国であると思っている人って、なんでこう政治に疎い人が多いんでしょうね。
しかも、韓国との友好とは、自らの土地や物を献上し、ひれ伏すことだと思っているようですし。

これまでに、韓国が日本のためを思って一歩引いてくれたことが一度でもありましたか?

まず、日本と韓国が対等に話し合え、無茶なものは無茶と、はっきり言い合える仲になることこそが、真の友好を築くことだと思うのですが、
なぜか韓国が好きな人間は、そういうことを望んではいないようです。

まさに、Crazy!

相手の要求を一方的に飲む行為は、百害あって一利もありません。
韓国との友好が極東平和の要であると考えているのなら、今こそ対等な友好関係を築くチャンスなのではないでしょうか。
殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/31-f7ffc657

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。