狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

このスピードからはもう降りる

2005/01/26(水) 22:03:10




新幹線の早さ凶暴さ感じる
ケアマネージャー 香川 博司 (広島県福山市 53歳)

 娘と共に20日近いインド、バングラディッシュの旅を終えて、新幹線で東京から福山へ帰るのに、たまたま「のぞみ」に乗った。
 私は、そのスピードに一種の凶暴さを感じた。

 旅先では連日、スマトラ沖地震による被災の様子が大々的に報じられており、天災にいかに人間社会が無力なのかを伝えていた。
 新潟県中越地震で新幹線が大惨事を危うく免れたばかりなのに、このすさまじいいスピードはなんだろう。

 日本の社会は天災に遭っても、スピードを更に高めていくことでしか維持できなくなっているのだろうか。
 インドの列車は脱線がよく起こるし、よく遅れる。
 また、列車もきれいとはいえない。
 しかしどことなく安心して乗れた。

 私は日本で新幹線に乗るのはもうやめた。
 あのスピードは社会の凶暴さ、危うさを感じる。
 このスピードからはもう降りる。

(2005年1月26日大阪版)


恒例になりつつある朝日によるJR叩きがやってまいりました。

そこまで全日空の株が心配なのでしょうか。
それとも、朝日が好きでJRを叩きたい人間は、単に我侭で妄想癖が激しいだけなのでしょうか?

その中でも、速い・正確・地震が起きない限り脱線しない新幹線よりも、遅い・遅れる・平時でも脱線する列車のほうが安心して乗れるという発想には、朝日の中でも少々常軌を逸しているよう思えます。

スピードがあるから新幹線が怖いと言うのなら、時速900kmくらいで空を飛ぶジョット飛行機のほうが遥かに怖いと思うのですが、インド旅行は満喫されたようです。
この方はどうやってインドまで行ったのでしょう。

どこかの超人たちのように泳いでいったのでしょうか。
それとも、インドらしくヨガテレポート?

だとしたら、どんなものをどのように批判しても、それをするだけの権利があることは認めます。
ベガにも圧勝ですよ。


今回の投稿を好意的に解釈するならば、見える景色がもの凄い勢いで後ろに流されていくさまが、ジェットコースターのようで恐ろしいということでしょう。
それならば、まだ理解できるのですが、比較に出した例がまずかったです。

インドの列車を引き合いに出して、JR批判がしたかったのであれば、「今の新幹線は速すぎて旅の情緒がない」とでも書いて送れば良かったのです。
その時はその時で、「だったら走れ」と暖かい応援のお手紙が届くでしょうが。


まぁ、時代の表舞台からはとっくに降ろされている(リンク参照)のですから、移動手段くらいは流れに乗って欲しいですよね。
殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/29-ad342f65

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。