狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

朝鮮日報を超えた日

2004/11/30(火) 21:59:48




北朝鮮へ経済制裁は正論か
自営業 箱田 豊(千葉県市川市 60歳)


 日朝間で話し合いが行われるごとに、繰り返される行事がある。
 家族のインタビューと涙、そして「北朝鮮に制裁を」の叫び。

 さらに票になると知った議員連盟の強硬発言と、それで視聴率を取れると考えるマスコミのむやみな追随。
 確かにかわいそうな話だが、現実には不幸は毎日毎時間、日本中で突然に、われわれに襲いかかっている。

 それに対し、交通事故でひき逃げされた子どもの親が道路が悪い、車が悪い、けしからんからどちらも廃止せよ、学校でのいじめで自殺した子どもの親が、けしからん学校を廃止せよと言っても、あいつはおかしいと言われるのが落ちだ。

 どうして国家間の問題になると、経済制裁がいかにも正論みたいに議論されるのか、何とも不思議だ。
 かつての植民地支配で、太平洋戦争に命をささげさせられた北朝鮮人民も多いはず。

 お互い胸襟を開いて話し合うべきだ。

(東京新聞 2004年11月30日)


2週連続の殿堂入り。

先月は何処の新聞も飛ばしていましたが、この投稿は少し飛ばしすぎです。
朝鮮日報でも、ここまで飛ばしませんよ。

ここまでの論理のすり替えと飛躍は、やろうとしても凡人には出せるものではありません。

今回の経済制裁を交通事故の例で喩えるのなら、子供を轢き逃げされた親が「ひき逃げしたヤツが悪い。それなのに、なぜ警察はそいつを助けようとする?」と言っているだけで、誰も「道路を廃止せよ」なんて言っていませんよね。

もし、「道路を廃止せよ」と言った内容で喩えるためには、拉致家族が「海が悪い、船が悪い、けしからんからどちらも廃止せよ」といった内容の発言をしていなければならないのですが、誰一人としてそのような主張はしていないと思います。


今回の件で、拉致家族が「海が悪い」と同等のことを言っているように感じられたのなら、あいつは頭がおかしいと思われるのが落ちなのではないでしょうか?
どうして極東三バカの話になると、ゆんゆん論理がいかにも正論として掲載されるのが、何とも不思議です。

それにしても、「票になると知った議員連盟の強硬発言」とは明らかに発言した議員を愚弄していますよね。
保身を考えるのであれば、北の問題には首を突っ込まないほうが政治家としは正しいでしょう。

票だけが欲しいのならば、左派マスコミにケンカを売るようなギャンブル性の高い票集めなんてしません。
マスコミが嫌っている議員を叩きつつ、出馬する地域を厳選して「消費税は据え置き価格で!」と公約を掲げれば、安全で、かつ、ある程度の票は見込めるのですからね。
殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/28-1e8b4d30

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。