狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2005/07/19(火) 12:04:30




国益追求より地球益の確保
主婦 鈴木佳子(千葉県松戸市 53歳)


 英国での爆破テロで、豊かと言われている国の人々は、不安に陥っていることと思う。

 今後、テロ対策に巨費が投じられるのだろうが、何と言う馬鹿げた悪循環を繰り返すのだろうか。

 どんな環境でも、人を傷つけたり、悪事を働いたりする人間は必ずいるものだ。
 だが、今の状況は経済活動にる貧富の格差が根底にあるのではないか。

 生まれた国によって、生活水準が著しく異なる。
 それを目の当たりにすれば、おかしいと感じるのは、同じ地球上に住む人間として当たり前のことだろう。

 豊かであればいいというものではないが、人間として最低限の生活レベルは守られるべきだ。
 この地球上で、貧しさゆえに餓死することなく、病人は適切な医療が受けられ、知識や技能を身につけるための教育を受けて職業に就ける。

 そんな世界になれば、今ほどの格差はなくなる。
 どんなに豊かでも、テロにおびえ不安な日々を過ごすのでは、幸せとは言えない。

 国益だけを追求するのではなく、富を分かち合い、地球に暮らす多くの人に利益が広がることを考える時ではないか。

(2005年7月19日 東京版)


地球益・・・新たな造語です。

Gガンに出てきた東方のオジさま辺りが熱く語っていそうな言葉ですよね。
赤い彗星は同じ主張だとしても、その言葉は絶対に口に出さないでしょう。

だって、なんだか頭が悪い人だと思われそうですから・・・・ね。
では、ガンダムの話は置いておいて話を本題に戻します。

この投稿は地球益なる新たな造語や脳内のお花畑ぶりに好評があり、一部では殿堂入りや特別賞入りが囁かれていましたが、「地球益」という言葉以外には特に目新しいものがなく、その他の主張は朝日の声欄レベルでは普通なため、紹介止まりとさせて頂きました。

殿堂入りを果たすためには、もう少し突き抜け感が欲しいところです。


さて、この投稿の命題である地球益なるものを実現させるために一体何をすれば良いのでしょうか?
肝心の部分がばっさりと抜け落ちていますね。

確かに、全ての国の人々が大国が指す最低限度の生活を営む権利を得ることができたなら、どんなに素晴らしいことでしょうか。
しかし、地球上にいる人類全てが人権派が指す最低限度の生活をしてしまった場合、地球の資源などは一発で底をついてしまいます。

シャアが言うところの「地球がもたん時が来ているのだよ!!」というわけです。

ここで、仮に人類全てが豊かな生活をしても、地球がもつとして話を進めてみましょう。
全ての国の国民を豊かにしようと思うなら、多くの貧しい国を軍事力でもって制圧し、指導者を追放したのちに全ての国民を支配下においての教育を施さなければなりません。

その後、強引に産業復興・・・ そんなことをしてしまっては、世界中からアムロが言うところの「エゴだよ。それは!」と避難されてしまうこと確実です。

大体、今世界を騒がせているテロリストの幹部などは、世界の平均的な人達よりも裕福な生活をおくっているのですから、テロリストに関して言えば貧富の差は関係ないと思います。

そのため、これは貧富の問題というよりも宗教の問題だと考えるべきです。
唯一、貧富の差が影響する点といえば、テロリストが育つ土壌を作ってしまうという点のみでしょう。

しかし、それは治安が悪いというだけで貧富の差が直接の原因ではなく、また、豊かになったからといって、過激な宗教は残っていくのですから、やはり、貧富の差を無くせば世界が平和になるという単純な問題ではないかと思います。

結局、真に地球益を目指すのであれば、今のところは地球人口を半分くらいにするしか手がないんですよね。
ここで、このセリフですよ。

「わたくしシャア・アズナブルが粛正しようと言うのだよ!」
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/275-682e29ba

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。