狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2009年の挨拶

2009/01/04(日) 23:23:04

明けましておめでとうございます。
新年明けた訳ですが、今年は特に面白い投稿がなくてどうしようかと考え中の狂想です。


近頃はテンプレ投稿ばかりで、爆発的に電波だったり斜め上を突っ切った投稿が減ってきたように感じられます。

そんな中、弊ブログと姉妹関係な朝日歌壇鑑賞会さんがモチベーションの低下から、しばらくの間は更新を控えると発表されました。

その理由は3つあるのですが、その内の1つがとても共感できて、その気持ちを報告したいなぁと思い、ブログを更新してみます。

朝日歌壇鑑賞会事務局長さんは<ある程度教養のある人は、メディアが何を言っているかなんてことを気にしなくなった>と主張し、<新聞の社説やコラム、投書欄に何が書いてあるかなんて、少しでもまともに物を考える能力のある人は誰も注目していないのです。><誰も見てないものを叩いても無意味です。>と感想を述べています。

その一文を拝読したとき、すっげぇ~~分かる!と素直に思いました。
反メディア系ブログやサイト全般に言えることなのですが、閲覧する人間は最初から<ある程度教養のある>『メディアに懐疑的な』人間ばかりなのです。

そして、私たちが伝えたい『ある程度教養のない人』はブログの存在自体知りません。
確かにハイパーリンクなどによって、マスコミに興味がない方たちが訪問することもある以上は、全くの無意味だとは思いませんが、やはり考えてしまうものがあります。

私としては、少しメディアに興味がある人たちに軽めの話題を提供するというスタンスでやってはいるのですが、残念ながら新規の閲覧者はほとんど増えていません。

また、事務局長さんはこうも述べています。
<短歌や川柳や「声」欄なんてもう、あまりにもくだらなくてつまらなくて叩く価値もありません。>

冒頭に戻りますが、本当にこの頃の投書は小粒ばかりで嫌になります。

おかしいならおかしいなりに、もっとぶっ飛んでみせろよと。
数々のサイトやブログが叩きまくって、反論され尽くしている理論を堂々と紙面で主張するなよと。

あちらが100回嘘をつくなら、こちらも100回ツッコミを入れるべきなのでしょうが、コピペで済む話を長々と著作権に触れない文字数を確保するのも辛いですし、毎回違ったアプローチをするといった労力の割には読み手も楽めないような気がします。

その為、これからは同じような投稿ばかりが続いた時などは更新を控えるかもしれません。

面白い投稿や酷い投稿がある時はガンガン更新したいと思いますが、中途半端な投稿を無理矢理に叩くというのも変だと思いますので、更新されていない時は「面白い投稿がなかった」と判断して頂けたら幸いです。

もちろん、更新する時は新規閲覧者でも安心して笑覧できるよう、なるべく丁寧にツッコミを入れていく所存です。

まぁ、投稿文に対して寸評するというスタンスが更新する上でのネックになっているなんて、このビジネスモデルはかなり厳しいものになってますね。

これからの事を考えると、本当に変革が必要な時がきたのかもしれません。
メディアに対するネットの有りようも、これからどんどん変わっていくと思いますしね。
雑記TB:0CM:7
コメント

某大手自動車企業さんも
『もうTVのスポンサーやめる』とおっしゃってますしねぇ。

本当に変革の時代なのかもしれませんね。嬉しいですが、少し寂しい思いもあります(笑)

狂想様、応援してます!本年もよろしくお願いします
のり #-|2009/01/05(月) 13:17 [ 編集 ]

明けましておめでとうございます。
単行本の2巻はいつ出ますか?
無明光 #CofySn7Q|2009/01/09(金) 19:59 [ 編集 ]

>のりさん

こんな場末の小さなブログですが、今年も宜しくお願いします。

>無明光さん
2巻ですか・・・・
売上げに対して発生したコストが高かったですからねぇ。

出版社からすると微妙なんじゃないですか?
晋遊舎さんに応援のお手紙が大量に届くなら、あちらも考えては頂けると思いますが・・・
狂想 #-|2009/01/11(日) 16:38 [ 編集 ]

歌壇の人はちょっと「叩く」方に力を入れすぎていた気もしますね。
このゆんゆん投稿のように、あくまで電波浴を楽しむスタンスでいれば良かったんじゃないかと思うのですが・・・。
今日の電波マニア #-|2009/01/12(月) 13:52 [ 編集 ]

>狂想さん

こんにちは。
当方も遅ればせながら、新年の挨拶をUPしました。
私は少し休養しますが、狂想さんは息長く更新続けてください。
応援しています。
朝日歌壇鑑賞会事務局長 #eaN7aesA|2009/01/12(月) 21:51 [ 編集 ]

んなこたーない
情報の集積所ってのは価値があります

初心者向けの判りやすいサイトを紹介したり、積極的にソースを張る風潮が薄れてきてから、感情的な左翼モドキみたいのが増えてきている
「皆わかって」事を前提として扱うと、流れはそこで途切れてしまう
  #-|2009/01/20(火) 11:34 [ 編集 ]
私は教養がないので
子どものときから朝日新聞をとり続け、声の欄はほとんど毎日読み、教養のある人たちの文章はさすがに違うななどと感嘆しながら過ごしてきましたが(笑)、このサイトを知った事で、少し見方の異なった人たちの意見も聞く順応性を培っています。ネットがなかった頃は、批判的な意見を持った人たちも、大半は自分自身の中でくすぶっていることしかなかったのでしょうけれど、ネットが当たり前になった事で、そういう批判的な人々が暴発的にブログなどで語り始めた、という事なのでしょうね。ボク側からするとある意味それも怖いですが(笑)→(そもそもwwという記号を使う事にすら未だに抵抗のある人間ですから…。)、決して感情的になった人々だけが例えば「マスゴミ」などという言葉を使っているわけではないと信じられるのかどうか、検証する意味も込めて、こちらやあちらやそちらのサイトにはたまに寄らせていただきます。
れん #-|2009/02/08(日) 09:43 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/261-1e91c664

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。