狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

正義の裏表

2008/11/08(土) 02:39:27

先週は本職が忙しすぎて更新できませんでした。
申し訳ありません。

まだ、少しばかり頭が働かないので、全く頭を使わなくても寸評できる投稿を持ってきちゃいました。



玉音放送後に学んだ平和は
無職 清水 源太郎(滋賀県彦根市 79歳)


 第2次世界大戦終結の1945年8月15日、私は15歳。
 旧制中学3年で、滋賀県彦根市の軍需工場に学徒動員中だった。

 昼、玉音放送。
 教師から「日本は負けた」と聞き、唖然とした。

 「この戦争は聖戦である」「八紘一宇の精神」「鬼畜米英」という昨日までの教育はガラリと変わって、戦後は同じ学校の教師から「軍部が独走した」「朝鮮、中国への日本の侵略」「戦争は間違いだった」と教えられた。
 平和憲法の下、私は民主主義、自由主義、平和主義を学んだ。

 あれから60余年。
 世界中が平和を追求する中、航空自衛隊トップの空幕長が論文で「我が国が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」と書き、集団的自衛権の行使を禁じる現行憲法に疑問を呈するとは、あきれてものが言えない。

 こんな極端な考えが、自衛隊内で横行していないかと恐れる。
 思想、言論の自由な社会とはいえ、日本の理性や知性はどこへいったのか。

 政府、自衛隊幹部の猛省を求める。

(2008年11月8日 大阪本社版)


極端な考えを持つと、持論と相容れない意見全てが異様に見えるという好例。
内心の自由は何処に行った?

なんだか思春期に価値観がガラリと変化してしまうと、とんでもない矛盾を自己に宿してしまうんですねぇ。

ちょっと冷静になれば分かると思うのですが、その時代の大義名分が<「この戦争は聖戦である」「八紘一宇の精神」「鬼畜米英」という昨日までの教育>から<「軍部が独走した」「朝鮮、中国への日本の侵略」「戦争は間違いだった」>になったに過ぎません。

どうして<昨日までの教育はガラリと変わって>しまったのか疑問に感じなかったのでしょうか。
少しでも賢しい子供であったなら、先生の言うことは聞くふりをして「価値観の押しつけ」を嘲っていますよ。

そんなのだから、<あれから60年>も断つのに、未だ戦後教育に戦前教育と同等の疑問を抱くことなく盲信し、世界が平和を追求しているように感じられるのですね。
平和の尊さを訴える人間ほど、国際社会に驚くほど無知なのはどういう訳なのでしょうか?

また、投稿者が信じている<民主主義、自由主義、平和主義を学んだ>の中には言論の自由も含まれていることでしょう。
それなのに、どうして論文を書いた事での処分を批判せずに、<集団的自衛権の行使を禁じる現行憲法に疑問を呈する>ことが極端な考えとして批判しているのでしょうか。

なんて言うことありません。投稿者が行ってていることは、投稿者が悪と考える戦前の思想統制と全く同じものなんですよね。

戦中の特高警察さんは、個人の独断と偏見による思想犯を物理的な暴力によって排除していました。
現代の文屋さんは、ノイジーマイノリティの抗議による言論の暴力によって相対的右翼を排除しています。

本当に自由主義を重んじるのであれば、今回は自衛隊の対応を批判すべきでした。
シビリアンコントロールだの何なのと言う方もいますが、なんで民間企業に自分の考えを示しただけで政治活動扱いされないといけないのでしょうか。

確かに事前に報告ぐらいはすべきだったかもしれませんが、更迭処分を食らうレベルの失敗だとは思えないのです。
はっきり言えば<こんな極端な考えが、自衛隊内で横行していないかと恐れる>と、政府方針と異なる考えを有するだけで、新聞の紙面で批判されるような社会に戦慄さえ覚えてしまいした。

そして、身内に村山談話を踏襲しない人間がいるだけで<自衛隊幹部の猛省を求める>のですから、完全なファシズムに汚染されていますね。

卒業式ではしゃいでいる教師どもと違って、別に幕僚長は職務を放棄していた訳ではないのですよ。

就業時間中に学習指導要領と正反対の行動を取る教師を処分したら学校側や与党が批判されるのに、プライベートな時間でプライベートな論文をアカデミックな見地で民間企業に応募したにすぎない幕僚長は何故だか本人が批判されるのですね。

いや、本当に<日本の理性や知性はどこへいった>のでしょうか。
根本的に自国を批判していなければ非国民扱いされる国って現代日本ぐらいですよ。
微妙な投稿TB:0CM:15
コメント

投稿者を擁護するわけではありませんが、ここがちょっとひっかかったので
>確かに事前に報告ぐらいはすべきだったかもしれませんが、
>更迭処分を食らうレベルの失敗だとは思えないのです。
これについては「栗栖幕僚議長問題」という前例が(その是非は兎も角)ある以上、
それに思い至らなかったとしか思えない田母神氏の行為は失敗ではあると思います。

あと
>プライベートな時間でプライベートな論文を
>アカデミックな見地で民間企業に応募したにすぎない
例の論文が自衛隊法施行令第87条第1項第13号にある「政治的目的を有する署名の文書の
執筆」に該当すると解釈されてしまえば、それは同第2項第3号により勤務時間外であっても
自衛隊法第61条が禁ずる「政治的行為」とされてしまいます
(これもその解釈の是非は置きます。少なくともそういうこじつけも可能だということです)。
氏がこの問題で火がついた以降に村山談話に異を唱えたのもマイナス材料でしょう
(自衛隊法施行令第86条第5号「政治の方向に影響を与える意図で特定の政策を主張し、
又はこれに反対すること」という「政治的目的」を有しているとされてしまう)。

もちろん日本の国防の現状がこんなのでいいとは思っていませんが、
自分の言動がどんな影響を及ぼすかを想像しては欲しかったです>田母神氏
通りすがり #-|2008/11/25(火) 12:07 [ 編集 ]

>(これもその解釈の是非は置きます。少なくともそういうこじつけも可能だということです)。

だからなに?
こじつけが可能であるならば、そういうこじつけによって言論統制をすることを非難すべきではないでしょうか。

通りすがり#さんはちょっと論点がズレているように思います。
すがり2 #LkZag.iM|2008/11/27(木) 05:55 [ 編集 ]

これはアレですね、「内心の自由」と「立場上言って言い事悪い事」が混同されてる好例ですね。

誰であろうと個人として憲法に疑問を持つのは全く問題有りません。これは当然の事。
だけどもそれを口に出していいのかどうかというと、それだけは個々人の職業上の立場によって良い場合もあれば悪い場合もある。
それが混同されているのではないかと。
774 #EBUSheBA|2008/11/30(日) 06:03 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2008/11/30(日) 23:33 [ 編集 ]

立場を考えて田母神氏は空気読めよ!とは思いますが、ここまで非難されるようなことをしたとは思えないのです。

せいぜい、厳重注意レベルの話ではないでしょうか?

今回の件は、オリンピックの「スポーツに政治的意図を反映させるな」との意見と同じように、「学問に政治を介入させるな」と思ってしまいます。

田母神氏が初めから政治的意図があったとしても、学問の世界は学問の世界で完結していなければおかしいのではないでしょうか?

自衛隊法やシビリアンコントロールを持ち出す方にとって、政治的行為とは恐ろしく広いように感じられます。

自衛隊法の指す政治的活動と言えばビラを配ったり街宣したりすることだと思いますし、文民統制に違反する行為とは武力躍起にクーデターだと思うのですがどうなのでしょうか?

繰り返しますが、田母神氏は立場上好ましくない行為をしたとは思います。
しかし、更迭された上に国会招集されないといけないほど悪いことをしたとは思いません。

むしろ、このレベルで国会が動くこと自体が気持ち悪いことです。
狂想 #-|2008/12/01(月) 23:43 [ 編集 ]

> 政府方針と異なる考えを有するだけで、新聞の紙面で批判されるような社会に戦慄さえ覚えてしまいした。

「戦慄さえ覚えてしまいました」なんて,ブサヨが政府を非難するときに使いそうな文言だな。
unnko #mQop/nM.|2008/12/02(火) 00:09 [ 編集 ]

>unnkoさん
>「戦慄さえ覚えてしまいました」なんて,ブサヨが政府を非難するときに使いそうな文言だな。

それを意識していますからね。
投稿文を寸評する時も、なるべく投稿文にある言葉を使って皮肉るよう心がけていますし。
狂想 #-|2008/12/02(火) 00:24 [ 編集 ]

今回の事件は、少なくとも更迭については、政府の見解と違うことを(本人は意図せずとも)公人としての立場がありながら、公の場で発信したという"行為"ただ一点のみです。論文の内容は関係なありません。
だから言論の自由を絡めると、話が明後日の方向へ迷走するばかりだと思います。
更迭と論文は別問題。だから田母神氏は更迭されましたが、例の論文自体は封殺された訳でもなく、今もネットなどを通して誰もが閲覧する事ができます。言論の自由は十分に保障されていると思います。

狂想さんはもっと武装組織の一員という立場が、一体どういうものかをよく理解するべきだと思います。
今回の論文の内容が比較的保守的な内容でしたが、もし自衛官が、それも高級幹部が革新系雑誌に
「日本の北方領土や竹島の領有権主張はあきらかに言いがかりで、主張を取り下げるべき」
という内容の論文を"私人"として投稿し、大賞をとったとしたらどうでしょうか?
こんなことを内心に秘めるならまだしも、公言するような人間を武装組織の要職に就け続けるとして、
国民は言論の自由が守られたと胸をなでおろすでしょうか?それとも自分たちを守るはずの存在に不安を抱くでしょうか?
たとえ右であろうと左であろうと、自衛官の自由な意思表現を尊重することは、元反戦自衛官の小西誠のような存在をも認めることにもつながるのです。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/shakai/top/hansen.htm
GA_joe #yNzVm9u6|2008/12/02(火) 21:17 [ 編集 ]

>GA_joeさん
>言論の自由は十分に保障されていると思います。

さすがに、<今もネットなどを通して誰もが閲覧する事ができます>レベルで規制する法的根拠なんてないですからね。

ただ、自分の意志を職務外で主張しただけで更迭されたという「言論によって不利益を被った」ということは事実ではないでしょうか。

日本では言論に自由がありながら、なぜ表の社会では左巻きの意見が幅を効かせ、ネット上では保守的な考えが圧倒してしまっているのか?その辺りが日本という国の言論に対する考えがあるように感じられます。

政府見解に反する意見やマスコミが正義(見かけの大多数意見)に合わない考えを表明すると、職を失う可能性があることは問題ではないでしょうか?

その為、おかしいと思いながらも誰も何も言わなかった結果が、今のような国益を損なうようなマスコミを産んだのだと思いますし、表だって持論を主張できる人間が、評論家か活動家だけになってしまったのです。

>革新系雑誌に 「日本の北方領土や竹島の領有権主張はあきらかに言いがかりで、主張を取り下げるべき」 という内容の論文を"私人"として投稿し、大賞をとったとしたらどうでしょうか?

おそらく、ネット上だけでバッシングされて現実には報道されないか、好意的に報道されるかのどちらかでしょうね。

報道された結果、更迭されたら今度は自衛隊を批判すると思いますよ。卒業式における日教組の行動を擁護するような理論で。

まぁ、少なくても国会に呼ばれることはなかったでしょう。

責任と言論と行動の理論を持ち出すならば、堂々と反日活動を行っている教師を問題視していないとおかしいのです。

未来を作る若者を反体制に育てる行為は、何処の国がみても異常なことでしょう。

また、>狂想さんはもっと武装組織の一員という立場が、一体どういうものかをよく理解するべきだと思います。

職務中に資料を作成したり、部下に向かって持論を垂れながすような行為を行ったのならば、言論の自由ではなく政治活動となり周辺諸国に脅威を与えるかもしれませんが、今回のようにプライベートで懸賞論文に応募するレベルが政治活動とはやはり思えません。

そういう活動をしたければ、辞めろと意見があるかもしれませんが、意見を表に出すだけで職を辞さないといけないのであれば、「自衛隊には言論の自由はない」「基本的人権なんてクソ食らえ」と初めから謳っていなければフェアではありません。

繰り返しますが、これは政治行為ではないでしょう。
せいぜい、このような考え方も出来るという示唆であるはずです。

その為、<「日本の北方領土や竹島の領有権主張はあきらかに言いがかりで、主張を取り下げるべき」 >と学問的見解で主張する自衛官がいても問題はないでしょう。

この主張の本質が「日本が嫌いなのではなく、歴史資料を調べた結果、日本領ではない可能性がある」という結論に達した上でならば・・・の話ではありますけどね。

クドくなりますが、今回は反日教師のように主張を伴う行動を起こしている訳ではありません。

部下に思想を強制した訳でも、ビラ配りをした訳でもありません。

あくまで言論の世界だけの話なのです。

>元反戦自衛官の小西誠のような存在をも認めることにもつながるのです。

彼の場合は主張内容が職務放棄なので、全くの別次元の話だと思います。

言うなれば、警察官が「我々警察官に犯人逮捕を強制する行為は人権侵害」「凶悪犯にも心があるのだから逮捕するなんて非人道的」と主張しているようなもんです。
狂想 #-|2008/12/06(土) 16:23 [ 編集 ]

あっ、ただ、幕僚長に対して何らかの処分が下されること自体は問題視していないというか、当然の行為だとは思っていますよ。

論文の発表には、それなりの手順は踏むべきですし。

今回は、行為に対する処罰が重すぎるかなぁと思っただけですし、マスコミの対応も大げさすぎると思っただけです。
狂想 #-|2008/12/07(日) 22:23 [ 編集 ]
イラついたんで初書き込み
GA_joeとかいう奴の主張はまさに今の民主党の如き内容だな。
言うなれば正論を装った、粗探しと反対の為の反対・・・なんか読んでて片腹痛くなったわ(^ω^)。
とりわけ小西誠なんて端っからのイカレ野郎のケースと、
今回の田母神のケースとを同じ土台で語れるわけねえだろうに・・。

まぁ管理人さんがそれだけに限らず、各々の矛盾をきちんと論破してくれてんのが、せめてもの救いだよ。
シン #XZ039GEA|2008/12/07(日) 23:24 [ 編集 ]

しかしながら私は在職中は主張するべきではないと思うのですよ。私もかつては軍属でしたからね。
どれだけ日陰で頑張っても、内外から冷たい対応された事は常に身に染みていました。
しかし私は耐え忍んだ事に対して対価を求めた事はありません。私だけでなく、数多の諸先輩方もそうでした。
だからこそかつてとは比べ物にならないくらいの、現在の組織の地位があると私は信じています。
だからこそ田母神氏の行動は容認できませんし、統幕学校の教育を私物化する行為には憤りをも覚えるのです。
GA_joe #-|2008/12/13(土) 00:06 [ 編集 ]

GA_joe さん
 まず、あなたの生き様と今回の件は無関係です。
 それに現在の自衛隊の地位については、冷たい対応に耐えた代償ではありません。(安っぽいメロドラマではないのですよ・・)国内外の自衛隊の行動そのものが評価されているのではないですか?
 統幕学校の私物化とは?意味がわかりません。もし田母神氏の歴史観に近い教育がなされていたとでも言いたいのであれば、すべての大学は教員の私物化と言わざる負えません(本当に中立の思想や歴史なんて無いのだから・・)
おそれながら #IFdljVkg|2008/12/15(月) 20:03 [ 編集 ]

統幕学校の「歴史観・国家観」という学科は田母神氏が校長を務められていた時期に創設されました。
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20081119AT1G1902R19112008.html

『統幕学校「歴史観」講義内容判明 講師に桜井よしこ氏ら』

 日本の侵略を否定する論文を発表した田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長(60)が更迭された問題で、防衛省は19日、田母神氏が、自衛隊の高級幹部を育成する統合幕僚学校の学校長時代に新設した「歴史観・国家観」の講義に招いていた外部講師の名前や講義内容を明らかにした。

 ジャーナリストの桜井よしこ氏や作家の井沢元彦氏らが招かれていたほか、元海将補の坂川隆人氏や、「新しい歴史教科書をつくる会」の副会長を務める大正大学の福地惇教授らが講師を務めていた。

 講義内容は日本の歴史の特徴や節目の出来事、集団主義など日本人の価値観の特徴についてなど。「現在の日本の歴史認識は、日本人のための歴史観ではない」とする内容の講義もあった。

 防衛省は「様々に考えることに意味があり、異質なことを話したからすぐに問題だ、と言うわけではない」としつつも、来年からは「(人選や内容で)よりバランスを取っていく」としている。

2008年11月20日1時16分 朝日新聞

これはさておき、理解を得られなかったのは残念に思います。
ただ、私も狂想さんとはほとんど考え的に差はなく、狂想さんの著書も家族に紹介して渡しているくらいです。
ただ、社会から武装を許可されているということは、それ相応の責任の付与と、自由の拘束を受けて当然であり、許可を受けた者も相応の自覚が要求される事を理解してほしかった次第でした。
GA_joe #mQop/nM.|2008/12/15(月) 22:44 [ 編集 ]

少し見ていない間に、物凄く白熱しちゃっていてビックリしました。

コメント欄で論争なんて珍しいのですが、こういう建設的な意見は大歓迎です。

さて、私個人の意見として一番大きいのは「幕僚長の言論の自由は否定しといて、日教組の言論の自由を超える政治行動を肯定するマスコミはいい加減にしろ!」だったりします。

今回の件だって、マスコミがアホほど報道しなければ厳重注意で済んだ話です。
別に武装躍起しようとした訳でもありません。
これでシビリアンコントロールが云々言い出すからおかしくなるのです。

もしも、幕僚長を批判するのであれば、「正式な手続きを踏まなかった点」のみでしょう。

>社会から武装を許可されているということは、それ相応の責任の付与と、自由の拘束を受けて当然であり、許可を受けた者も相応の自覚・・・

スパイダーマンの大いなる力を持つものは大いなる責任を持つですね。

そういう点では理解できます。
しかし、だからこそ軍人は少し保守的なぐらいが丁度良いとも思えてしまいます。

だって、軍人のトップの考え方が村山元首相や朝日新聞記者だと思うと本気で日本から逃げ出したくなりますよ。

人よりも愛国心が強いぐらいが丁度良いです。
狂想 #-|2008/12/15(月) 23:35 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/256-29ab8624

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。