狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

有権者は猿である

2008/11/05(水) 21:52:26




大衆愚弄する朝三暮四の策
無職 西岡 朗(川崎市宮前区 78歳)


 中国の古典に「朝三暮四」という故事がある。
 春秋時代、宋の国の猿回しが飼っている猿に餌として朝に三つ暮れに四つのトチの実を与えようとしたところ、猿たちは少ないと怒り、朝に四つ暮れに三つとしたら大いに喜んだ話である。

 麻生首相の定額給付金の支給にからめた3年後の消費税引き上げの政策提案で、この故事を思い出した。
 定額給付金の支給は朝に四つ、3年後の消費税増税は暮れに三つというわけである。

 定額給付金の支給は、「朝三暮四」を21世紀のこの国の政治に引き移すと、有権者を猿に見立てて選挙の票を買うという構図になる。
 いかにも大衆を愚弄するこの政策は、セレブな世襲政治家が高級ホテルのバーで葉巻をくゆくらせながら構想したと思えば納得できるが、猿に見立てられては有権者も黙ってはいまい。

 とはいえ、麻生首相がマンガばかり読まず、少しでも中国の古典に接していれば、今回の提案はもう少し違った形になったはずである。

(2008年11月5日 東京本社版)


せんせ~い!
朝三暮四なんていう比較的ポピュラーな故事を、サブカル大好き総理が知らないとは思えません。

これって、中国の古典に接していなくても一般常識として知っていてもおかしくないレベルです。
まさか、小学校や中学校で教わるレベルの事も内閣総理大臣が知らないと本気で考えているのでしょうか。

それなのに、この故事からの例えを完全に間違っている投稿者はいったい何なのでしょう?
初段での解説は正確なのに、どうして変な例えを始めちゃったのでしょうか。

もともと、この朝三暮四という故事は猿を面白がっているのであって、間違っても餌を与える側を批判してませんし、最終的に搾取が目的であれば暮三もおかしいですよね。
今回の政策提案は、餓死寸前の若者に食べ物を恵んで、体力が回復したら労働で返してね♪ってことでしょう。

根本的に猿と猿回しの関係ではないと思います。

また、<猿に見立てられては有権者も黙ってはいまい>も何も猿に見立てたのは投稿者ご本人ですよねぇ~。
勝手に消費税引き上げの政策提案を朝三暮四に例えておいて「私たち有権者を猿に見立てるなんてケシカラン!」と一人で立腹する投稿者。

何処の酔っぱらいですか?
居酒屋などに行くと希に見かけますよね。一人でリアル例え話をして一人で怒る人って。

こんな酔っぱらいが居ないだけでも、ホテルのバーで飲む価値はあります。
もしも、麻生首相が居酒屋で酒を飲もうものなら、数パーセントの確率でこんな酔っぱらい達とエンカウントしちゃいそうです。

そして、「だったら、定額給付金の支給なしで増税したら良いのか?」と逆ギレしようものなら、「高級ホテルのバーで葉巻をくゆくらせるようなセレブな世襲政治家は私たち庶民の苦しみを理解していない」などと言ってクダを巻くのでしょう。

論争するだけ時間の無駄ですね。
初めから落としどころなんて存在しない訳ですし。

あっ、そうそう。
<麻生首相がマンガばかり読まず、少しでも中国の古典に接していれば>と投稿者は漫画ばかり読まずに中国の古典を読めと首相に揶揄していますが、麻生太郎外務大臣(当時)が実行委員長を務めた第1回国際漫画賞の大賞作品が『孫子兵法(Sun Zi's Tactics)』だったりします。

おお、漫画なのに中国古典もカバー。
萌え専門のオタクはどうだか知りませんが、漫画オタクをやろうと思うと数々の予備知識は必要になってくるんですよね。

宇宙論から心理学まで、あらゆるジャンルの入門書ぐらいの知識がなければオタクになんてなれませんよ。
このシーンはあの逸話をモチーフにしているんだなぁとか、あのパラドックスをこういう解釈で乗り切ったかとニヤニヤするのが楽しいんじゃないですか。

閑話休題。

まぁ、なんというか中国の古典に接していた場合に提案できる<もう少し違った>形が気になって仕方有りません。
この投稿者が以前に主張した<骨太の良き世界市民>といい、イマイチ正解の形が分かりにくいんですよね。
微妙な投稿TB:0CM:7
コメント

>漫画オタクをやろうと思うと数々の予備知識は必要になってくるんですよね。
呉智英が似た様なこと言ってましたよね(収録書名忘れた;)、確か
「マンガを研究するにはマンガを読める程度の知性じゃ足りない」
だったかな?


水識 #-|2008/11/09(日) 23:30 [ 編集 ]

消費税上げたらおそらく自民の勝ちは無くなる

でも、次の与党が元に戻すかと言えば微妙
無明光 #CofySn7Q|2008/11/10(月) 07:40 [ 編集 ]

>イマイチ正解の形が分かりにくいんですよね。
そんなものは無いんだと思いますよ、単に自分の嫌いなものを叩いてるだけです
建設的要素ゼロ、評論家の方がまだマシ

ていうか何で多いんでしょうね、この手の
他人のやることにケチつけたら(対案は出さない)、
自分はちゃんとやるべきことをやったつもりになる奴って

無明光さん>
>でも、次の与党が元に戻すかと言えば微妙
そこはほら、「前政権の負の遺産をせめて有効に使おう」と在に(ry

ていうかニュース見る限り麻生はちゃんと説明してるよな、
少なくとも現野党勢力よりは
鳥巣狩り #-|2008/11/10(月) 09:56 [ 編集 ]

あれですよ。きっと一人ノリ突っ込みなんですよ
有権者なんて猿みたいなもんでして…って誰が猿やね~ん!
っていう。
それを紙面でやっちゃえるのが凄いですよね。全く恐れ入ります

まあ、実の所は投稿者だって「違った形の提案」なんて持ってないのでしょう
批判の為の批判、対案なき反対、理想の為の理想論、いつものことです
マスコミも野党も居酒屋の酔っ払いと変わらない、ってのは恐ろしい事ですね
FSM #wjmC3HJQ|2008/11/10(月) 21:06 [ 編集 ]

>セレブな世襲政治家が高級ホテルのバーで葉巻をくゆくらせながら構想したと思えば納得できるが

うーむ、なんなんだろうなぁ、この手の妄想力たくましい投稿って・・・

774 #EBUSheBA|2008/11/11(火) 06:22 [ 編集 ]

まーた性懲りもなくセレブ批判ですか。いえ、私も麻生さんの人となりや外相時代の立ち回りなんかは好きでしたが、正直この経済対策はどうなのよ・・って感は否めないんですがね^^;
この投稿者は単に消費税上げられたくないだけなんじゃあ?飴だけよこせとはさすがに言えないから理論武装したんじゃないですかね
愛読者 #-|2008/11/11(火) 15:54 [ 編集 ]

そういえばここにコメント忘れてた

朝三暮四は「すぐ変わること」?=鳩山首相、朝令暮改と勘違い

 鳩山由紀夫首相が22日午前の衆院予算委員会で、中身は同じなのに巧みに変化があったようにごまかすことを意味する故事成語「朝三暮四」を、命令がころころと変わることを表す「朝令暮改」と勘違いし、質問した自民党の茂木敏充幹事長代理から言葉の由来と正しい意味について「講義」を受ける一幕があった。
 茂木氏は、政府が今年度の第1次補正予算で凍結した財源を第2次補正に回したことを批判した際、「朝三暮四という言葉をご存じか」と質問。これに対し、首相は「知っている。朝決めたことが、夜すぐに変わるという意味、物事をあっさり変えてしまうことだ」と自信たっぷりに答えたが、茂木氏に「それは朝令暮改」とすかさず切り返され、出席者の失笑を買った。
 朝三暮四は、宋の狙公が飼っていたサルに木の実を「朝三つ、暮れに四つ与える」と告げたところ、サルが不満を示し、狙公が「朝四つ、暮れ三つ」と言い換えるとサルが喜んで受け入れたという故事に由来する。 (2010/01/22-10:39)

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201001/2010012200271
逆噴射 #-|2010/01/28(木) 11:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/255-9c16775f

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。