狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

総理の他人事な発言

2007/04/19(木) 17:33:42




テロへの怒り 首相ないのか
無職 大林 義敬(千葉県八千代市 68歳)


 伊藤一長・長崎市長が射殺された。
 米国の大学で多くの学生たちが射殺されたという報道が流れた直後である。

 どんな理由があろうとも、他人の生命を奪うことは許されぬ。
 我が国では銃の所持は許可されていないはずだが、この種の事件が後を絶たないのはなぜなのか。
 政治家へのテロも、90年の前長崎市長、96年の御嵩町長(岐阜県)、昨年の自民党元幹事長の実家に対するものなど、枚挙に暇がない。

 今回の事件に対する海外からの怒りや哀悼の言葉が早くも伝えられているが、日本の総理大臣の事件直後の言葉が気になった。
 曰く「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」。

 これは一体何なのか。
 民主主義と生命の貴さへの挑戦であるにもかかわらず、全くの他人事としか感じていない証だろう。

 最近では、加藤紘一・自民党元幹事長の実家が放火された際の小泉前首相の態度と照らし合わせても、自分たちに不利な立場の人間には実に冷淡である。

 伊藤市長は自民党の後押しで就任したが、核に対しては絶対に許さない姿勢を持っていた。
 だからなのであろうか。

 とすれば、テロに走る心情を真正面から非難できるだろうか。

(2007年4月19日 宮城版版)


いやいやいや・・・・
国のトップとして「捜査当局において厳正に捜査が行われ、真相が究明されることを望む」は適切な発言でしょう。

事の詳細が判明していない時点で、軽はずみな発言を行うほうが問題ですし、総理大臣は捜査の専門家ではないので「捜査当局に期待する」といった発言は無難なものではないでしょうか。

この無難な発言を「まるで他人事のようだ」と非難しているようですが、これ以上に無難な発言はそうそうないかと思います。
あとは「このような結末になったことに対して遺憾の意を表します」や「伊藤一長長崎市長のご冥福をお祈りします」ぐらいしかないでしょう。

少し意見を言えば「これは民主主義への挑戦」や「言論を暴力で封じる事態は本来あってはならないことだ」などと言うことも出来ますが、どれが良いかは個人の好みの問題ですよね。

それとも、総理大臣がバリバリにワンマンで「暴力団は今日から非合法組織として壊滅し、暴力団が所有する全ての資財は国が責任を持って押収する!」「暴力団は全てテロ組織と認識し、米軍と協力して制圧する!」といった過激な発言がお望みだったのでしょうか?

距離を置けば「他人事」、距離が近すぎると「独善的」。
とかくに人の世は住みにくいですね。

しかし、この手の事件があった場合、どうやっても総理大臣は叩かれる立場にあるというのは、ある種問題ではあると思います。
この投稿の話だけではありません。

この投稿と同じような主張を普通にJ-CASTは行っていますし、鳥越氏も普通に非難していました。
何を言っても叩かれるのであれば、誰がわざわざ自分の政策と関係ない問題でマスコミの前に出てコメントすると言うのでしょう。

今では自分の意見をブログなどで発信できますし、政治家の一部はTVでの発言を控え、詳細は私の個人サイトを参照して下さいとマスコミを遮断し始めています。
何でも自分勝手に解釈・改ざんして報道するマスコミが行っていることは、緩やかに自殺しているとしか思えません。

また、<我が国では銃の所持は許可されていないはずだが、この種の事件が後を絶たないのはなぜなのか。>との一文もなかなかナイスですね。
おそらく、どっかの国が日本へと密輸出しているからじゃないんですか?

少なくとも、この拳銃の所持については安倍総理は真剣に関係ないのに、なんで入れちゃったのでしょう。
ひょっとして右翼団体が勝手に製造していて、それを自民党のタカ派議員が裏で指示しているとでも考えていたのでしょうか?

まぁ、<核に対しては絶対に許さない姿勢>を長崎市長は持っていたから、安倍総理は冷淡な反応しか見せないのだろうと下種な勘ぐりをする投稿者のことです。
与党の人間は漏れなく右翼で暴力的で戦争したくて核武装したくて、其の為ならば人の命なんてどうでも良いと考える非人道的な集団であると妄想していてもおかしくはないですね。

私から見ると、少なくとも安倍総理は右翼でもタカ派でもなく、単なる根性なしでその場しのぎな発言を行う総理というイメージなんですよ。

米ニューズウィーク誌のインタビューに応じ、「慰安婦の方々に人間として心から同情する。日本の首相として大変申し訳ないと思っている」と発言した上で、河野洋平官房長官談話を継承する考えを重ねて表明したりと拉致問題以外に関してはリベラルだと思うんですよね。

さてさて、訪米という短いタームでは有効な発言だとは思いますが、またいらない災種を撒いたような気がしてなりませんね。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/246-73f7f865

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。