狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/06 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/08 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

人権教育こそが犯罪の抑止力

2008/06/13(金) 01:17:02

ちょびっと自分の中の死刑観を書いてみたり。





死刑ではなく殺さぬ教育を
会社員 北村 ちひろ(名古屋市北区 34歳)


 秋葉原の無差別殺傷事件を受け、鳩山法相は死刑制度の必要性を強調していた。
 しかし、私は法相とは逆のことを思った。死刑制度が抑止力になっていないのだ。

 今回の容疑者も、これだけの事件を起こせば死刑になることくらい分かっていただろうが、躊躇しなかった。
 他人の命と同様、自分の命も大切に思っていないのだ。

 しかし、私はあえて容疑者を死刑にせず、どんな人も殺さない姿勢を国が貫くことで命の大切さを子どもたちに教え、命を奪うことのない社会をつくりたいと思う。
 だから我が子にも、「殺したら殺されるよ」はなく「絶対殺してはいけない」と伝えたい。

 そのお手本に国がなってほしいのだ。
 死刑制度ではなく、地道な人権教育こそが犯罪の抑止力になると信じている。

 傷ついた遺族の傷が癒える日まで、手厚い保護が受けられるよう、国は被害者救済に全力を尽くしてほしい。

(2008年6月13日付 名古屋版)


死刑になると分かっていても凶悪犯罪を犯す人間がいるので、死刑制度が抑止力になっていないのだそうです。
ちょっとすると流してしまいそうな主張ですが、これが正しいのであれば全ての刑事法は抑止力にならないということになります。

こりゃあ、憲法9条方式に刑法を書き直す必要がありますね。
「~をした者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する」ではなく、全ての条文を「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し(中略)永久にこれを放棄する」とすることで絶対に犯罪が起きない夢国家となることでしょう。


しかし、そんなもので犯罪がなくなる訳がない以上、禁を犯した者には結局なんらかのペナルティを課すしか方法がありません。

そして、刑罰を重くすればするほど抑止力が働くことは、過去の飲酒運転発生率と今の飲酒運転発生率を見れば一目瞭然ではないでしょうか。
まっとうな判断力を持つ者ならば、罪を犯すことで得られるメリットと、捕まった際のリスクを天秤にかけて躊躇してしまうはずです。

確かに、今回の容疑者のように頭が具合が悪い人間相手だと、死刑制度による抑止力が働かないことは認めます。
しかし、その他大勢の「まとも」な人間相手には確実に効果がありますし、窃盗や強盗を生業としている悪人であっても、基本的に「殺し」をやらない理由となります。

それに対して投稿者が掲げる<どんな人も殺さない姿勢を国が貫くこと>で一体誰が得をするというのでしょうか?
死刑制度を廃止する代わりに、本来であれば死刑になる人間を新薬の実験体に使うというのであれば納得もしますが、他の凶悪犯罪と同じような罰則にしようものなら、誘拐などの凶悪犯罪を犯した者は「殺しても殺さないでも一緒」という思考になって、誘拐した相手を口封じに殺しかねませんよ。

死刑問題は国家単位の行動とと個人の行動を対等に考えるから訳がわからなくなるのです。
「国家が殺人者を殺害する矛盾」に対する解は、よく思春期な奴らが主張する「なんで牛や豚は殺しても良いのに、人間を殺したら駄目なんだよ!」との問の解と同じものではないかと私は考えています。

まず、殺人が許されない理由は「あるコミュニティに属する一員が、個人の勝手な理由でその構成員を殺害していってしまっては、コミュニティ自体が崩壊してしまうから」であり、国家が殺人者を殺害する矛盾への解は「コミュニティの構成員を酌量の余地無く殺害するような人間はコミュニティ全体の敵であり、コミュニティの代表者は全体の安定の為にも総力挙げて敵を排除しなければならない為」だと考えてます。

つまり、日本で日本人として生きていきたいなら、日本と関係のある人間を殺すなってことです。
その為、<「殺したら殺されるよ」はなく>「殺したら殺される覚悟を持て」が正しい解釈ではないでしょうか。

しかしながら、相手が小さい子供であれば、投稿者のように<「絶対殺してはいけない」>が正しいとは思います。
そして、成長と共に殺人罪への疑問の解を個人で見つければ良いのです。

しかし、<地道な人権教育こそが犯罪の抑止力になると信じている>と投稿者は主張していますが、アホみたいに平和教育や人権教育に力を入れている広島県が、少年犯罪発生率全国1位だったりするのはどういう訳なのでしょう?
大阪の人権教育もかなり気合いが入っていますが、軽犯罪発生率では他都道府県の追随を許さない出来です。

それこそが、子供への罰を怠った結果だとしか思えません。
人間・・・特に子供なんて痛みを与えなければ、楽な方へと流れるに決まっているのです。
将来への打算を考えない時期であれば、なおさらです。

そして、人権教育なんてものは、恵まれた者の理想論でしかないことも理解して欲しいものですね。

今回のようなケースですと、容疑者の感情をより一層に荒れさせるような気がしてなりません。
少なくとも本人は自分の容姿に酷くコンプレックスを持っていたそうですし、そんな中「人は生まれながらに平等・・・」なんて教育を徹底されようものなら、より一層「自分は人間以下」という考えを持ったのではないでしょうか?
微妙な投稿TB:0CM:9
コメント

死刑廃止論は単純にバカとも言い切れないものだと思ってるので,今回のはあまり楽しめませんでした。
ちんこ #nLnvUwLc|2008/06/16(月) 01:30 [ 編集 ]

死刑廃止論は馬鹿でしょう。死刑に代わる代替案を出さない時点で。終身刑、って案を出すのが一番まともっていうんじゃあ…
今日の電波マニア #-|2008/06/16(月) 03:13 [ 編集 ]

軽微な犯罪ですら後を絶たない、と言う点から見て、この投稿者の論は今一つアレゲなような。

個人的に終身刑の創設には賛成ですけどね、最高刑としての死刑廃止はしない、と言う条件で、ですが。
理由は「無期懲役と死刑の間が飛躍しすぎている」からです。
ただその前に、終身刑は受刑者が生きている限り「税金で養う」形になる訳ですから、終身刑が適用されるような重犯罪者を税金で養うことの是非についても、議論がなされるべきだと思うのですがねぇ。
というか、刑のあり方全般というか刑罰のシステムをどうするかについて、まっとうに議論されてないのが、何と言うか・・・
妙な感情論が先走っちゃってるんじゃぁねぇ・・・
774 #-|2008/06/16(月) 05:21 [ 編集 ]

データが手元にあるわけではないので感覚の話ですが、
最近の事件は刑法39条『1心神薄弱者ノ行為ハ~』が適用されすぎてる気がしてなりません。

仮に死刑廃止をするのであれば終身刑に加え39条適用の条件を厳しくすべきではないでしょうか。ある程度は仕方ないのでしょうがこれが犯罪抑止力になるとは到底思えません。
のり #-|2008/06/16(月) 07:55 [ 編集 ]

むしろ人権屋は、
人権が犯罪組織に利用されてる事を憂慮すべきだろ。
  #-|2008/06/16(月) 22:35 [ 編集 ]

理想だけで人が、国が治まるんなら貧困も犯罪も戦争も、ずっと昔に無くなってるでしょうね
事実であって欲しいことと、事実であることを混同するのは、こういう方々の悪い癖だと思います
August #wjmC3HJQ|2008/06/16(月) 23:09 [ 編集 ]

でも死刑ってだいぶ人道的な刑だよな。
一人安楽な道へ進むことを許すんだから。
一瞬で死ねるし

それこそ拷問刑みたいなのがあってもいいとおもうんだけどなー

おま #NAijnZeA|2008/06/17(火) 08:53 [ 編集 ]

私は現行の死刑制度は抑止力は無いと思います。
何故なら死刑囚を手厚くもてなしているからです。
(しかも国民の血税で)
抑止力を発揮させるには死刑判決が出た当日に刑を執行すべきだと思います。
そして公開かつ残虐に処刑するべきです。
あと死刑廃止派は刑務官の人権問題まで引き合いに出されますがお節介もいい所です。
仕事が嫌だったら退職すれば済む話で不景気の世の中どんな仕事でもやりたい人がいるので無理して職にしがみ付く必要は無いです。
ましてや刑務官は国家公務員だからやりたい人はごまんといます。
そんなに刑務官の人権を慮ってくださるのなら刑の執行を死刑囚にやらせればいいんですよ。
モハメド・アル・サガミ #1oojPXug|2008/06/29(日) 12:31 [ 編集 ]

モハメド・アル・サガミとやらの投稿…

これは酷い
の #m6Wy9BFE|2009/09/10(木) 16:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/236-e6c9e243

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。