狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

良心的脱走(笑)

2008/04/18(金) 00:48:12

そろそろ「違憲判断と違憲判決」の違いを理解できていない投稿を扱いたいのですが、その前に少し面白い投稿がりましたので紹介します。


良心的脱走も 逮捕するのか
作家 立花 薫(東京都江東区 37歳)


 日米両政府は、米側が脱走兵と認定した米兵について、すべて日本側に通知することで基本合意した(5日朝刊)。
 その結果、脱走の意思が明確な場合や30日以上所在が分からなくなった米兵を脱走兵とし、都道府県の警察に逮捕要請されることになった。

 3月19日に神奈川県横須賀市で起きたタクシー運転手殺害事件で逮捕された容疑者が脱走兵であったことを受けて決定されたのだが、国民的議論も経てない拙速な決定ではなかったか。

 すべての脱走米兵が犯罪行為を行うとは限らないだろう。
 そうした検討は必要なかったのだろうか。

 在日米軍基地から戦場に送り込まれる米兵が、自らの死傷を恐れ、または他者を殺傷することを嫌って実行する良心的脱走と呼ぶべき内容の脱走もありうる。
 そのようなケースでも日本の警察は脱走米兵を全力で捜索・逮捕するのだろうか。

 日本国憲法の前文には「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、生存する権利を確認する」とある。
 今回の合意はこの憲法の精神に反しているのではないかと心配する。

(2008年4月18日付 東京版)


良心的脱走ですか?

それは、ショッカーによって改造されたものの、組織を抜け出し怪人を倒す仮面ライダー1号のことでしょうか?
それとも、「僕が一番ガンダムを上手く扱えるんだ」とガンダムを持って脱走したアムロのことでしょうか?

しかし、志願制の米軍において良心的脱走兵なんて存在しないですよね。
本当に良心的な脱走兵は、除隊願を提出した上で軍から逃げていますよ。

いや、仮に100歩譲って、除隊を認められない為に脱走したというケースがあるとします。
その場合でも、何を以て良心的か良心的でないかを判断するのでしょうか?

良心的だったならば、日本が保護するなんて決まろうものなら、脱走兵の全員が「ヒトヲ コロシタク ナカッタノ デス」と主張しちゃいますよ。
だいたい、<すべての脱走米兵が犯罪行為を行うとは限らない>も何も、脱走した時点で犯罪行為を働いているではないですか。

そして、彼らが良心的であろうとなかろうと、軍隊を抜け出した外国人が国内を不法に彷徨っているなんて、近辺住民にとって恐怖以外の何ものでもありません。
言い方は悪いかもしれませんが、あちらの軍人さんは知性溢れるナイスガイか、頭の悪いチンピラかの2択ですよ?いや、マジで。

そして、脱走する人間にどちら側の人間が多いかが問題ですよね。
まともな思考をした人間が脱走を選択するかどうか・・・・

また、<国民的議論も経てない拙速な決定ではなかったか>と投稿者は主張していますが、アメリカ兵が犯罪を犯す度に、地位協定がどうだの隠匿がどうだのと文句を言うのも、市民側の国民ではないのでしょうか?
今回の主張は左側でもかなり特殊な主張であるとしか思えません。

どの思想の持ち主でも、今回の逮捕要請に反対する人物はいないだろうと、考えていた私の斜め上を行く方がいらっしゃったんですね。

確かに<日本国憲法の前文には「われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、生存する権利を確認する」>とありますが、それでも日本国民の生命を守ることの方が大事でしょうし、軍属でなくても就労ビザを無視して海外に滞在しようものなら、普通に犯罪者ですよ?

これが許されるのであれば、就労ビザが切れているのに働き続ける外国人や、就学ビザで日本に来ておいて、そのまま行方不明になった外国人を捕まえることもできなくなってしまいます。
やはり、どう考えても逮捕されて当然なんじゃないですか?

今回のケースでは、正当な理由なく行方不明になった米軍兵がいたにも関わらず、タクシー運転手が殺害されるまで、日本の警察にすら連絡が入っていなかった事が問題だったりするんですよね。


それはそうと、この自称作家という投稿者が気になって仕方ありません。
amazonで検索をかけてみても、今現在も活動をなさっている「立花薫」さんが見つからないんですよね。

ライトノベル作家だという噂もありますし、ひょっとしたらこのシリーズを書いていた人でしょうか?
情報求めます。
微妙な投稿TB:0CM:6
コメント

この投稿者は平和な国に住んでてよかったねぇ。

韓国では武装したまま脱走を図り、同情してくれた市民を巻き込んで追跡班と銃撃戦を繰り広げた挙句、巻き込まれた市民と脱走兵は死亡、なんて事例を韓国人から聞いた事があるんだが。

そんな話を聞いても「良心的逃亡」だのなんだと言えるのだろうか。


まぁ言うんだろうな。
774 #-|2008/04/22(火) 06:12 [ 編集 ]

>これが許されるのであれば、就労ビザが切れているのに働き続ける外国人や、就学ビザで日本に来ておいて、そのまま行方不明になった外国人を捕まえることもできなくなってしまいます。

狙い、これなんじゃね?w
おま #NAijnZeA|2008/04/22(火) 16:50 [ 編集 ]
ラノベ作家?
ラノベ作家の立花氏は現在東大大学院の研究生で1998年に作家デビューとあります。
売れていないのかWIKIにも引っかかりませんでした。同一人物だとすると28~29才で東大の研究員がラノベデビューの二足の草鞋は難しいかと思います。てか、現在37才なら助手くらいにはなっていないと収入の面と出世の面で厳しいと思います。
違う人物じゃないかと推測できますが、データが足りませんでした。
かがみ屋 #WdM.VUD2|2008/04/23(水) 00:25 [ 編集 ]

かがみ屋様>
逆にあり得るのではないかと
・ラノベデビュー作の著者紹介では翻訳や雑誌執筆の前歴がある。デビューまではこれで収入を得ていた可能性がある
・1990年代はラノベ乱立期と言ってもいい状態。各レーベルともとにかく書き手を集めまくっていた。現在と比較すればラノベデビューは容易と思われる

それとX文庫の最終巻著者紹介では「研究生を修了」となっています(かがみ屋様が仰るところの「現在」は「初版発行時点」です)。

いずれにしてもビブリオグラフィが2001年8月(文芸社刊『閨房師瑞庵秘帖ほか』が氏の著作であるなら2002年5月)で止まっている状態では推測でしかありませんが。
暇人 #CyzmAJfY|2008/04/23(水) 18:19 [ 編集 ]

http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage193.htm
良心的脱走…ねぇ…
今日の電波マニア #-|2008/04/25(金) 12:39 [ 編集 ]

この手の連中って、ホント~に自分に都合のいい解釈ばっかりする輩ばかりですね。(苦笑)
こんな投稿ばっかり読んでいるとこっちまで
脳が侵されてきそうです。
今日の電波マニア #-|2008/04/28(月) 00:27 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/228-67716708

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。