狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

嫌だ!イヤだ!I☆YA☆DA☆

2005/08/14(日) 16:56:44




嫌だ 嫌だ!! 嫌だ!!
主婦 三村久美子(埼玉県戸田市 30歳)


 恐ろしい夢を見た。

 主人が戦地へ行くという。
 突然のことに私の頭の中はパニック。

 「え、戦争!? 日本が、そんなバカな!! いつから? それで何で主人が行くの!?」。

 思い浮かぶのは悲惨な戦争の写真や映像。
 主人はあんな所に行くのだろうか。

 死んでしまうかもしれない。
 もう会えないかもしれない。

 嫌だ。嫌だ!! 嫌だ!!

 ハッと目を覚ますと、隣にはおだやかな顔で寝息をたてている主人と娘の姿があった。
 ホッとして安堵のあまり涙がにじんできたが、胸にはまだ夢の中の強い感情が残っていた。

 「戦争が始まってしまったら、一般人の私にはそれを止めるすべはない。なぜこうなる前に『戦争反対』と声を上げなかったんだろう」。

 もう取り返しがつかないという深い深い後悔。
 平和な日常の中のどの瞬間にも、それを守るためにできることがあったはずなのに……と。

 終戦の日を前にして思う。
 大切な人を失いたくない。

 夢で感じた絶望感を、現実には味わいたくない。
 戦争、絶対反対。

(毎日新聞 2005年8月14日)


まず、突然発生する戦争が侵略戦争な訳ないんですけどね。
国民も知らない内に戦争になっているなんて、間違いなく他国から侵略されている状態ですよ。

毎回毎回のことですけど、何で戦争反対と声を大にして叫んでいる人たちは、必ず日本が侵略すると思っているのでしょうか?
今の国際情勢をみて、日本が侵略戦争を起こすメリットなんてないですし、近代戦争を行う上で生産率を下げてまで国民徴集を行う必要性もないでしょう。

しかし、日本から他国へと侵略するメリットがなくても、日本を侵略したがっている国は日本の周りにいたりします。
リアルタイムでチベットを侵略している中国やら、実際に拉致までしていた北の国をはじめとして、世界最高レベルの技術を有し、世界有数の海産資源に大国に睨みが利く立地条件。

その上で、大多数の国民が軍事アレルギーときたら、これほどローリスクハイリターンな支配はないですよ。

だからこそ、少しでも侵略したら痛い目を見ると他国に思わせる必要があり、大切な人を失いたくないからこそ、日本の防衛力の強化が必要なわけです。
事実、日本の国防力が舐められているからこそ、拉致問題は起きたのですし、日本船を狙って海賊行為をする船が現れるのです。

って、夢の出来事をわざわざ投書しなくても良いですよね。
夢の中の出来事にいちいち、噛みつくのもアレですが、どういう民間人を投入されている段階で、日本本土に敵さんが来襲しちゃってますから、もう日本はダメかもしれません。

確率的に考えて、主人の身の安全よりも奥さんの身の安全を考えなければいけない危機的状況じゃないんですか?この場面は。

<思い浮かぶのは悲惨な戦争の写真や映像>
おそらく、奥さんの傍まで悲惨な状態が近寄っています。

<主人はあんな所に行くのだろうか。 >
あなたの傍まで「あんな所」が近づいています。
本土戦にもつれ込んでいる可能性が高い以上、下手したら軍属にいるほうが地獄を見なくてすむ場合もあります。

どうして、女性はいつもいつも戦いは男だけだと勘違いしているのでしょうね。
ある意味、沖縄戦の教訓を何も得てないですよ。

別にアレは日本軍を叩くためだけに学ぶものではないでしょう。

まぁ、夢の出来事なら、夢日記にでも綴って夢占いでもしたほうが、よっぽど精神衛生的にも良いと思いますよ。



しかし、念仏唱えていて戦争回避できるなら、とっくの昔に世界中がやっているでしょうね。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/216-3c5b81cf

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。