狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/10 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/12 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

子どもたちに考えさせる教育はしない

2005/08/25(木) 16:51:50




子育てにおける父親の役割とは
レコード店経営 田辺 浩三(高知県高岡郡 50歳)


 母親は子どもの身の回りを世話し、食事を作り、「勉強しなさい」を唱え、学校に送り出す。
 父親は仕事をし、お金を稼ぎ、家族を守りはするが、一般的には子育ては苦手。

 夏休み中に中三の娘から質問を受ける。
 「自爆テロって何?」
 「宗教がカルト化し、絶対的に正しいと洗脳しては、その教団や宗教が支配している国に敵対する勢力や人々に対し、自分の命を引き換えに爆弾を抱え攻撃することだよ。最近のロンドンでの事件やニューヨークでの9・11事件がそれだよ」

 「じゃあ、日本では、そんなことがないの?」
 「戦時中、神風特攻隊は戦闘機に爆弾を積み、敵艦に『靖国神社で会おう』と言い残し、体当たりしたし、オウム教団も地下鉄サリン事件を起こしたし、これらが日本での自爆テロかな?どっちにしても、宗教と政治が結び付くと良くないね!」

 「では、どうして日本の政治家は8・15に靖国神社に行くの?では、どうして小泉首相は自分の考えに反対する仲間の選挙区に刺客を送り込み、落選させようとするの?」などなど、その日は父親が社会科の先生になって、娘に世の中のありさまを説明する。

 母親にできない父親の子育ての役割とは、社会の真実を伝えることも一つ。
 今、学校の社会科の先生は暗記させることで精いっぱいです。

 政治や宗教、日本の戦争犯罪については、後で問題にされる心配もあり、子どもたちに考えさせる教育はしない。

(高知新聞 2005年8月25日 )


自爆テロが何か知らない人間に対して、<最近のロンドンでの事件やニューヨークでの9・11事件がそれだよ>とは、説明下手にもほどがあります。
ロンドンでの事件を知っているならば、自爆テロが何かくらい絶対に解っているでしょう。

また、靖国問題を知っていて自爆テロが何か知らない中3の娘も、少しばかりミステリアスが過ぎます。
しかも、上記のような説明で自爆テロが何か理解できるのも摩訶不思議です。
先天的に理解力がありすぎですよ。

このファミリーは本当に存在しているのでしょうか?
そう思い『田辺浩三』ググってみたところ、大変興味深いものがヒットしました。

音楽提供館一心堂・店主
小夏の映画会・代表
平和資料館・草の家・加盟者・・・・

その中で、小夏の映画会と草の家がとても気になりますよね。

そこで詳しく調べてみたところ、小夏の映画会・代表の田辺浩三からは年齢と住所の一致が見られたため、おそらくご本人で間違いないかと思われます。

また、草の家が発行しているメルマガに小夏の映画会の田辺浩三からの寄稿があるなど、何らかの関連性を見出すことができました。

そこで活動内容を調べてみたところ、映画会の理念には『文化・芸術の振興学校教育・社会教育の推進 人権の擁護または平和の推進』とあり、怪しいけどマトモかもしれないという期待が持てたのですが、草の家の活動内容を見て「アウトだな」と確信しました。

活動内容・・・「すべての武器を楽器にしよう・ピースライブ」「イラク侵略戦争反対・自衛隊撤退ピースアクション」・・・

そして、事務局長に『東アジア共同ワークショップ共同代表』である金英丸さんがいるなど、なかなか高レベルな団体のようです。

このような団体に所属している方(絶対ではないですが)が言う社会の真実とはいったい何なのでしょうか。

無防備な民間人を攻撃目標にしていなかった神風特攻をテロと言い切り、靖国に行けるから特攻した訳でもないのに、特攻隊の精神を宗教問題に矮小化する人間の言う真実ですから、たいして期待はできないでしょうけど、気になるところです。

だいたい、地下鉄サリン事件を『自爆』テロと言っている段階で、中学生の言う真実以下な気がします。
そのような人が投稿した最後の主張が、この夏一番の恐怖を私にもたらしてくれました。

<政治や宗教、日本の戦争犯罪については、後で問題にされる心配もあり、子どもたちに考えさせる教育はしない>

<子どもたちに考えさせる教育はしない・・・>!!!
ね?恐ろしいでしょ?
微妙な投稿TB:0CM:1
コメント

>後で問題にされる心配もあり、
>子どもたちに考えさせる教育はしない
とりあえず『獣の奏者』(上橋菜穂子著)全4巻読め、
よかれと思って理屈を隠蔽し判断を置き去りにさせたら
どういう結果が待っているかよく分かるから
逆噴射 #-|2010/02/09(火) 15:16 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/215-c09632bc

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。