狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

稀代のマジック

2005/10/13(木) 16:28:23




戦争の道へ進む政治動向に不安
無職 古館勝彦(札幌市厚別区 61歳)


 先の衆議院選の自民党圧勝で危惧していたことが、前原誠司民主党代表の登場と相まって、早くも急ピッチで実現しようとしている。
 その最大のものが、日本を戦争のできる国に変えようとする動きだ。

 七日朝刊によると、衆院選で自民党が圧勝したことなどで「政治環境が整った」として、政府は時期通常国会に「自衛隊海外派遣恒久法」案を提出予定という。
 また、憲法九条改悪を目玉とする憲法改正では、自民党内に「自民、民主両党が憲法改正に絞って『挙国一致』の大連立を組み、現在の衆院議員の任期中に改正を実現するべきだ」との声すら出始めたようだ。

 小選挙区制という希代のマジックで、衆院議席の三分の二の議席を占めた巨大与党が、これを千歳一遇の機会として、国の在り方を大きく変えようとしていることに、言いようのない憤りと恐れを覚える。

 「小泉さんが面白いから」と、自民党に投票した多くの国民も、まさか自分の投票結果が戦争への道とは思わなかっただろう。
 政治への注視が今ほど必要なときはないと思う。

(北海道新聞 2005年10月13日)


戦争への道とは思わなかっただろう・・・・って、なんか戦争をすることが確定しているかのような言い方です。
戦争が出来る国と戦争をする国は違うと何度言えば理解できるのでしょう。

警官が拳銃で人を殺すことが出来るからといって、暇つぶしにばんばん発砲なんてしませんよね。
それと同じことです。

なぜこの手の人たちは、軍隊と聞くと良識がない殺人集団だと無条件で想像するのか理解に苦しみます。

また、小選挙区制という稀代のマジックで~という節もなかなか良い味を出していますよね。
この投稿者は、小選挙区比例代表並立制が今回の選挙から突然現れたとでも思っているのでしょうか?

小選挙区制は、非自民である細川連立政権時に政治改革の一環として誕生した制度のはずなのですが、その辺りの記憶はもうないのでしょうか。
つまり、「民意が反映しやすく政権交代が可能な選挙制度」を目的として作られた選挙制度だったはずで、これで大敗した民主党は猛省すべきですね。

しかし、自民が勝った理由を「小泉が面白いからノリで自民に投票した有権者が多かったため」とは恐れ入ります。
単純に「面白い」だけなら、ジャスコ岡田のほうが上を行くと思うんですけどねぇ。

沖縄を中国の領土にしようとする法案を出していたんですよ。あの人。
まぁ、単純な面白さだけなら、お遍路姿の「今必要なのは政権交代かもしれない」な菅元代表には負けるんですけどね。

まぁ、何が言いたいかと申しますと、「面白さ」だけなら民主のほうが上であると言いたいわけですよ。
ネタとしては、TV討論会において2言で論破された党首がいる社民党も中々だったりしますし、政教分離の観点で靖国参拝を批判する宗教団体を母体に持った公明党も面白いです。

本当に日本の政治は面白いぜ。

なんで、こんなにも高度なボケを政治生命をかけて行ってくれるのか・・・・
ひょっとして、人々に笑顔を振りまきたいのでしょうか?

自らをピエロとすることで、民衆に政治的興味を持たせようという思いやりでしょうかね。

微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/212-7e739088

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。