狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ミサイルは洩れなく非核の意思に反する

2007/09/08(土) 02:17:58




ミサイル防衛 日本に必要か
著述業 西田 勝(千葉県浦安市 78歳)


 8月31日朝刊一面の記事を見て驚いた。
 防衛省が埼玉県入間の航空自衛隊基地に配置された迎撃ミサイルを、代々木公園、晴海埠頭など4ヵ所に展開、今秋にも訓練を実施すると。

 いったい、どこの国が米国の傘の下にある日本にミサイルを打ち込んでくるというのだろうか。

 亡くなった伊藤一長・長崎市長は、ミサイルへの対応を仮定した政府の「国民保護計画」に異議を申し立て、核攻撃に対しては広島や長崎の惨禍に見るように、どんな防衛も不可能であり、唯一の防衛策は日本政府の外交努力によって核兵器の廃絶を実現するほかないと主張していた。

 もともと自治体による非核宣言は、英国において核攻撃に対しては「民間防衛Civil Defence」(日本では「国民保護」というお為ごかしな用語となった)は不可能であり、核兵器の廃絶こそ必要として、まずマンチェスターやロンドンに始まり、日本にも波及し、現在、現在、日本では7割以上の自治体が非核平和宣言を行っている。

 ミサイル防衛とその展開は、自治体の7割以上に及んだ日本人の非核の大きな意志に真正面から挑戦するものだ。
 この意味のない、税金の厖大な無駄使いを必要とするノーの声をあげたい。

(2007年09月08日 東京本社版)


近頃の朝日読者は、「本紙社説を読んで驚いた」や「一面の記事を見て驚いた」などと、色々なことに驚きの連続であるご様子です。
今さら朝日の記事を見て驚かなくても・・・とは思うのですが、我々ウォッチャーの間での驚きと、どうも驚くポイントが違うみたいですね。

さて、前回の投稿者は「悪いのは日本、という教育が日本人から自信と誇りを奪っている」というメッセージを込めたビデオを中学の授業があると聞いて驚いていたみたいですが、この投稿者は迎撃ミサイルの訓練を自衛隊が実施しちゃうことに驚いており、秋の平和臭を醸し出していて良い感じではあります。

しかも、どさくさに紛れてミサイル防衛を核兵器と同列に論じたりと、秋なのに春のような陽気さが堪りませんね。
ひょっとして、ミサイルを核ミサイルで撃ち落とす手段をミサイル防衛だと勘違いしていませんか?

そうでないのならば、<サイル防衛とその展開は、自治体の7割以上に及んだ日本人の非核の大きな意志に真正面から挑戦するものだ>の意味が分らないんですよね。
どう考えても、非核という大きな意志を持つ日本が核を所持する他国と渡り合う為に、『核を無効化』できるという設定のミサイル防衛は有効な防衛カードとなりえると思うのですが、朝日的には日本のミサイルは守る為のものでも悪なのでしょうか。

まぁ、確かにミサイル防衛自体が100%の確率でミサイルを無効化できるものではないとは思いますが、それでも<核攻撃に対しては広島や長崎の惨禍に見るように、どんな防衛も不可能>は酷い話ですよね。

少なくとも<日本政府の外交努力によって核兵器の廃絶を実現>出来る確率よりは、よほど現実的なものでしょう。
また、最強の矛たる核を100%の確率で無効化できるシステムを仮に開発できたのであれば、千の言葉を費やすよりも容易に核兵器を廃絶できるかと思います。

いくら奇麗事をならべたとしても、世界が善人ばかりで構成されていない以上、今の核保有国が核を手放すはずがないではありませんか。
そもそも、<どこの国が米国の傘の下にある日本にミサイルを打ち込んでくるというのだろうか>と主張するように、アメリカという強大な軍事力を保有する大国の傘下にいるからこそ、今の日本は攻撃されないと投稿者本人が認めちゃっているんですよね。

その段階で、核もしくは強大な戦力さえ保持していれば『まともな国』は攻撃してこないということになっちゃいます。
それとも、国防面はアメリカに任せて、日本は浮いた軍事費を福祉に使おうという投稿ですか?

いったい何を主張したい文章なのでしょうか。

あっ、ちなみに「民間防衛」という意味である「Civil Defence」の正しいスペルは「Civil Defense」です。
「Civil Defence」だと意味が「民間無視」や「市民間の反抗的態度」(良い意味での抵抗は「civil disobedience」)といった『なんだかなぁ~』な意味になってしまいますよ。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/197-277c2972

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。