狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

一面的なプロパガンダ

2007/08/24(金) 23:38:44




誤った戦争観子に教えるな
会社員 岩瀬泰司(名古屋市天白区 23歳


 15日の本紙社説を読んで驚いた。

 「アジアの人々を白人から解放したい。日本の戦いには、いつもその気持ちが根底にあった」
 「悪いのは日本、という教育が日本人から自信と誇りを奪っている」というメッセージを込めたビデオを中学の授業で上映したらしい。

 怒りを通り越し、あきれ返ってしまった。
 こんなひどい一面的なプロパガンダを中学生に教えるなんて。

 南京大虐殺や731部隊に代表される殺戮を伴った侵略。
 青年たちの尊い命を平気で捨て駒として使うばかりの、ずさんな計画しかなかった軍部。

 このどこに誇りを持てるのだろうか。

 日本人としての誇りを持つことが難しいのは誤った歴史観からではない。
 政治家を筆頭とした大人たちが弱い者いじめをし、それを見て見ぬふりをしていることが横行しているからだ。

 日本人としての誇りを取り戻すためには、弱きを助け強きをくじく精神、義理人情の精神。
 そういった日本古来の文化こそが必要なのだ。

 間違ったことを認めるのは簡単ではない。
 しかし、自分の非を認めないほどかっこ悪いことはない。

(2007年08月24日 名古屋版)


一面的なプロパガンダを批判した直後に一面的なプロパガンダを展開。
怒りを通り越し、あきれ返ってしまいます。

全ての事柄におは、良い面もあれば悪い面もあることが常識なんですよね。
ただ、戦争などといった極端な政治活動においては、その一面性が顕著に現れるだけなのです。

それにも関わらず、戦後一貫して「何が何でも日本は悪であって、未来永劫に償いきれない原罪を日本人は背負わなければならない」なんて教育がなされていた以上、日本の良かった面を教える行為がバランスを守るという意味でも間違っているとは思えません。

少なくとも大東亜・太平洋戦争によって、白人至上主義な世界から新しい時代へと変わった訳ですし、絶対的な悪や絶対的な善なんてそうそう存在するはずがありません。
また、あの当時は力こそが正義の時代であり、弱いことが悪である時代でもあった点も考慮に入れるべきです。

そのような時代において、併合した地で教育を施す馬鹿正直な国なんて、むしろ頭が悪いレベルだったりします。
そして、根拠となる日本の残酷な例が南京大虐殺ですか・・・・

まぁ、731部隊に関しては諸説もろもろなので言及は避けますが、今さら南京大虐殺を持ちこまれても「お若いのに頭が昭和なんですね」としか言いようがありません。
今となっては、南京大虐殺と従軍慰安婦なんて言葉を出してしまっては、かえって論が胡散臭くなるだけですよ。

もちろん、一部の不良軍人がレイプや虐殺を行ったことまでは否定しませんし、捕虜に対する虐待があった事も否定する気はありません。しかし、それは一部であって全てでないことも事実です。

それでも、個人が起こした事象を挙げて個人が属する集団を批判するのであれば、「朝日新聞は女性を拉致って殺す新聞社である」「朝日新聞は朝日新聞拡張員の犯罪について謝罪と賠償を行うべき」との極論だってまかり通ってしまいます。

だいたい、青年たちの尊い命を平気で捨て駒として使うばかりの軍部と断言してしまう時点で、事実の一部しか見ていないんですよ。

青年たちの尊い命を捨て駒とした「特攻生みの親」と呼ばれる大西瀧治郎中将なんて、終戦が決定するや「特攻隊の英霊に曰す」で始まる遺書を遺して割腹自決し、介錯を付けず医者の手当てを受ける事すら拒み、特攻隊員に詫びるために夜半から未明にかけて出血多量で悶死するなど、それだけの覚悟を以て祖国を守る為「特攻は統帥の外道である」と無謀な作戦に出た軍部の人間だっているのです。

「軍部は馬鹿である。帝国軍人は残虐である」という一面的なプロパガンダに目を奪われていては、間違ってもこのようなエピソードを学ぶ気なんてないでしょう。

日本人として誇りを持つことが難しいとされるのは、上記のような一方的な歴史観があるだけではありません。
弱きを助け強きをくじく精神、義理人情の精神が誤って使われているからであるような気が私はします。

今、本当の弱者は誰でしょうか?
本当に義理人情の精神で付き合わなければならないのは誰でしょうか?

昔からある日本の美徳と西洋からの美徳が変な風に化学反応を起こしてしまった為、弱者という強者が情報や倫理を抑え、ただ集ってくる人間に義理を示しているからこそ、今の日本人は誇りを持てなくなってしまっているのではないでしょうか。

しかし、「自分の非を認めないほどかっこ悪いことはない」という人間ほど、絶対に自分の非を認めないんですよねぇ。
まぁ、23歳と成人しているにも関わらず「大人たちが弱い者いじめをし~」と、責任をすべて『大人たち』に擦りつけている段階で、まだまだ意見が子供なんですよね。

少なくとも、他の大勢の大人たちと同価値の選挙権を持っているのですよ。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/196-b30b2bf9

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。