狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

北朝鮮とイランの外交を見て憲法9条の遵守を思う

2007/08/22(水) 01:41:58




戦争回避に大切な外交と9条
理容業経営 松浦 庫治(長崎県佐世保市 87歳)


 誰でも戦争は嫌と言い、戦争には反対と言う。

 なのに、北朝鮮のきな臭い行動にわが国が何の対策もないようで、ミサイルが飛んできてもアメリカ頼みにはがく然とした。
 そこで日本の戦力強化なんて恐ろしい話が飛び出しかねない。

 竹島領有問題での韓国の行動、東シナ海ガス田問題での中国の行動に対してても足も出ない〝弱腰〟に見える日本外交。
 口惜しい気持ちと戦争への恐怖を抑えることができない。

 「世が世であれば……」なんて戦前の日本を懐かしがる。
 危険な懐古思想である。

 先の大戦に突入した時、我ら若者はためらいもなく、国のため、国民のためと一身を投げ出し戦場へ行った。
 そして多くの仲間が死んだ。

 切羽詰まったギリギリの開戦と思っていた。
 アメリカの経済制裁を受けても戦争に至らず、したたかに外交戦術を展開しているイラン、北朝鮮を見るとき、今にして(当時の日本に)ほぞをかむ思いである。

 戦争回避の外交の大切さ、憲法9条の遵守を思う。

(毎日新聞 2007年08月22日 大阪本社14版)


先週はいまいち良い投稿がなくて、久しぶりに更新できませんでした。
いや、変な言葉狩り投稿はあったのですが、変だったのは言葉狩り一点だったため、ツッコミを法的に通る形にできなかったりと色々と大変でしたね。

まぁ、そんな事情があったのですが、この投稿はなかなか意味不明で良い感じです。
あんだか、投稿者の主張が一文ごとにブレているような気がしてならないんですよね。

アメリカ頼みな日本の現状に愕然としたのに、日本の戦力強化には不安を覚え、日本を弱腰外交を批判しておいて、やっぱり強気な日本には危険な懐古主義だと批判するなど、だったらどうするんだ?という思いで一杯になるのですが、その疑問に対する投稿者の答えは憲法9条の遵守!

イランや北朝鮮の外交戦術を賛美する投稿者が出した、アメリカ頼みにならず弱腰外交にもならないで日本が進むべき答えが、なんで憲法9条の遵守になるのか?もはや凡人には理解できないロジックに驚愕すらしてしまいます。

イランも北朝鮮も武力放棄を謳った憲法があるどころか、どう考えても憲法9条の精神とは真逆の道を進んでいるのに戦争回避の外交を繰り広げている訳で、それなら9条が必ずしも戦争回避に必要という訳ではないってことにはならないのでしょうか?

イランや北の例が戦争回避外交の良い例だとすると、9条はむしろ戦争回避の邪魔にすらなるような気がしてなりません。
それとも、北やイランの兵器は奇麗な兵器で、何かを盾にした脅迫外交を行っていても、人類の平和を願うきれいな脅迫外交なのでしょうか?

確かに北朝鮮などは自国民を人質にするなど、ある意味ではしたたかな外交ではあるのかもしれませんが、その方法は大戦中の時代では通用しなかったかと思います。
確かにイランも北朝鮮も当時の日本に通じるものがあるかもしれませんが、その時の日本が「このままでは国民が飢えてしまうので、なんとかしてくれ!なんとかしてくれたら、会議の席に着くかもしれない」なんて主張しても、連合国としては「何言ってんだ?こいつ」でお終いですね。

まぁ、北朝鮮側としては今の状態を「先軍政治の賜物」としている訳で、本人たちも平和外交をしているなんて思ってないでしょうし、アメリカが手だし出来ない理由だって別に平和的な相手国のことを思ってではなく、何を持っているか分らないのに下手に刺激して自爆テロなどをされてはかなわないといった思惑があってのことでしょう。(北に関しては、それほど真剣にどうにかしたいとは思っていない感じではあります)

とは言うものの、アメリカ-イランに関しては過去には何回もやらかしてもいるんですよね。
全面戦争にはならないで済んではいるものの、2007年1月12日にはアメリカの武装部隊がイラク・アルビールのイラン総領事館を襲撃していますし、イランはイランで1983年以降から反合衆国な爆破テログループを支援していたりと、末端ではちょこちょこ反発しあっていたりします。

北はトップがアレで、イランは末端がアレなんですよね。
過激というかなんというか・・・・それに対するアメリカもイランに対しては直接的な恐怖によって、いつ全面的に攻撃しだすかわからないというか・・・・

それにしても、毎日読者であるにも関わらず北朝鮮がきな臭く感じられて、今の日本の外交が弱腰に見えるなんて、それだけでも評価したいところです。
ただ、国際社会においておそらく9条は役に立たないだろうなぁということは、イラン-アメリカを見てなんとなく感じ取ってもらいたいところですね。

どちらもチャンスがあれば、やる気ですよ。あれは。

微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/195-df983a4b

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。