狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

格差と貧困を解決する政策も示せない世襲政治家は負けて当然!

2007/07/31(火) 23:52:33

プライベートな話。
この頃、どうもダメなことが多くて何だかスランプ気味。

投稿文とは直接関係ないけど、ちょっと愚痴りたかっただけだから、許してね。


首相の姿勢に「ノー」の判断
年金生活者 大西五郎(名古屋市天白区 74歳)


 参院選で自民党が大敗した。
 年金問題への不審、世辞とカネの問題への怒り、相次ぐ閣僚の問題発言などの「逆風」もあったが、もっと根本的なところで国民は安倍政治にノーを突きつけたのではないか。

 戦後、日本は戦争を反省し、平和と民主主義に生きることを国の基本方針とした。
 安倍首相は就任後、戦後レジームからの脱却を唱えたが、戦後レジームの何がいけないのかを具体的に指摘できなかった。

 安倍首相は任期中の憲法改正発議を口にして、自分と同じような考え方の識者を集め、集団的自衛権行使についての懇談会も設置した。
 基本方針の平和主義、民主主義が気に入らないように見えた。

 さらに、愛国心や道徳を教育に取り入れろとも発言し、国会運営では強行採決を繰り返した。

 これらの言動や政治姿勢は国民に「いつか来た道」に戻るのではないか、との不安を与えたのではないか。
 しかも、格差と貧困を解決する政策も示せない世襲政治家には、国民の苦しみに思い至る気持ちがみられない-そんな国民の気持ちが、この結果をもたらしたのだと思う。

(2007年07月31日 名古屋版)


もしも国民が「いつか来た道」に戻ることに不安を感じたのなら、頑固に護憲!頑固に平和を掲げた社民党と共産党の議席が減ったことはどう説明つける気でしょうか?
だいたい、<年金問題への不審、世辞とカネの問題への怒り、相次ぐ閣僚の問題発言などの>「追い風」があった上に、格差が問題になっている昨今において、共産党の議席が減った事実こそが、いかに国民の多くが平和主義の胡散臭さに気付いているという証明にならないでしょうか。

そういう私も、共産党がカルト的に九条を守るなんて言わずに、純粋に労働者の権利を守る活動をしていたら、今回の選挙で共産党に入れたかもしれませんよ。
暴動が起きないのがおかしいとフランスから言われるレベルで格差が広がっていてもなお、共産党の議席が増えない理由を真剣に考えたほうが良いのじゃありませんか?

まぁ、今回は年金問題やその他の金に絡む問題が余りにも酷かったので、お灸を据える意味で自民以外の政党に入れた自民支持者も多かったでしょう。
住民税の増大にはさすがの私もブチ切れでしたしね。

給料明細を見て「ええええ?」と思ったのは久しぶりでしたよ。
そんな訳で、今回は私も自民以外に入れてみました。

所詮は参院選ですし、大局には影響ないですしね。

しかし、民主が選挙期間中に安倍が提唱する戦後レジームからの脱却について特に何も言っていなかったのに大勝し、それについて声高に唱えていた社民・共産は敗北。
一体、この投稿者は選挙速報の何も見てこの投稿を書きあげたのでしょうか。

確かに、社民党党首のミズホちゃんが何故だか自党は大勝した気分で自民を罵倒していたら、そう錯覚するのかもしれませんが、今回はあくまで民主が勝っただけであって、野党全ての党が勝った訳ではないんですよね。
むしろ、これだけの追い風の中で票を減らすなんて、本来ならば党首は責任を取らないといけないはずなのですが、なんでそんなに嬉しそうなのでしょう。
もう自民さえ負ければ、自党が敗北しても喜ばしいというレベルにまで追い込まれているのでしょうか?

結局、今回の選挙は自民にはお灸を据えないといけないし、かといって宗教政党は嫌だし社民は論外だし・・・・となった上での民主の大勝じゃないのでしょうか。
まぁ、総理大臣が政治家として頼りないというのもあったでしょうけどね。
微妙な投稿TB:0CM:3
コメント
増税
いつもお疲れ様です。スランプを乗り越えるときっと良いことがありますよ。

ところで本文の趣旨とは関係ないのですが、
>住民税の増大にはさすがの私もブチ切れ
増税を喜ぶ人はいないし、タイミングもなんだかお粗末だなぁとは思うのですが、中央から地方への税源移譲&財政赤字対策としての定率減税の廃止って、個人的にはある程度仕方がないのかなぁと思っています。

ブチ切れたのは単に自分の負担が増えたからでしょうか?それとももう少し深い理由が会ってのことでしょうか?
FFTV #-|2007/08/07(火) 23:03 [ 編集 ]

すいません。
全く深い考えなんてありませんでした。

いや、けっこう20代の少ない給料だと、1万違うだけでかなり印象が違って見えたりと、少し感情的になってましたね。

まぁ、今はちょっと金銭面的にも人間関係的にも法的にも色々と爆弾をかかえてて。。。
やっぱり、なんかスランプ気味です。。
狂想 #-|2007/08/09(木) 00:05 [ 編集 ]

まぁ自分に入るお金は多い方が嬉しいし
物を買うにしろ税を払うにしろ少ない方がいい
という考えはわかるんですが
今回の
「減税の廃止」を「増税」と表現する政党、マスコミ
に違和感を覚えますね

特に選挙期間中のマスコミは事実を伝えないで
印象操作に必死すぎる期がします
通りすがり #mQop/nM.|2007/08/17(金) 11:30 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/193-b2c412ea

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。