狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/03 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/05 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

著作権について

2007/05/14(月) 00:27:22

著作権法は、言論の自由の保護と著作権者の権利保護との調和を計るべく、公正な慣行に合致し、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内である限り、著作者の許諾なく著作物を「引用」することが出来るといった著作権に対する権利制限規定を設けました。

よって、当ブログでは著作権法32条1項が掲げる「引用」に該当するよう、投稿文を引用し、批評または批判を行っております。

では、どのような要件を満たせば「公正な慣行」であり「正当な範囲内」となるかが問題となりますが、最高裁判決であるパロディモンタージュ事件(第一次上告審・最判昭和55年3月28日)によれば、以下の要件を充足する限り、当該行為は「引用」として法的に認められると判示しました。

(1)公表された著作物であること
(2)明瞭区別性があること
(3)主と従の関係であること
(4)公正な慣行に合致していること
(5)目的上正当な範囲内であること
(6)出所の明示をすること

当ブログでは上記の要件を充足すべく以下のように検討した上で、掲載しています。

(1)について
当ブログに掲載されている投稿文の全ては、「新聞紙」に「掲載」された「社会上の時事問題に関する論説」に該当し、これら投稿文の全てが「公表された著作物」に該当すると判断しています。

(2)について
引用する投稿文は全て、地の文とは別に設けられた枠内に記載し、引用部分をを明確に示しました。

(3)について
引用される部分が従で、それ以外の部分が主の関係にあること。
実際の態様によって解釈が分かれる点ではあるのですが、一般的には文字数等を総合的に鑑みて判断するようです。
その為、自らが書く批判分の文字数が引用文と比べて必ず主と認められる程度には多くなるよう気を配って掲載しております。

(4)について
これも学説が分かれるところですが、一般的に自分の学説・主張を展開するために他人の学説を「引用」する行為などが該当します。当ブログは投稿文を通してマスコミを批判・批評することを目的とし、自らの見解を主張するものであるため、この要件についても充足するものと考えています。

(5)について
よく、全文を引用する必要がないとのお叱りを受けることが多いのですが、元となる投稿文が文字数400字程度と大変短く、そのことから投稿文の一部だけを抜粋したのでは、著作者が主張する論説の趣旨が不明確となり、場合によっては著作者人格権による「同一性保持権」(同法20条)に抵触する危険性があります。

また、関係ないと思われる一文であったとしても、省略したという事実によって、論理の飛躍や言いまわしの妙について批判することが困難となります。なぜなら、読み手が「そりゃあ1文を省略したら訳わからなくなるよね」といった感想を持つことが推測される為です。

では、省略した箇所に何が書かれていたか別の箇所に記載したら良いではないか?とのご指摘もあるかと思いますが、省略したものをわざわざ別箇所に書き直しては、読みにくいだけではなく、当該行為自体がナンセンスなものであると考え、全文を引用することが必要かつ相当であるとの判断を致しました。

(6)について
同法48条1項の規定に則り、引用する全ての投稿文には必ず掲載された新聞社及び掲載年月日を記載しています。その為、この要件についても問題ないかと思います。


引用とは別に、多数のご指摘を頂いているにも関わらず、投稿者氏名を明記している理由につきましては、著作者人格権である氏名表示権(同法19条)の保護に基づいたものであって、決して特定の個人を誹謗中傷する意図を以って明記している訳ではありません。

氏名を表示することによって検索エンジンにもヒットしてしまうことから、私個人としても無用なトラブルを避ける為にも伏字にしたいところではあります。

しかし、現行法では投稿者本人からの申し出がない限り、投稿者名の氏名を伏字等にする行為は、善意であったとしても違法行為とみなされてしまいます。

以上のように、可能な限り著作権に抵触しないよう検討し、当ブログには掲載しておりますが、何しろ著作権法自体が現代にそぐわない法であり、専門の弁護士であったとしても裁判しないと分からないといった法分野であることから、必ずしも問題ないという訳ではありません。

その為、投稿者の方々に何か不都合があるようでしたら、メールにてどんどんお申し付け下さい。
その都度、当該ページの削除や投稿者名を伏字にするなどの対応を取らせて頂きます。

繰り返しますが、このブログは、電波が「ゆんゆん」とした投稿文を楽しむと同時に、事実誤認に基づく投稿文や、明らかに論理の飛躍した投稿文を、何らかの意図を持って掲載する新聞社を批判するものであって、決して著作権を蔑ろにすることや、投稿者の誹謗中傷を目的としている訳ではありません。

ご理解ご了解頂けますよう宜しくお願い申し上げます。
著作権についてTB:0CM:13
コメント
どうも初めまして
現在、法律を学んでいる立場に居るifと申します。

「投稿者の誹謗中傷を目的としている訳ではありません」とありますが、仮に、投稿者本人が「実名と居住地をインターネットに載せられ、投稿の批評をされるのは不本意だ」等と抗議してきた場合、どうなさるおつもりなのでしょうか。

新聞という「書面」に特定の個人の名前が載るのと、インターネットという「公衆送信権を持つ装置」に特定の個人の名前が載るのとでは、投稿者が受ける被害度も大きく変わってきます。
新聞やインターネットなどで既に公表されている個人情報も、個人情報保護法で保護されている(法律第57号)ので、著作権だけの問題ではなく、個人情報保護の問題も関わってきます。

また、批評の仕方によっては、「特定の個人を誹謗中傷する意図はありません」と明記していても、著作権法第113条6項「著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす。」に該当します。

以上の点より、私は「投稿を実名と居住地入りでインターネットに転載し、批評する行為」はやめた方がいいと思うのですが、いかがでしょうか。
狂想様に悪意は無いとしても、インターネット上には、悪意のある第三者が居ないとは限りません。
何らかの被害が発生する可能性がある行為は避けるべきです。

……というコメントを投稿させて頂くのも、私個人の投稿が、以前からこちらのブログに転載・批評されているからなのですが。
批評は構いませんが、インターネット上に無断で実名と居住地を記載される事は、私の望むところではありません。

ご自分のなさっている事を、よくお考え下さい。
多くの方々が、インターネット上に、自分の実名と居住地を載せないのはなぜなのか、よく考えて下さい。
2007年11月30日の23:59までに、誠意のある対応を取っていただきたいと思います。
改善が見られないようであれば、「反省の意が見られない」とし、然るべき対応を取らせていただきます。
if #cZpbjd8k|2007/11/19(月) 00:37 [ 編集 ]

 実際裁判とかになるとどうなの?
 ここのブログ主さんも弁護士さんとかと相談したほうがいい?少しくらいならカンパしたい気が…。まあ投稿日付でも書いておけば2ちゃんの過去ログから誰だかわかるし、投稿自体で充分電波浴できるしイニシャル表記とかにしてもいいのかもね。
 このブログはホンとすばらしいので末永く続くようにがんばってください。
 関係ないけど最近のアサヒるが流行してんのには素でわろた。(つってもネットの中だけですが)
抜策 #-|2007/11/21(水) 14:35 [ 編集 ]

抜策様のコメント、拝見致しました。
こちらのブログをお好きな方も多いようですので、あらかじめお伝えさせて頂きますと、現段階では、裁判を起こすつもりはございません。
ですが、ブログ主である狂想様の対応次第では、「悪意がある違反」として訴える事も考えています。

私は、こちらのブログに記事を転載されている者として、「批評は構わないが、実名・居住地の記載は望まない」という事を告げました。
その意見を聞いた上で、狂想様がどのような対応をお取りになるかを重視すべきだと考えています。

抜策様が仰るように、イニシャル表記にするなど、改善の要素が見られるようであれば、「悪意はなかった」とし、特に事を荒立てるつもりはありません。

こうしている間にも、私の実名と居住地はずっとインターネット上に挙がっており、誰でも閲覧できる状態になっていますので、なるべく早い解決を望んではいるのですが……
狂想様にも色々とご都合があるかと思いますので、まずは、狂想様からのお返事をお待ちしたいと思います。
if #cZpbjd8k|2007/11/21(水) 19:57 [ 編集 ]

 あなた話しわかる人間っぽいのになんでこのブログに載るようなこと書いてんの…。
 つ~か誰?どの文章?上記の要求は常識的な範囲かな~って思えるし普通の文だが、投稿ではここに載るっていうくらいだからめちゃくちゃな理論展開だろうし、その差を見たい。
抜策(ぬけさくって読んで) #-|2007/11/22(木) 13:30 [ 編集 ]

抜策様のコメント、拝見致しました。
ここで名前を名乗ったり、投稿文書を特定して挙げる事はできませんが(本名・居住地が記載されているため)、投稿については、狂想様に良い批評を頂いています。
論理展開には特に触れられていませんし、「おかしい事を書いている」という指摘も受けていませんでした。
ですので、「差が見たい」という抜策様のご期待には添えないかもしれません。

また、余談になりますが、新聞に載せられている読者投稿には、新聞社の方が手を加えている(修正している)ものが多いです。
記事スペースの関係で、投稿の一部がカットされたり、別の言葉に変えられたり… 当初の投稿がそのまま新聞に載るケースは非常に稀です。
その時点で既に投稿のオリジナル性は失われていますので、それについて投稿者本人が実名を挙げられ、批評を受けるというのは少々酷かもしれません。
そういった意味でも、実名・居住地の記載は遠慮して頂けたらなと思います。
if #cZpbjd8k|2007/11/22(木) 23:51 [ 編集 ]
ifさんのご意見、拝見いたしました。
拝見いたしました。
ifさん

お返事が遅れまして申し訳ありません。
本業の方が忙しすぎて、まともにコメントを見ていませんでした。

本当に申し訳ありません。

さて、ifさんのご要望にありますイニシャルにして欲しいとのことですが、投稿者ご自身から、著作者名を表示して欲しくないとのご要望があるようでしたら、メールなどでどの投稿か指定して頂きました上、イニシャルにするなどの対応を取らせて頂いております。

私の本意として、出来ることならば投稿者を記述したくないのですが、ここで申している通り、裁判になった際に投稿者名を示していないと逆に法的に真っ黒になってしまうが故の苦肉の策であることをご理解して頂きたく思います。

繰り返しになりますが、一度投稿者の方からプロパイダへ名誉毀損で訴えるときたことがありますし、朝日新聞さんから内容証明郵便付きで苦情がきたこともありますので、本当に法的には気を使っての上の処置なのです。

狂想 #-|2007/12/03(月) 17:03 [ 編集 ]
上記補足1
上記コメントの補足を行いたいと思います。

まず、ifさんが仰います<著作権法第113条6項「著作者の名誉又は声望を害する方法によりその著作物を利用する行為は、その著作者人格権を侵害する行為とみなす。」>
とは、著作者人格権のことですよね?

ベルヌ条約では、3つが著作者人格権が定められている訳ですが、今回問題となる権利は『著作物の変更、切除その他の改変又は著作物に対するその他の侵害で、自己の名誉又は声望を害するおそれのあるものに対して異議を申し立てる権利(同一性保持権、名誉声望保持権)』かと推定した上で話を進めさせて頂きます。

よく誤解される権利ではあるのですが、その名誉声望保持権とは、イカガワシイ店の看板やCMのBGMなどに無断で自著作のものが使われた際に、異議を申し立てる権利であり、著作物に対する批判に対して異議を著作者が申し立てることができる権利ではないのです。

もしも、そのような権利が保障されようものなら、誰も他人の著作物に対して批判できなくなってしまいます。

しかしながら、繰り返しになりますが投稿者を直接貶める気はありませんので、実名表記を止めて欲しいとの要望が投稿者本人よりあった場合は、イニシャル表記を取らせて頂いています。

このブログ内にも何人かイニシャルや伏せ字の方がいますが、その方々からは直接メールなどで苦言を頂き、そのような形を取ったものです。
狂想 #-|2007/12/03(月) 22:50 [ 編集 ]
補足2
>抜策さん
>ここのブログ主さんも弁護士さんとかと相談したほうがいい?

実は弁護士とも相談済だったりします。
伊達に書籍化してませんよ・・・・

朝日新聞とガチで裁判一歩手前まで行きましたし・・・
mixiの方に朝日新聞さんからのお手紙をupしていますので、良かったらご覧下さい。

まぁ、ちょこちょことプロパイダやfc2さんの方に、私の個人情報を裁判の為に求める方もいらっしゃいますしねぇ・・・

たまに、その対応でプライベートの時間を取られたりと、それなりの犠牲を払ってはいる訳です。
狂想 #-|2007/12/03(月) 22:55 [ 編集 ]
補足3
>ifさん
>新聞に載せられている読者投稿には、新聞社の方が手を加えている(修正している)ものが多いです。

それは私の承知しています。

私の近い人物が2回も朝日新聞の声欄に掲載されましたし、私自身も地方の読者投稿欄に掲載されたことが有る為、その改編の仕方に憤りを感じています。

それ故、何度も繰り返しになりますが、平気で他人の文を自社色に染める新聞社の有り方には疑問を感じますし、一般市民をスケープゴートにして持論を展開する根性に、苛立たしく思い、ブログを始めた部分があります。


狂想 #-|2007/12/03(月) 23:03 [ 編集 ]
お返事どうもありがとうございました
狂想様

お返事が遅くなってしまい、申し訳ございません。
お忙しい中、お返事どうもありがとうございました。

狂想様が予想以上に温和な方で安心しました。
また、実名表記につきましては、イニシャルにするなどの対応を取っていただけるというお話でしたので、今回の件につきましては、特に事を荒立てるつもりはございません。
近日中に、改めて(投稿を指定する)メールをお送りさせて頂きます。

それを前提に、以下の話を(参考程度に)聞いて頂けたらなと思います。


私個人としては、投稿を転載するのではなく、「●月●日の××新聞の投稿について」 等と、(転載はせずに) 批評する方が法的に安全ではないかと思うのですが、そちらも再度ご検討されてみてはいかがでしょうか。
個人的な「批評」のみが目的なら、投稿を必ずしも転載する必要性はないと思います。
また、狂想様からのコメントには 「新聞社の有り方には疑問を感じますし、一般市民をスケープゴートにして…」 と書かれていますが、狂想様ご自身も、「投稿者」をスケープゴートにして、ブログを存続させているような気はされないでしょうか。
「ブログを書く身」としての「ブログ読者への配慮」は分かりますが、投稿を実名入りでインターネットに転載・批評するという行為からは、「投稿者への配慮」はあまり伺えず、法的にはグレーゾーンである事を再度ご理解頂きたいです。

と言いますのも、狂想様が挙げられたように、「著作者人格権」が関わってくるからです。

>名誉声望保持権とは、イカガワシイ店の看板やCMのBGMなどに無断で自著作のものが使われた際に、異議を申し立てる権利

とありますが、確かに正しいです。
それを例に、投稿者側の視点に立ってみると、どうでしょう。
「狂想 主に朝日のゆんゆん投稿」 というお名前の、(法的には完全なシロとは言い切れない) ブログのパフォーマンスとして、自分の投稿が無断で使用(批評)されている事は、「名誉声望保持権」を害していないと言い切れますでしょうか。

特に、「暗黒殿堂入り」「お花畑賞」 等といった項目に実名が載せられたりすると、どうでしょう。
見ている側は楽しいですが、載せられた本人は、明らかに名誉を汚されていると感じるかもしれません。
法的にも、シロとは言い切れないグレーゾーンであると私は考えます。
if #cZpbjd8k|2007/12/10(月) 09:43 [ 編集 ]
続きです。
また、「著作権」とは違い、「著作者人格権」は譲渡したり相続したりすることはできないこととされています。(第59条)
それを前提に、「著作者人格権」の中の、「氏名表示権」を考えてみると、いかがでしょう。
「氏名表示権」とは、「自分の著作物を公表するときに、著作者名を表示するかしないか、するとすれば、実名か変名かを決めることができる権利」 です。

新聞という「書面」に投稿する際には、著作者(投稿者)は「自分の本名を公表して良い」と決めた上で投稿しているので、「著作者人格権」は守られています。
ですが、こちらのブログ・もしくは(狂想様が以前運営されていた)HP に転載された時は、どうでしょう。
著作者1人1人は、自分の本名や居住地を公表していいかどうか、前もって決める事ができたでしょうか。
「著作者人格権」を侵害してはいないでしょうか。
狂想様も、「裁判になった際に投稿者名を示していないと逆に法的に真っ黒になってしまう」 と仰っているので、「著作者人格権」については難しいところをご決断されているのだと思いますが、やはりこの点も、法的にはシロとは言い切れないと私は判断しています。


狂想様も、苦情や裁判等の対応で弁護士さんとご相談されたのなら、ご存知だと思うのですが、法律には、専門家であっても熟考しなければ判断する事が難しい、黒とも白とも言い切れないグレーゾーンというものが多数存在します。
ですが、そこで大切なのは、「こういう事をしても大丈夫かな」「誰かに迷惑が掛からないかな」「誰かを嫌な気分にさせないかな」 という、人としての倫理観なのです。
狂想様のブログ記事は確かに面白いので、私も好きです。
批評の仕方も、面白い点を突いているなと感じる事が多々あります。
ですが、批評されている投稿者側からすれば、辛いだろうなと感じる事も多々あります。
投稿者側の立場に立って、そこをもう1度、よく考えて頂けたらなと思います。

ご清聴どうもありがとうございました。
if #cZpbjd8k|2007/12/10(月) 09:49 [ 編集 ]
寂しがり屋さん
友達の前では少し強がって彼氏なんかいらないって言ってしまうけど、やっぱ本音では欲しいです、夜は寒いし寂しいし私の本音に気付いてください。メアド乗せておくので優しい方連絡くださいtoward.the-future@docomo.ne.jp
るい #dXGvgaiE|2009/10/24(土) 02:30 [ 編集 ]
ごめんなさい。
一人で家出したんだけど助けてほしいです。今まで強がってました。もう親には頼れない…super-love.smile@docomo.ne.jp
ナツ #utFBqJ0E|2009/10/31(土) 03:12 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/19-1dd51bef

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。