狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

社会派の倫理

2005/12/21(水) 00:46:55




犯罪多発は何が原因か
農業 芝地 政夫(豊岡市 80歳)


 広島、栃木両県で、小一の女子が殺害された。
 京都府宇治市では、学習塾に通う六年生の女子が、講師に殺害された。
 
 家族の心痛を察し、心より、お悔やみを申し上げる。
 本当に、無念、残念なことだと思う。

 容疑者がいくら弁解しても、失われた命は戻らない。

 一方、高層建築で強度偽装問題が発覚した。
 高額でマンションなどを購入された被害者の無念さは、例えようがない。

 次々に起きる凶悪事件、安全無視の偽装問題には、恐れ、あぜんとするしかない。

 地区の氏神の感謝祭や老人会の忘年会で、「日本の国は一体、どうなっているのか」と、憤然として、心配する声が多かった。
 今、八十歳前後の人は、先の戦争で、戦地に、又、銃後にあって、それぞれ、苦労された。

 その人たちが「小泉首相にも、犯罪多発に大いに責任あり」と語る。
 靖国神社参拝で、裁判所が違憲判決を出しているのに、判決を無視して参拝する。

 だから、判決、法律、ルールを守らない者が増えるのだ、と言う。
 私も全く同感である。

(神戸新聞 2005年12月21日)


違憲判決が出ているのに靖国参拝を続ける小泉首相!
これが権力か!これが司法をも圧倒する絶対なる力だと言うのか!

小泉のファシズムは世界一ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!

文章から溢れ出る小泉に対する理屈の通らない憎しみ。
現総理がルールを無視するから今の世が荒れていると言うのなら、A級戦犯が国のトップだった時代のお年寄りはどのような犯罪を犯したのでしょう。

さて、違憲判決が出ているのに、靖国参拝を続けたというのが本当だとしたら凄いことですよね。
内閣総理大臣だろうと国防大臣だろうと、司法の判決に従わなければ刑務所にぶち込まれます。

それなのに、なぜ小泉首相は今もなお参拝を続けることができるのでしょうか?
理由は簡単です。

そんな判決は下っていないからですね。
いい加減、違憲判断と違憲判決の違いくらい判って欲しいものです。

もし靖国参拝が違憲なんて判決を下したら、公務員や国会議員は葬式も結婚式も挙げれませんし、初詣にも行けなくなってしまいます。
あくまで裁判官が「止めて欲しいなぁ」と個人の感想を漏らしただけの判断ですよ。あんなもの。

しかも、裁判そのものは小泉側の勝利なので、国は判断に不服があっても上告が出来ない無敵仕様。
そして、投書を使ってまで既成事実をでっち上げるマスコミ。

もう終わっています。

靖国神社参拝で、裁判所が違憲判決など出していないのに、判決だと錯覚するよう無視して報道し続ける。
だから、判決、法律、ルールを守らない者が増えるのだ、と私は言う。

全く、マスコミの影響は大きいと思います。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/177-bc581849

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。