狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

政治家が優先せねばならないこととは?

2006/07/15(土) 00:43:47




靖国参拝困る国益優先
柳沢 信義(鶴岡市 77歳)

 
 イラクに派遣された自衛隊の撤収が始まった。
 一人の犠牲者も出なかったことは誠に喜ばしいことである。

 隊員はもちろん、その家族も一安心していることだろう。

 ところで今も小泉首相の靖国参拝が問題になっている。
 参拝は個人の問題と言っているが、それは首相でない人の言い分であって、”公人”としての首相の理由にはならないだろう。

 日本は「八百万(やおよろず)の神々」という言葉がある通り多神教で、その中には慰霊される神もあるだろうが、宗教においては信仰がその土台をなしている。
 一神教の国ではその教えを信じて生きるという信仰心で成り立っている。

 祭られている東条元首相を尊敬している人もいるが、彼は国益優先の思想の持ち主と思われ、結果的に悲惨な多くの犠牲者を出しているのである。
 そういう元首相が祭られている靖国に現首相が参拝することは、国益優先の思想を信仰しているという疑惑を持たれるだろう。

 イラクへの派遣も表向きは人道復興支援活動と言ってはいるが、国益優先の精神が底流に流れていたのではないだろうか。
 誰かが「お金もうけは悪いことですか」と居直った人もいたが、首相も「国益優先は悪いことですか」と居直るのだろうか。

 東条元首相らを分祀(ぶんし)するか、さもなければ参拝したい政治家は首相になるかもしれない自民党総裁選には立候補を遠慮すべきだと私は思う。

(山形新聞 2006年7月15日)


国益を損なうから靖国参拝はダメだという意見が主流の中、国益信仰になるから靖国参拝はダメだという意見は中々珍しいものがあります。

そもそも、国益を追求する精神を批判材料にすること自体が珍しいですよね。

政治家が発言する「国益優先は悪いことですか」は何処が悪いのか皆目検討がつきません。
本当に裏のない善意や慈悲などで政治をやられては、国民はやっていられませんよ。

人道復興支援活動もそうです。
本当に人道支援のためだけに、イラク派遣をしようものなら右左問わず集中砲火だったことでしょう。
全ての政治活動は最終的に国益に結びつくから行うのです。

日本の政治家の場合は「中国・韓国」益のために政治活動を行っている方もいるようですが、それも少し捻くれているだけで自分たちの国益を追求しているだけです。

もし善意のみで援助している政治家がいるなら、「自分のポケットマネーで活動して下さいね」としか言えません。

良い政治家とは、根幹部分で日本の有るべき理想を追い求め、同時に国益を優先できる政治家ではないでしょうか。

また、東条元首相の名前さえ出せば、無条件に批判できると考えている者も数多くいるようですが、東条元首相がガチガチの国益優先主義者であったかと言えばそういう訳でもありませんでした。

ユダヤ難民を無賃輸送していた満鉄総裁の行動に理解を示し、八紘一宇の精神を以って同盟国であるドイツの抗議を跳ね除け、ユダヤ人排斥は人種平等の精神に合致しないとして1938年12月には「猶太人対策要網」を策定し国策にするなど、分かりやすい国益だけを追い求めていたわけではないのです。

決して日本のマスコミで話題に上がることはないですが、この行動は今でもユダヤ人から支持されているようです。

それはそうと、神社に参るたびに祀られている人物の思想を信仰しているとの疑惑をもたれては、首相は鎮魂系の神社には参拝できなくなってしまいますよね。

受験生が近くにいても、菅原道真公を祀る天満宮には参拝に行くことすら出来なくなってしまいます。

それに、靖国に祀られている英霊全員の思想を、首相は信仰していると思うほうがどうかしています。靖国には東条英機と数名の仲間たちだけが祀られているとでも思っているのでしょうか?
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/176-1b2998f1

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。