狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

バラエティを見ないと人間の幅が広がらない

2006/01/29(日) 00:31:04




読書に熱中する息子を見て・・・・
会社員 須藤 典明(愛知県美浜町 59歳)


 この年末年始に、30代の息子が帰省した。
 テレビ局はさまざまなバラエティー番組を組んでいたが、息子はテレビを見ずにひたすら本を読んでいた。

 私や娘が番組に大笑いしていてもである。
 本の題をちらっと見ると、韓国や中国を批判する内容の本であった。

 私は息子に「本はいつでも読めるから、テレビを見たらどうだ」と言った。
 ところが、息子はその言葉を完全に無視して本を読み続けた。

 この息子を見て、危機感を感じた。

 一つはバラエティーなどのテレビ番組を見ない若者が最近増えているが、それで人間的幅が広がるのかという心配だ。
 家族がわいわい騒いでも我関せずという姿勢は、将来協調性が持てるのだろうか。

 最近男性の結婚難、それに伴っての少子化が叫ばれている。
 このようなひとり本に熱中する息子を見ると、この先どうなるかと心配になった。

(毎日新聞 2006年1月29日 大阪版)


いつの間にかバラエティーも出世したものですねぇ。
ちょっと前まで、バラエティーを見るとバカになるなどと散々な言われようでしたのに、知らない間に情操番組に昇格しています。

しかし、今のテレビ番組ごときで広がる人間の幅っていったい何なのでしょう?
いや、確かに一部のドラマや映画には学べる点も多々ありますし、アニメやゲームで広がる人間の幅もあるとは思います。

また、人間というものを学ぶ上で、バラエティが人格形成に良い影響を与えることも否定はしませんが、相手はもう30代ですよ。
今更テレビ番組を見たからといって、いったい何が変わるというのでしょうか?

ひょっとして、家族団欒で1つのテレビ番組を見ることに意義があったのでしょうか?
家族と一緒に見ることで、協調性を学ばせようとでも考えたのでしょうか?

どちらにしろ、相手が30代ではアウトですね。
将来の協調性も何も、その年には完全に人格は形成されきっていますよ。

まぁ、息子さんが中国や韓国を批判する本を読んでいるのならば、なんとなく家族と距離を取りたがっている理由も分からなくはないですね。
おそらく、息子さんは協調性がないのではなく、家族とコミュニケーションを取りたくないだけかと思います。

だいたい、実名を晒した上で全国紙に息子批判を展開する父親に協調性も何もないでしょう。
家庭からして崩壊寸前ではないですか。

で、最近の男性が結婚難である理由と、本を読む行為に一体どのような関係があるのでしょうね。
女性は家族の誰もがテレビを見ていない時、または、家族と見たいテレビ番組がない時にしか本を読まないとでも言うのでしょうか?

フェミの仮面を被った、とんだ女性差別投稿ですよ。これは。

微妙な投稿TB:0CM:1
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/06/28(木) 21:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/173-7f67fedf

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。