狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日本海と東海とのハザマで

2006/04/24(月) 00:27:37




日韓が共同で検討できれば
無職 小木木 栄三郎(神奈川県鎌倉市 73歳)


 竹島(韓国名・独島)周辺の海洋調査を巡り、日韓両国は衝突を回避した。
 歴史に根ざす難問が両国間に数ある中で、提案をしたい。

 それは、両国が共同の委員会を設置して、問題水域の海底地名をはじめ日本海そのものの呼称をも検討し直すという提案だ。

 対立は日本が朝鮮半島を植民地化してから1世紀にわたる歴史に依拠する。
 日本はアジア諸国に、過去を反省すると繰り返し広言してきた。

 本当の反省には痛みが伴う。
 その痛みが韓国側に伝わっているのか、韓国側は未来へのどんな展望を持っているのか、がそれぞれ問われている。

 そんな目で、例えば「日本海」は韓国側にどう響くのか。
 韓国は「東海」の呼称を以前から主張している。

 植民地支配された「日本(海)」に取り囲まれるのはやり切れなかろう。
 だが、日本にとって日本海は「西」の海であっても「東(海)」ではあり得ない。

 両国が対等に検討すれば、それぞれの呼称を捨てなければならない場合もあろう。
 そんな検討から前進が生まれるのではないか。

(2006年4月24日東京版)


日本海の名称って、別に日本の朝鮮統治から出来たものではないですよね?
西洋諸国の間では、日本海の名称は遅くとも19世紀初頭には「Sea of Japan (Japan Sea)」(1602年にマテオ・リッチが「坤輿万国全図」で初めて発表)に収束していました。

そのことでなんで過去を反省して変更しないといけないのでしょうか。

それこそ『東海』表記こそが戦後生まれという感がしなくはないですが、それは良いとしましょう。
しかし、植民地支配された「日本(海)」に囲まれていることが嫌だから、「東海」表記にしろ!とはまた無茶な要求ですね。

そんなことを言い出したら、東シナ海に取り囲まれた台湾も同様な主張が出来ますし、インド洋周辺の国々も良い思いがしないという理由で名前変更を要求できてしまいます。

両国が対等に検討すれば、それぞれの呼称を捨てなければならないも何も、その国固有の愛称と国際的名称が異なるというだけで、何も日本が譲渡すべきことがらではないはずです。

悔しいのなら、大航海時代に日本を超える知名度か文明レベルを磨いておけばよかっただけですね。
そうであるならば、日本海はインド洋のように朝鮮海(当時は日本人が日本海のことをそう呼称していた)とでも呼ばれていたことでしょう。

しかし、こんなことで揉めている国もk国くらいなのではないでしょうか・・・・
あの仲が悪いことで有名なイギリスとフランスの間でも、愛称は愛称として国際表記にイチャモンを入れあっていませんよ?


そうそう、「では、どのような名称なら良いのか?」といった問いに中々面白い答えがありましたので、ここで紹介しておきますね。
A:「朝鮮と日本の間にある海だから・・・・・朝日海」

ちょっとウケました。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/162-5238fd0f

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。