狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

て~はみんぐ♪チャチャチャ

2002/12/20(金) 23:46:26




地位協定問題日韓で共闘を
大学教員 松本 耿郎(新潟市 58歳)


W杯で韓国チームが快進撃をしていた頃、日本でも韓国チームを応援し「テーハンミング」を合唱する人々の姿が見られた。
 今、韓国では、在韓米軍の装甲車が女子中学生をひき殺した事故に怒った人々が、大規模な抗議行動を起こしている。
 地位協定の見直し、米軍の撤退を求める民衆の大きなうねりが起きている。

 だが日本ではサッカーの時とは打って変わって韓国の反基地抗議運動に冷淡だ。
 韓国の人々が米軍基地の存在のために苦しんでいる時、日本の人々も韓国の人々の苦しみを共有できないのか。
 今こそ米軍に対し「テーハンミング」の合唱をすべきではないか。
 韓国の人々に「あなたたちを応援しているよ」と声をかけるのが人情というものだ。
 植民地支配の償いは完全にはできるものでもない。
 しかし、韓国の人々の平和を求める叫びに日本の人々が応えれば「日韓新時代」をいささかでも実のあるものにできるだろう。

 沖縄では、米軍少佐の女性暴行未遂事件に対する抗議行動に韓国からの参加もあった。
 韓国、沖縄の反米軍基地運動の高まりが、韓米、日米地位協定の見直しに結びつくことを願う。

(2002年12月20日 東京本社版)


あの~、なんで他国間の問題に対して日本が現地の言葉で「大韓民国!」と合唱しながら応援しないといけないのでしょうか?

韓国の立場を日本に置き換えるなら、韓国人が日本の沖縄米軍問題に顔を出してきて、「ニッポン!チャチャチャ!」合唱するようなものですよ。
そんな韓国人が日本の沖縄米軍基地反対活動に紛れこもうものなら、反戦運動を行っている韓国贔屓な活動家でも、「なんだこいつ?」と思うことでしょう。

そのくらい意味不明な掛け声です。
もう、反戦運動がしたいのか「テーハミング!」と叫びたいだけなのか、行動の意味すら分かりません。普通に、「米軍基地反対!」ではダメなのでしょうか?

そもそも、主張の出発点からして本当に韓国の平和を願っているのかどうか怪しいものを感じてしまいます。この投稿で挙げられた在韓米軍の装甲車が女子中学生をひき殺した事故とは、京畿道楊州郡広積面孝村里の女子中学生の2人が米第2歩兵師団工兵隊装甲車にひき殺される事件を指しているのですが、事件発生は2002年6月13日です。

なんで他国の半年以上も前の事件を12月になってから持ち出してくるのか不思議でなりません。
韓国の平和よりも単に反米がしたいだけなのではないかとすら感じてしまいます。
結論部の『韓米、日米地位協定の見直しに結びつくことを願う』からも、反米思想をお持ちなことは間違いないことでしょう。

しかし、唯でさえ緊張状態が保たれている38度線から、米軍の影響が消失してしまったならば、この後の朝鮮半島は一体どうなってしまうのでしょうか?

まぁ、「日韓新時代」を願うくらいに韓国に興味があるのというのに、韓国が日本の植民地だったと本気で信じている人間には、何を言っても無駄だとは思いますけどね。

殿堂入りTB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/16-adbb316d

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。