狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界にある平和的な国々

2006/06/05(月) 23:59:18




世界に27の非武装国家
須藤 叔彦(前橋市 76歳)

 
 軍隊を持たない国として、コスタリカは世界で有名です。

 これまでもしばしば報道されているので、多くの人が知っていると思います。
 ところが、私は最近、世界には二十七の「非武装国家」があるのを知って驚きました。

 『法と民主主義二〇〇五年六月号』に、東京造形大学の前田朗さんが「世界の非武装国家」と題して書いています。

 それによると、欧米ではルクセンブルグ、サンマリノ、モナコ、バチカン、アイスランド、中央アメリカのドミニカ、グレナダ、パナマ、インド洋のモルディブ、モーリシャス、太平洋のパラオ、ソロモン諸島、サモアなどです。

 私たちが名も知らない小国が多いけれど、結構有名な国もあって、いまさらながら自分の不明を恥じています。
 モナコ、バチカン、ルクセンブルグなどは第二次世界大戦前からの非武装国家で、アイスランドなどは大戦中、非武装中立で国を守っていたようです。

 これらの国々は一部の例外を除いて、いずれも民主主義国家で、女性の権利が保障され、教育水準が高く、平和の文化が意識されていると指摘されています。
 軍隊を保有していないので軍事費を国民の福祉、教育費に充当できるのです。

 いまや「平和憲法」は名ばかりで、世界有数の軍事大国になろうとしているわが国は、そうした国々を範とすべきだと、被爆者の私は痛感しました。

(上毛新聞 2006年6月5日『ひろば』)


コスタリカが駄目なら数打ちゃ当たる作戦に出たようです。

しかし、どれも都市国家だったり属国だったり、完全に孤立した島国ばかりなのが気になります。
では、さっそくこれらの国が何によって防衛されているかざっと説明しますね。

ルクセンブルク:総兵力900人+準軍隊612人の軍隊を保持。NATOに加盟。
サンマリノ:城塞警備隊+大評議会衛兵憲兵隊及び民兵隊よりなる護衛隊。バックにイタリア有り。
モナコ:フランス(国際条約調印済)。
バチカン:イタリア。そもそもバチカンに攻め込んだ時点で世界中のキリスト教国家が黙っていない。
アイスランド:NATOに加盟。沿岸警備隊はイギリス軍と砲撃戦しまくり。

ドミニカ:何かあるとアメリカが軍事介入。
グレナダ:グレナダ警察軍。OECS6ヵ国及びバルバドスの7ヵ国の間で域内安全保障システム設立。
パナマ:国家保安隊。

モルディブ:国家保安隊。
モーリシャス:沿岸警備隊。
パラオ:コンパクトに基づき、安全保障・国防上の権限と責任はアメリカが有する。国防軍は確かにいないが、パラオ兵はイラク戦争にも従軍。
ソロモン諸島:いや、確かに国防軍はないけど・・・・内戦中に近い状態なような・・・外敵の前に内敵をどうにかしないといけないというか・・・
サモア:東はアメリカの自治領。西は確かに国防軍はいないかも。

このくらいですかね。

私たちが名も知らない小国とあるように、地理的・技術的・資源的に攻め込む価値の低い国ばかりです。
どの国も世界からの非難を浴びると分かった上で、それに見合う利益のない国を攻めるわけないですよね。

また、人口が県レベルの国が多数含まれており、国防と言っても東京都を防衛する程度の軍隊がいれば事足りる規模だったりします。
ドミニカ国なんて人口7万人ですよ?

そして、名前が有名な国はどこもかしこもバックにある大国が睨みを利かせているため、不用意に攻撃なんて出来ません。
間違えてバチカンなんて攻撃しようものなら、人工的な神の業火に国土を焼き尽くされかねませんよ。

国防を要しない国には要しないだけの理由があるのです。
どこかのならず者国家でもない限り、なんとなくでミサイルなんて飛ばさないのですから。


しかし、上で挙げた国のほとんどが民主主義国家で、女性の権利が保障され、教育水準が高く、平和の文化が意識されていたんですねぇ。
日本が範とすべきくらいに。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/156-15365084

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。