狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

平社員である前に恥ずかしい主張

2006/10/15(日) 23:07:03




利益優先体質の社会が恐ろしい
会社員 清水 徹 (埼玉県熊谷市 47歳)


 今年も昇進試験に落ちた。
 若い人が合格して私の上司になっていく。

 そればかりか積極的な女性の活用により女性職場に変容しようとしている。
 現場長も女性となり、ミドル世代の私などますます職場にいづらくなっていく。

 今や高学歴は当たり前であり、私のような高卒で、年功序列賃金時代を経験したコスト高の社員の扱いに困っている様子である。
 役職も欲しい年ごろではあるが、試験問題集の解答が頭に入らない。

 年下の上司からは「子どもが大きくなって、お父さんが平社員では恥ずかしいですよ」とまで言われてしまった。
 能力主義となり、優越感が欲しい向上心旺盛な若者は成績を上げるためになんでもやる。

 しかし、競争の先に何が見えてくるのであろうか。
 社会へ貢献する企業の使命と価値観が教えられず、利益優先体質になっていくことが恐ろしい。

(毎日新聞 2006年10月15日 大阪本社版)


優越感が欲しい向上心旺盛な若者は成績を上げるためになんでもやることと、この投稿者が昇給試験に落ちたことと関係性はないですよね。

それとも、優越感が欲しい若者は昇級試験の際にも、カンニングや試験監督への接待など本当に何でもやっていたのでしょうか?

そうでないのであれば、話は全く別物で八つ当たり以外の何物でもありません。

そもそも、試験問題集の「解答」を頭に入れようとする時点で終わっています。
この会社の試験問題がどのような物かは知りませんが、試験問題集と同じ問いが出題される受験者に優しい作りにでもなっているのでしょうか?

暗記が物を言う時事問題や金融問題でも、時代背景や言葉の意味を理解していなければ、良い点数なんて取れるわけがありません。
解答を丸暗記する方法では、少しでも問題の内容が変ってしまっては答えることが出来なくなってしまいます。

どう考えても自分の能力不足で昇給試験に落ちているにも関わらず、競争の先に何が見えてくるのであろうか?と問題を他に摩り替えるような精神構造だから、出世できないのではないのかとすら感じてしまいます。
社会へ貢献することが企業の倫理の一つだとは思いますが、競争に生き残ることが出来なければ皆で仲良く無職になりますよ。
だからこそ、企業も優秀な人間を上に立たせたいのでしょう。

しかも、有能ならば女性でも現場長になれ、若い者も成績さえ良ければ役職につけ、やる気がない人間にも給料を払い続けるこの企業は、かなり優良な企業なのではないでしょうか。
本当に利益優先主義であれば、この投稿者は真っ先にクビを切られていてもおかしくありません。

仮に試験だけが出来ないだけで、その他の成績は良かったとしても、競争に疑問を持ち自分よりも年下の者に対して優越感が欲しい向上心旺盛な若者と切り捨てているようでは、特に人望もないことでしょう。

しかしながら、職を賭す覚悟で居酒屋で同僚に愚痴るような内容を全国紙で主張した投稿者の意気込みには惚れました。
競争がない職場に転職できたら良いですね。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/142-330e2893

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。