狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/09 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/11 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

今こそ東アジア共同体を作ろう

2006/10/19(木) 22:59:53




「北」の船検査参加には反対
アパート経営 佐相 勉(横浜市栄区 58歳)


 米国主導の北朝鮮船舶検査に日本が参加、支援することに私は反対する。

 船舶検査には武力行使が伴う可能性があり、東アジアでの戦争の危険性をむしろ助長し、武力による国際紛争解決を禁止した憲法9条に違反する。
 米国の矛盾した核政策の容認にもつながる。

 そもそも米国は唯一、生きた人間の頭上で核を爆発させ、広島と長崎で計約30万人を殺害した国だ。
 そして今もそれを正当化し続け、反省も謝罪もない。

 現在も約7千発の核弾頭を所有し、核の先制攻撃も辞さない、としている。
 ある国の核保有は是認、援助し、その国が他国を侵略しても制裁決議はおろか非難決議にさえ拒否権を連発する。

 その一方で、別の国が1回核実験をすれば制裁決議を急ぎ、船舶検査を行おうとする。
 その姿はあたかも法を差別的に適用する封建君主のようであり、公平な法適用という民主主義の原則に反する。

 世界政治の民主化のためには、米国のこうした態度を改めさせ、日本は追随をやめるべきだ。
 迂遠なようだが、東アジア共同体を作り上げていくことが、世界の民主化と平和に繋がると私は思う。

(2006年10月19日 東京本社版)


米国への批判は、それはそれで的を射ており、賛同は出来ないものの批判するつもりはありません。
しかし、その米国が作った憲法9条を金科玉条とし、戦争はダメだから北とも同盟を結ぼうという結論には正直、それはどうなんだろう?と首を傾げたくなります。

日本の民主主義の原則と、日本の平和を乱している存在の一つは他ならぬ北朝鮮です。
少なくとも北朝鮮は日本国民を拉致し、大量の麻薬や覚せい剤を日本にばら撒き、紙幣偽造を国家規模で行っている正真正銘の「ならず者国家」として、日本の真横に君臨しています。

そのような国がアメリカと行った対話・宥和政策を反故とし、条約に反して核実験などを行っている以上、ひとつ間違えば、日本は本土に核を3回も落とされた国として歴史に残ってしまう可能性だってあるわけです。

一応は民主主義国家であるアメリカと北との違いはそこにあります。
確かにアメリカは基本的に謝ることはしませんし、ジャイアンみたいな所があったとしても、自国民が納得するだけの建前だけは通す国です。

日本への核を使用したのだって、アメリカ的には戦争を早期に終結させるためという建前がありました。
基本的にアメリカは、自国が正義であるとする根拠がなければ他国を攻撃することが出来ませんし、アメリカ国民が自国の正義に疑問を感じた場合は、ベトナム戦争のように反戦気質に転じる自浄作用を少なくとも持った国です。

ところが、北は違います。
国家単位で犯罪を犯したとしても、特に疑問を持つこともなく将軍様の考えに賛同する者だけで国は動いています。

そして、その将軍さまは「むしゃくしゃしてやった。でも反省はしていない」というノリで核を使いかねないからこそ、周辺諸国が慎重に北の扱いを考えているのです。

北は「朝鮮民主主義人民共和国」との名を自称していますが、「民主主義」でも「人民共和国」でも有りません。
相当に性質の悪いヤクザ国家だと考えるべきです。


なお、この投稿は一部で暗黒殿堂入りを囁かれたのですが、「ただ反米がしたいがために北を擁護しているだけの投稿」と判断しました。

殿堂入りとするには、「だからこそ、東アジア共同体で米国に経済制裁を行おう」という主張や、「北朝鮮から真の民主主義を学ぼう」くらいの電波が欲しいところです。

ちょっと、最近の電波が凄すぎて感覚が麻痺しているだけでしょうか・・・
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/141-acc77a76

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。