狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

連合国軍総司令部の押し付け憲法

2006/11/13(月) 22:51:06




核保有論は政権側の本音
無職 五十嵐 幸栄(新潟市 71歳)


 敗戦後、今の不戦を誓った日本国憲法は国民全員が享受し、戦時下の不自由と線背負うへの強制参加、言論弾圧からの開放を喜び、嬉々として受け入れたものだ。
 連合国軍総司令部(GHQ)の押し付けた憲法だ、とは誰も言わなかった(少なくとも1950年の朝鮮戦争までは)

 それが、米国の都合で警察予備隊を創設させられ、以来今日の自衛隊へと60年間、既成事実をつくっては拡大解釈をし、結果として平和憲法を踏みにじってイラク派兵まで公然と実施するほどになった。

 憲法とイラク派兵との整合性を「時代にそぐわなくなった」と、既成事実づくりと拡大解釈の欺瞞を繰り返してきたが、戦争に参加するお墨付き憲法に明記したいだけで改憲をする。
 要するに平和憲法が手かせ足かせで邪魔になったのが自民党の改憲理由であろう。

 大相撲に露払いの役がある。政治にも同じく露払い役が多くいて、国民に知られたくない本音を露払い役を買って出て失言して見せる。
 過去多くの悪役が失言と見せて、本音を公の場で発言して一応閣僚を辞任したが、麻生太郎、中川昭一両氏が今さかんに露払い役をやっている。

 それが日本の「核保有論」だ。
 「どんどんあおってください」。安倍首相のニンマリ笑ってる顔が見えるようだ。
 危険な日本になったものだ。

(新潟日報 2006年11月13日)


今週はどうも不作です・・・
なんかネタが今一なんですよねぇ。

さて、気を取り直して更新です。

毎回、毎回、疑問なんですが、なんで日本が戦争に加担したいから憲法を改正したいと思えるのでしょうか?
今の日本が戦争をするメリットが本当に何もありません。

ただ、軍隊を持つことで不法に竹島や北方領土を支配している国に対して威嚇したいといった理由や、国民を不法に攫っている国に圧力をかけたいという理由ぐらいしか思いつかないんですよね。私の頭では。

今、日本の周辺で起こっている外交問題の多くは、軍隊を持たない国だから舐められているの一言につきます。
もし、普通の国のように軍隊を持ち、普通に領海に侵入した正体不明の船に対して発砲できたのなら、どれだけの拉致被害者が救われたかわかりません。

何回も例に出す喩えですが、警察に一切の力が無い状態で本当に平和が維持出来るものなのか?ということです。
警察に力がなければ、誰が警察に従うというのでしょうか?

それと同じことです。
金を持ち、知的レベルの高い人間が数多くいて、しかも海を挟んでアメリカに睨みを効かすことが出来る島が無防備な状態で存在することがどれだけ危険が分かっているのでしょうか?


しかし、『連合国軍総司令部(GHQ)の押し付けた憲法だ、とは誰も言わなかった(少なくとも1950年の朝鮮戦争までは)』は、中々ふるっていますね。
これが正しいのであれば、『大東亜共栄圏は幻想だ!侵略以外の何物でもない、とは誰も言わなかった(少なくとも1945年の敗戦までは)と、権力によって押し付けられた全ての事柄は正当化できますよね。

だいたい、1952年のサンフランシスコ条約が結ばれるまで、公にGHQが「War Guilt Information Program」と呼ばれるプログラムによって、全ての文章をアメリカが検閲し、日本がいかに悪かったかを日本人を使って広報していたため、日本に発言権はありませんでした。

そんな中で日本国憲法が押し付け憲法だ!なんて言える剛の者はそうそういなかったことでしょう。


微妙な投稿TB:0CM:1
コメント
核は保有できないらしい
日本は発電用の放射性物質を持っているし、世界各国から輸入しているが、取引や保有は国際機関の管理の下におかれているので、兵器に転用したら制裁を食らうらしい。
また、発電用のウランは消費され、継続的に供給される必要があるので、目を盗んで兵器用に大量確保するのは取引上難しいらしい。
銀座の魚屋 #-|2007/06/30(土) 12:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/138-a2268103

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。