狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/07 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/09 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

有権者は夢遊病者

2006/11/16(木) 00:00:30




一政党の突出 国民は猛省を
無職 高木 茂(小千谷市 80歳)


 米中間選挙で共和党が苦境に陥ったことから私たち日本人が学ばなければならないことがある。

 世界で力を誇示したブッシュ政権はいろいろと手法を変えながらイラク戦争を続けてきたことが米国民のブッシュ離れを強めてしまった。
 大量破壊兵器が見つからぬと今度は戦争の正当性をテロにすり替えたブッシュ大統領。

 同じことが小泉政権にも言える。
 何も知らぬはずの小泉さんがその無謀といわれるイラク戦争に真っ先に賛成した。
 近くで見ているドイツやフランスが反対してるのに。

 何でも民営化すればメリットがあると言い続け、道路公団民営化が失策してるのに郵政民営化をぶち上げ、有能な造反組を刺客を向けてまで追い払った。
 そして自民党を大勝ちさせた責任は夢遊病者のように一票を入れた国民にもある。

 ニートやフリーターがあふれ、貧富の格差は一向に縮まらぬのに「近い将来国民すべてが中流になる」という中川秀直幹事長の「上げ潮の時代」という本を読んで私は押入れに投げ込んだ。

 教育基本法、憲法九条改正、共謀罪。
 やがて国家総動員法もちらつくだろう。

 どこでも戦争に行く時代がくる前に国民は一つの政党を突出させないのも平和のためと猛省しようではないか。

(新潟日報 2006年11月16日)


有能な造反組?
近くで見ているドイツやフランス??
夢遊病者のように一票を入れた国民???

さて、前回に引き続き今回も新潟日報からの投稿です。
最近は新潟日報も、すくすくと成長してきて嬉しい限りですよね。

しかも、ツッコミどころの数が半端じゃありません。

最初の『米国民のブッシュ離れを強めてしまった』とのくだりに、「当選時からブッシュ大統領は国民から支持されていなかったのか!」と読み手の多くはツッコミ、今後の展開に期待したことでしょう。

そして、何の事柄について『同じこと』が小泉政権にも言えるのかは分かりませんが、勢いだけで「何も知らぬはずの小泉さん」と根拠もなく何も知らないと斬って捨てる手腕も見事なものです。
また、イラク戦争に反対したドイツやフランスを引き合いに出したことも、中々基本を抑えていて高ポイントを記録。

しかし、この手の話はもう出尽くされていて、なんで今更こんな話題を出したのか理解できません。
米英が国際社会で非難された一番の理由は「利益にならない(自分が損をする)戦争をしたから」の一点につきます。

ドイツもフランスも中国も「対イラク制裁の緩和に努めて得た実績の反対給付としてフセインからもらった油田の権利」を米英に奪われたくないという理由で反対していましたし、フランスに至っては武器輸出のお得意さまがイラクということもありました。

そんなことはイラク戦争当時から言われていたことです。
続く郵政民営化を反対する理由も、道路公団の民営化が失策したからと関係あるのかないのか微妙なラインで攻めてきちゃいました。

しかし、ここまでのツッコミどころも『自民党を大勝ちさせた責任は夢遊病者』との一言への前菜にしか過ぎません。
今まで自民党に投票する人間は愚民とする投稿は数多くありましたが、夢遊病者とまで言い切った投稿はこれが始めてではないでしょうか?

どうも、この夢遊病者発言によって投稿者のテンションが上がったのか、これからどんどん突っ走っていきます。
わざわざ自分で買った本を押入れに投げ込み、国家総動員法の足音に勝手に恐怖します。

どういう流れになると国家総動員法が成立するのか常々疑問なのですが、この手の人たちにとっては国家が戦争の準備をすることは常識なのでしょう。

結論部である一つの政党が突出する事態は好ましくないという主張には私も同意見ですね。
そして、自民以外の政党が余りにも酷いということも、ある意味では国民のせいかもしれません。

民主も若手には良い人材がいるのに、なんであんな政党になったのか本当に残念ですよねぇ。
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/136-bd8ae2a7

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。