狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

読者投稿欄における脱税指南

2002/03/14(木) 23:33:48




軍事費分の税 支払いません
アルバイト 大畑 豊(埼玉県朝霞市 38歳)


 確定申告をして、税金を振り込んだが、新年度予算案の軍事費(防衛関係費)6.1%は不払い(支払い留保)とした。
 税務署の職員は「税法上そういうのないのですが」と渋々申告書と不払いの趣意書を受取ってくれた。
 もちろん、税法上は「軍事費分留保」なんてものは認められていない。

 しかし、憲法には軍隊の所持を禁止している
 条項が明確にあり、その禁止しているものにまで税金を支払うのはどう考えてもおかしい。
 国の税法と憲法どちらが上位法なのか。

 私たちの税金をもとに国は運営されており、納税の義務は国民の数少ない義務のうちのひとつである。
 その一方、国・政府は憲法に忠実に税金を使用し、国を運営する義務がある。
 
 私など低収入の者は、支払う所得税もわずかであるが、そのわずかな額でも国民の福祉の向上、そして「全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏からまぬかれ、平和のうちに生存」(憲法前文)できるよう、使ってもらいたいと願っている。

(2002年3月14日東京版)


単なる脱税ですね。
憲法を語っておいて、その行為は憲法30条(納税の義務)に違反しているという朝日の投稿にありがちな形となっています。

しかも、納税は国民の3大義務の1つ。
税の使われ方に文句があるのなら、著名活動でもなんなりすればいいのです。

「9条に反した使われ方をしているので、軍事費分の税を払いません!」などという論理が通用するのであれば、憲法の全文にある『全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏からまぬかれ、平和のうちに生存』する理念に反した使い方をしかねないとして、対中ODA分の支払いを拒否しても良いことになります。

国防費用が毎年2桁のスピードで増大する中国が、とても平和的なことにODAを使っていると思えませんからね。
対中ODAは2008年には停止されると言われていますが、それでもギリギリまで支払いを拒否しても良いのでしょうか。

それに、憲法解釈において自衛隊は軍隊ではなくあくまで自衛隊なので、自衛隊に支払われるお金は軍事費ではなく防衛関係費として扱われているはずです。
そのため、防衛関係費を含めて自衛隊の存在は9条に触れないことになっています。

まぁ、一種の脱税をしておいて、持論の展開に憲法を持ち出した時点でこの投稿は論理的に負けですね。
しかしながら、この投稿は今の日本は如何にゴネれば勝ちであるかをも端的に示してもいます。

給食費といい、なんだか正直者が馬鹿を見る世の中って嫌ですよね。
この投稿者は論理的には始めから負けてはいるのですが、結果だけ見れば投稿者の大勝ちです。

高所得者ほど、この手法は使えますね。
しかし、こんな脱税指南投稿を新聞社が紹介しても良いのでしょうか?
微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/131-21c0002f

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。