狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

航空機操縦教官の憂鬱

2001/12/12(水) 00:21:51




狭い日本には無駄な給油機
航空機操縦教官 菊地 光基(栃木県小山市 60歳)


 自衛隊が空中給油機を導入すると報じられています。また自民党の悪政です。
ファントム戦闘機の元パイロットの話では、最大速度で飛んだとすれば百里基地から小松基地まで12分程度だそうです。

 こんな戦闘機ですので、給油時間でたちまち日本列島を縦断してしまいます。
 狭い日本に、戦争に備えた給油機がなければならないなどとはとうてい考えられません。 

 現在、構造改革によってデフレスパイラルに入ろうかと心配されている。
不況回復のために使わなければならない予算を、このようなことに向けるばかさ加減を糾弾します。

 憲法の精神を無視した政策を推し進めることは、直ちにやめるべくです。
アメリカの軍需産業の利益になるだけです。
 
 政府・自民党の中には中国の軍備拡張に文句を付ける人もいますが、それならなおのこと、日本は軍備拡張策をやめなければ要求の根拠を失うというものでしょう。

(2001年12月12日 宮城版)


航空機操縦教官って、この人「グライダー」の教官じゃないんですか?
参考サイト(注意:PDFファイル)
ちょっとアレな参考サイトですが、本当に他意はありません。
これしか現存していなかったのです。

ひとまず、氏名と年齢の一致は見られましたので、おそらく本人でしょう。

まぁ、投稿者がグライダー教官だろうと本職の航空機操縦教官でも投稿文の本質には関係ありませんね。

そもそも戦闘機は最大武装をすると燃料搭載が十分に出来ないので、最大武装のまま離陸→空中給油という手順を踏むことによって、最大武装をしながらの長時間空中哨戒が実現しています。

それなのに、ファントムと同じM2以上の速度で巡行でき、かつその速度で空中給油できる給油装置・・・
いつから日本はそんなオーバーテクノロジーな秘密兵器を開発したと言うのでしょうか。

ファントムの売りである高速移動を行う為にアフターバーナーを使用しますと、燃費が極端に悪くなります。
仮にF-4EJ改を離陸直後からアフターバーナー全開で飛ばしたとしますと、毎秒18Lの燃料を消費して機内タンクは480秒程度で空になります。

話を単純にするために、高度3万フィート(9150m)を巡航すると、この高度での音速は589ノット、302.982m/sです。
そして、この間常にMach2.2で飛行したと仮定すると0.6666km/secですので、飛行距離は320km。
加速時間と9150mまでの上昇時間を加味するとさらに縮まります。

その距離を飛んだ後は、重くて高価なグライダーです。

つまり小松基地には到達せず、長野県に不時着するといったところでしょうか。
増槽を最大限搭載すれば到達できますが、この場合も直ちにエマーコールして緊急着陸して頂きたいところであります。

大体、某国家のお陰で長い海岸線を持つ日本海側全域が緊張地域になっているため、「戦術的に見て、日本は広い」というのがファイターパイロットの一般的な見解のようですね。
縦に長い島国である為、日本は守るべき防衛線が国土に比べて格段に長かったりします。


結論:ファントムが燃料不足で重くて高価なグライダーと化した、その時こそ、このグライダー教官がスクランブル発進する瞬間です。
つまり、グライダー操縦技術は戦闘機でも使えることを証明したかったという投稿ですね。


微妙な投稿TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/123-c08efe76

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。