狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/05 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/07 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

憲法改正はクーデター

2007/05/18(金) 22:37:56




9条2項削除 改正の枠逸脱
大学教授 常岡 せつ子 (横浜市泉区 53歳)


 「安倍氏の姿勢 違憲でないか」(15日)は、憲法尊重擁護義務を負う内閣総理大臣が、改憲を主張するのは違憲ではないかという問いでした。
 憲法学者の一人としてお答えします。

 憲法99条で憲法尊重擁護義務を負うのは、内閣の構成員のみならず国会議員も含まれます。
 憲法、為政者恣意的な政治を行なうことで国民の人権を侵害しないよう国民が為政者に科した手械足枷です内閣に改憲の発案権があるかという問題では、学説が分かれています。

 仮に内閣に発案権が認められなくても、安倍首相は国会議員の資格で発案できます。
 為政者に改憲の発案権があるとしても、改憲の限界、つまりどのような「改正」も認められるのかという問題が残ります。

 96条は、あくまで改正手続きを定めたもので、憲法の基本原理を変える変更は、現憲法の否定であり、もはや「改憲」とは呼べないというのは学会の通説となっています。
 9条2項を削り、「自衛軍保持」を記す自民党案は、通説に従えば、「改正」案とは呼べません。

 新憲法制定、またはクーデターともいうべきものです。
 96条の手続きで行なうのは国民を欺くものです。

 民意表明手段として不備と思われる制度を定めた国民投票法が成立した今、憲法「改正」の動向を、一層監視する必要が生じたを言えるでしょう。

(2007年05月18日 東京版)


改変されようとしている憲法を助け出すべく、投稿者はクーデターを目論む総理大臣がいる危険な国-日本に乗り込む。
危険な法・・・国民投票法で投稿者を待ち受ける者は・・・。

「改憲」とは呼べないというのは学会の通説と言わざるを得ない!(注:音が出ます 『龍虎の拳より』)

まぁ、ネタ自体はテンプレの域を出ないのですが、調理方法が良いとここまで面白くなるんですね。
今まで散々と、憲法改正について声欄を使って罵詈雑言浴びせていましたが、総理大臣によるクーデターはなかなか出ないアイディアです。

少し前にサンデーの漫画で『ハルノクニ』というものがあったのですが、その中でも総理大臣がクーデターを企んでいましたねぇ。
漫画ですら叩かれていた内容なのですが、総理大臣が自ら先頭に立ってクーデターを起すなんて、クーデターの言葉の意味として有りえないでしょう。

しかも、現憲法を否定するような「改憲」は改憲と言えないのと言うのならば、96条はどのような改憲ならば保障してくれるというのでしょうか?

日本国民が民主主義という制度の下で、日本の憲法を改正することが出来ない状態も、これまた国民主権を掲げる憲法の基本原理に反するのではないでしょうか?

もしも、民意表明手段として国民投票を行っても改憲が出来ないような憲法であれば、全ての国民は憲法によって支配されていることになってしまいます。

あくまでも憲法を使うのは国民であって、国民の総意を憲法によって規制されては本末転倒ではないでしょうか。

確かに、憲法改正の限界について論じた『憲法限界説』といった『いかなる憲法にもその基本原理があり、当該憲法の改正手続に基づく改正としては、基本原理を超える改正はできない』とする通説は存在します。

しかしながら、その通説は人権や国民主権など憲法の基幹の改正を禁じた『学説』であり、フランスやドイツなどの一部の国を除いて実質的な効力は発揮されません。

また、9条などは一部の信者が崇め奉っているだけで、憲法の根幹を支えている訳でもないので、その学説にも触れない部分ではないでしょうか?

強弁すれば、9条の改正は日本国憲法の定める「平和主義」に触れるとすることも出来ますが、「自衛軍」の創設が平和主義に反するかどうかは、他の国の憲法を見れば解るかと思います。

ひとまず、ほとんどの国の憲法は平和主義を掲げていますが、なぜか自衛軍は所持しているんですよね。
まぁ、<96条の手続きで行なうのは国民を欺くもの>と主張する投稿者のことです。

憲法の条文の全ては憲法を構成する大事なものであって、これらを改変することは、すなわちクーデターを起すに等しいのでしょう。
憲法学者であるのなら、他の条文と同等に96条も愛してあげて欲しいものですね。
憲法九条賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/121-d71dc09d

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。