狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

泣かないことに意義がある

2004/08/12(木) 14:58:09




選手の泣き顔私から見れば
教員 小林 龍一 (奈良市 59歳)


 オリンピック開幕が間近だ。

 いつも見聞きすることだが日本人選手は国内や国外を問わず、どんな試合においても勝っても負けても泣く。
 
 勝った場合には、お世話になった人たちに対する感謝の気持ちと、自分自身の努力に対する熱い思いがこみ上げてくるのだろう。

 負けた場合は、その人たちに対するすまない気持ちと、己へのふがいなさに悔し涙がこみ上げてくるのだろう。
 その気持ちはよくわかる。

 しかしオリンピックのような場合、外国人選手が表彰台で泣きじゃくる姿は見たことがない。
 彼らは素直に誇らしげに自分の成果を喜んでいるように見える。

 その一方で日本人選手は、ただ感涙に咽んでいる。

 負けた場合も、外国人選手は実にあっさりとした態度で、「ベストを尽くしたけれど、だめだった。でもがんばるぞ」という気持ちが伝わってくる。

 日本人選手のこのような態度は、外国人に奇異な印象を与えるのではないか。
 たとえ銅メダルでも「うれしいはずだ。なぜ泣いているのだろう」と。

 みんなベストを尽くしたはずだ。

 だから、成果の如何に関わらず、勝っても負けても「泣く」ことは、私の目には見苦しくうつる。

(2004年8月12日 大阪版)


何かに感動した時、または何かをやり遂げた時など、この投稿者は一度も泣いたことがないのでしょうか?

まぁ、そういう私も今まで嬉しくて泣いたことはありませんが、だからと言って涙を見苦しいと一蹴する気にはなれません。

ここで、「世界に中継されている中、勝ったの負けたので人様に涙を見せるなんて日本男子として情けない。男なら歯を食いしばって背中で泣け!」という意見ならば、それはそれで男らしい意見ですし、日本人の価値観から言っても一理あるとは思います。

しかし、日本人選手が泣いてはいけない理由が、外国人に奇異な印象を与えるため、勝っても負けても泣くことは見苦しいというのには少し頂けません。

奇異に映ったとしても、選手が紳士的な態度で試合に挑んだ結果の涙ならば、如何に不可解な行動だったとしても決して不快感は与えないかと思います。

私個人の意見では、オリンピックという世界の舞台で、自らの力を出し切った後に感極まって見せる涙は美しいとさえ思います。

確かに、いじいじとした涙や泣き喚く姿は見苦しいものですが、表彰台で見せる選手の嬉涙や負けた悔しさからの涙はそれとは全く別次元のものでしょう。

それに、根本的な疑問なのですが、日本人選手よりも外国人選手のほうがよく泣いていませんか?
中には顔中の体液を流しながら、咽び泣いている選手もいたような記憶があります。

この投稿者は日本人以外の選手がオリンピックで勝った時や負けた時の様子を、日本人選手と同じくらいに見た上でこの結論を出したのでしょうか?

まさか、生でオリンピックを見ずに、スポーツニュースの映像だけを元に 外国人選手は泣かないなどと結論づけてはいませんよね?
仮にリアルタイムで応援していたとしても、日本の局が行う外国人選手へのインタビューは、ほとんど一区切りついた時にしているかと思います。

少なくとも、日本人選手を相手にしている時みたいに、勝った直後や負けた直後に「感想を!」では流石に無礼すぎでしょう。

しかし、普段は感情表現に乏しいと言われる日本人が、オリンピックの時だけ感情的になってしまうと言うのも不思議な話ですよね。

やはり、何らかの魔力がオリンピックにはあるのかもしれません。
スポーツ特別賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/117-144f8a6b

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。