狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中)

新聞(主に朝日新聞)に掲載された愉快で面白い投稿を論評つきで紹介します。

全記事一覧 << 2017/04 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017/06 >>

このブログについて

狂想

Author:狂想
このブログは新聞(主に朝日新聞)に掲載された面白い投稿を軽いツッコミ付きで紹介するものです。
その意図は楽しみながら、今のマスコミの問題点を考える為のものであって、決して投稿者を貶めたり馬鹿にしたりする意図はありません。

お便りはココまで。


mixi始めました
マイミク募集中だよ。


twitterも始めたよ。

著作権について

このブログで取り上げた投稿は
『著作権法32条1項』及び『同法48条1項』が示す引用のルールに則り、また、『同法19条』及び『同法20条』にて保護される著作者人格権を最大限に遵守する形で転載しています。

詳しくは ここをご覧下さい。

掲示板

みんなでワイワイ
「ゆんゆん投稿BBS『声』」は
ここです。
皆様のご意見をお待ちしています。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

写九

2006/08/02(水) 14:51:45




九条「写憲」し意義考えよう
無職 市川 敏雄(愛知県岡崎市 77歳)


 戦争中は勝つことばかりを考えていたが、敗戦によって平和の尊さを知るようになった。
 戦争中を生き延びて、戦争の恐怖と悲惨さを体験した者こそ、平和の真の理解者といえる。

 私もその一人だ。
 今を生きる人々は、本当の平和の素晴らしさを知らないと思う。
 日本は六十一年間、平和であった。

 これからも平和を願うのなら、憲法九条を守っていくことが大切だ。
 私は日本が戦争に巻き込まれなかったのは、この平和憲法のおかげだと思っている。

 そこで私は写経ならぬ、九条の「写憲」を提案したい。
 一人一人が心を静かにして、百三十字ほどの条文を書写することで、平和への願いを新たにすることを勧めたい。

 最近は憲法改正を求める声も強くなった。
 多くの人がこの「写憲」をして、この憲法の意義を考えてほしい。

(中日新聞 2006年8月2日)


9条系平和主義者にとって、9条とは本気で有難いお経だったようです。

玄奘三蔵は有難い経典を得るため天竺を目指して西へと旅たつのですが、平和主義者における経典は西の果てにあるアメリカからやって来ました。

しかし、9条の本文だけを書いて、何をどう平和への願いを新たにするというのでしょうか?有難いお言葉が書いているわけでも、世の真理を説いているわけでもなく、言わば単なるルールブックですよ。

書かれている内容は、遊戯王カードやマジック・ザ・ギャザリングに書かれているカードの説明と同じようなものですよ。あれ。

『このカードが場に出されている限り、このカードを持つプレイヤーは一切の戦闘行為を行うことが出来ない。
また、このカードを持つプレイヤーは陸海空その他の適性を持つレベル2以上の全てのユニットカードを手札から破棄しなければならない。
このカードを持つプレイヤー以外のプレイヤーは、このカードの能力の対象にならない。』

こんな感じですかね。
相手プレイヤーが遊戯王に出てきた海馬瀬戸ならば「ずっとオレのターン!」と叫んで、嬉々と攻撃してくるところですよ。

これをTCGとして考えましたら、確実に呪われてますね。このカード。
敵にすると心強いが味方にすると恐ろしいという言葉を地で行っています。

普通に日本国憲法にある9条を書き写したとしても、書き写せば書き写すほど如何に現実離れしているか気付きそうなものです。

耳に心地よいことが記されているのかもしれませんが、心を静かにして冷静に言葉の意味を考えられたらアウトだと思いますけどね。

しかし、井沢元彦氏の著書である『言霊(ことだま)―なぜ日本に、本当の自由がないのか』で「憲法の写経が行われるかもしれない」とネタで書いているのですが、ネタを真剣に唱えるそのクオリティの高さに、一度くらいなら写憲しても良いかなぁという気にはさせられますね。

しかも、本当に写憲している団体さんもいるとか・・・

ほんと、言霊信仰は日本の良さでもあり害悪でもあります。
日本国憲法を平和憲法と呼称する行為も、憲法で平和にするという言霊信仰の一つなのでしょうか?
憲法九条賞TB:0CM:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yunyuntoukou.blog104.fc2.com/tb.php/115-d1188a88

単行本

このブログが本になっています。

さて、気になる内容ですが・・・

このブログと基本的には同じなのですが、私の寸評だけではなく、その投稿の時代背景や登場する言葉を、事細やかに注釈という形で説明しています。
また、数本ばかりコラムも執筆したりと、少しばかり内容は違っています。

詳しくはここを見てね。

ブログ内検索

マスメディア関連

ガンダム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

Copyright(C) 2006 狂想 主に朝日のゆんゆん投稿(準備中) All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。